家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドルのフィニッシャー、78人目(鷹富士茄子)

P「茄子さんの餅つき式パワーボム!からのタカフジ・ドリラー!」
茄「あけおめ代わりの謹賀新年垂直落下♪食らってみますか?」
(ゲーム内投下日 17/1/1)

 

………………

P「実は、[あやかし京娘+]よりお高いアイドルもひとりお迎えしてまして」
神「スタ900より高いとなると……4ケタか」
P「はい。これがこれまででいちばん高いフリトレお迎えです。4ケタの取り引きは確か2回目。ちなみに、本日はネタのために『[インスペクトコンコルディア]高峯のあ+』をお迎え」

楓「餅つき式パワーボムの元祖は、ランス・ストームさんでしたっけ」
菜「ジェリコさんの盟友ですね。だからでしょうか、ジェリコさんも若いころはけっこう餅つき式やってました」

P「ストームは、とてもとても良い選手でした。地味でしたけど」
菜「何でもできる選手でしたねー。地味でしたけど」
P「テクニックに関しては、盟友ジェリコと並んで歴代でもトップクラスだと思います」
楓「ただ、悲しいほど華が無かったですね」
P「いわゆる『玄人好み』のするタイプ。カナダ人ということで、フィニッシャーが『カナディアン・メイプルリーフ』っていう技だったんですけど」
文「…名前は、かっこいいですね」
P「どんな技かというと、ぶっちゃけ『逆片エビ固め』です。わかります?」
橘「わかります。ルキトレさんのときに勉強しました」
楓「地味、げふん…オーソドックスな技をフィニッシャーに出来るのは上手い証拠です♪」
菜「相手の股をくぐりつつ足を刈って、後ろ回りで背中に乗って足を極める一連の動作は超美しかったです!冗談抜きで真剣に」

楓「あ、“ジャパニーズ・メイプルリーフ”高垣楓です♪」
橘「確かにメイプルリーフはカエデですけど」
P「楓さんのフィニッシャーをメイプルリーフにしようかと思ったこともありましたけど、最終的には止めました」
文「…地味すぎて、ですか?」
P「いえ、楓さん後転できなさそうなので」
楓「まあ、失礼♪」

菜「SSDを初めて見たときの衝撃ときたらもう!」
P「ドリラー系の元祖ですね。あれは、いま見ても激ヤバです」
楓「まさに『血も涙もない』技ですね♪」
菜「菜々は本気で『馳さん死んだ!』って思いましたから!冗談抜きで真剣に」

P「言い忘れましたけど、『冗談抜きで真剣に』というのはストームの決めゼリフです」
楓「このワードを口にした瞬間、邪魔が入って最後まで言わせてもらえない……というのがWWF時代のストームさんのお約束ムーブでした♪」
文「…なんとも切ないお約束ですね」

菜「先日、馳先生の一夜限りの復帰戦がありましたね。若い!若すぎます先生!」
楓「ジャイアントスイングもばっちり ぐるぐる でした♪」
P「回されたのがカブキってのがまた」
菜「TNTなんて超懐かしい名前も!」
楓「あ、リナぽよちゃんのフィニッシャージャイアントスイングでしたね」

菜「若いといえば、永田さんのあのコンディションはなんなんですか?もう50ですよ」
楓「化け物を通り越して、神々しさすら感じますね♪」

P「『ウルティモ・ドラゴン&安良岡&ミステリオ&ストーム VS 外道&ライオン道&ライガー&フベントゥ・ゲレーラ』という動画を見つけました」
楓「わあ、名前を聞くだけで酔っちゃいそうです♪」
P「あと、ジェリコ&スコット・スタイナー VS ストーム&RVDという試合も」
菜「そっちは別の意味で、わあ…ってなるマッチメイクですね」