家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

楓「常務ね…います」

常務「私が保証しよう」
菜「46年前 その言葉がアメリカで大ニュースに…」
(ゲーム内投下日 15/8/25)

 

………………

P「ひどい形でアメリカンフットボールに注目が集まっていますが。そういえば、アメフトネタがあったなーって……ありました」
橘「なんでもありますね」

夏「てか、これはアメフトネタなのか。さすがにわからん。なあ、菜々さん」
菜「もちろん菜々も知りません!アメフトなんて、まして46年前のことなんて!そもそもなんで菜々がこのネタに登場してるんですかねー!?いまさらですけどっ」

P「『日曜日はジェッツが勝つ。俺が保証する』……“ブロードウェージョー・ネイマスの有名な言葉です。流行語にもなったとか」

凛「勝ったの?そのジェッツ」
P「勝ちました。下馬評を覆して。だからこそこの言葉が伝説になったわけで。常務の『私が保証しよう』を聞いて、いちばん最初に思い出したのがそのエピソードでした」

橘「『ジョー・ネイマス』で検索したら、毛皮のコートを着た男性が出てきたんですけど」
P「そう、その人です」
夏「へえ、まさに“ブロードウェー”って感じだな」

P「ちょっと前のスーパーボウルで、逆転のスーパーキャッチを魅せてMVPに輝いたホームズという選手がいましたっけ」
橘「……調べました。サンアントニオ・ホームズ選手ですね。ただし、ちょっと前じゃないです。2009年です」

 

楓「『常務、ね…います』♪」

 

菜「もしや、電話対応ですか?だとしたら、どうなんですかその対応」
楓「だって、電話対応なんてしたことないですし♪まして美城常務宛てなんて」

文「…プロデューサーさんもちひろさんもいないとき、事務所の電話が鳴ると…慌てます」
比「あ~分かるっス。事務的な電話の対応なんてできないっスよねー」

P「それ、私も分かります」
神「おい、あんたはプロデューサーだろうが」
P「だって、電話嫌いなんですもん。下手したら面と向かって話すより苦手ですもん」

橘「電話対応といえば、奈緒さんに初めて声が付いた時のエピソードが、確か……」
P「そういえば、電話対応の話がありました」
凛「うん、そうだった。あれは、最初からノリノリで可愛かったよね。……ね?奈緒

神「……神谷ハ タダイマ 留守二 シテオリマス。御用ノ方ハ『ひでぶ』トイウ 発信音ノアト 受話器ヲ置イテソノ場デ 爆散シヤガレ チクショウ」

比「ひでぶは神谷違いっス。……いや、冷静に考えると神谷違いですらないっスね」

 

P「今日のネタは、この日の『笑顔です』『10年前その言葉に…』とセットですね」
菜「ブチぎれた方もブチぎれさせた方も、今ではアメリカが拠点なのが面白いです」
楓「片やほぼ引退、片や“ナッツクラッカー”ですけど」
P「どうしてそうなった。まったく別の意味で」