家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ホットシートで読書開始!

文「…狐死して丘にしゅしゅ…首す。故郷を思う気持ち、です」
周(噛んだね)
橘(噛みましたね)
フレ(噛んだ噛んだ♪)
(ゲーム内投下日 17/7/7)

 

………………

P「『[あやかし京娘]塩見周子+』をスタ900でお迎え。先月か先々月の話です」
神「奮発したな。まあ、課金してりゃスタドリには困らないか」
P「それでも高額お迎えはいまだにドキドキします。で、お迎えしたからにはなにか考えないと、ということで捻り出したのが、今日のこれ↑」
橘「周子さんより、むしろ文香さんがメインですね」

文「…『狐死して丘に首す』。言えました。どや」
神「どや言うな」

凛「文香、いま『首(しゅ)す』じゃなくて『首(かしら)す』って言ったよね」
P「そういう読み方もあるらしいです」

文「…実家を追い出されてアイドルになった周子さんの心情に通ずる言葉、と言えなくもない…かもしれません」
橘「なるほど。単なる“狐”つながりじゃないんですね」
神「プロデューサー名物『無駄に芸細(こま)』だ」

P「ビンクバンクツアー第2ステージ。9キロの個人タイムトライアル。ただし、雨。狐の嫁入りどころじゃない、大雨でした」
保「路面はつるつる、そのうえ道幅は狭く……ツールの初日を彷彿とさせたわね」
洋「しかも、時間が経つほど雨はどんどんひどくなっていって、後半組はほとんど勝負になりませんでしたね~」

保「けっきょく10番手スタートのキュンクが叩き出したトップタイムを誰も上回れなかったわ」

P「ホットシートに鎮座し、戦況を眺めるキュンク。そして次の瞬間、驚きの光景が」
洋「おもむろに本を取り出し、ニヤニヤしながら読み始めるキュンクくん!」
P「ホットシートで読書開始ィ!」

保「あれって、わざわざそのために仕込んでたのかしら」
P「実のところ、ろくに『戦況を眺めて』なかった模様。上の記述はお詫びして訂正いたします」

洋「表彰式を待つあいだとかにスマホいじってる選手も多いですね」
P「レース後、速攻でツイートしたりSNSを更新する選手もいますからねえ」

保「そもそもツイッターの普及には、某大物自転車選手の影響が大だったらしいわね」

文「…きゅ、きゅんきゅきゅん…きゅんくきゅん…きゅん…」
神「言えてない言えてない」