読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

遅読屋5号

 

 

………………

P「長かったアニバアイプロ終了。お次は876とのコラボツアー。今回のシナリオからは、どうも“あの”美食公演の匂いがするんですよね」
浜「久美子がいるのよね。なに言わされるのか楽しみだわ」

P「久美子さんといえば、ピアノですけど。私、いまちょうど『プレイヤー・ピアノ』を読んでいるところです」
浜「あら、面白い偶然ね」
P「はい、偶然です。偶然」

文「…カート・ヴォネガットですか」
P「ヴォネガット、大好きなんです。好きな作家の欄にはヴォネガットティプトリーと書くほどに。しかし、何故かデビュー作の『プレイヤー・ピアノ』だけ読んでなくてですね」
橘「それでよく大好きとか言えますね」

P「以前、名乗っていた名前が、恥ずかしながらヴォネガット作品由来でした」
杏「よし、この際だから晒そう」
P「……まあ、良いでしょう。『遅読屋5号』っていうんですけど。この名前でモバPデビューしようかとも思ったほどのお気に入りだったんですけど」
文「…『スローターハウス5』ですね」
P「はい。それを捩って『スローリーダーハウス5』。さらにそれを日本語に訳して、『遅読屋5号』という流れ」
杏「ははあ、捩り方の傾向が見事に今と同じだ」
橘「英語だと『Slaughterhouse5』と『Slowreader5』で、捩りも何もあったもんじゃないですけど」