家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

LL乗り(仮)

P「岡崎泰葉生誕記念動画検索ワード→『握手をして勝負』」
泰「“先輩 対 隊長”…私がデビューした頃の話ですね」
(ゲーム内投下日 17/7/16)

 

………………

洋「ジロ第10ステージ!今大会最長の244キロ~」
保「それでいてかなりクレイジーな展開だったわね」
P「総合2位のチャベスがバッドデイで、最終的に25分以上遅れてしまいましたねえ」
洋「きゃーエステバーンのジロが終わっちゃいました!」
保「総合トップのイェーツは中間スプリントでしっかりボーナスタイム獲ってるわね」

P「いろいろあったステージを割愛して、最後はモホリッチとデンツが逃げ切ってマッチスプリントに」
洋「牽制合戦で前に出たモホリッチさんが、デンツさんを抑え込んで勝利!」
P「いったんは並んだんですが、地力が違いましたかね」

保「マッチスプリントで前の選手がそのまま勝つって、けっこう珍しくないかしら」

洋「言われてみれば、そうかも!後ろを取った選手が有利だもんね。トラックのスプリントだって後ろの方が勝つイメージだし」
P「それか、後ろの選手が先に仕掛けて、それを差し返すか、ですね。前がそのままは、確かに珍しいです」
保「マッチスプリントと言ってまず思い出すサッキVSピールも、前のピールが後ろのサッキを先に行かせてから差し返してたわよね」

P「例の『絶対真似してはいけないダウンヒルフォーム』の元祖はモホリッチだという話」

凛「例のトップチューブにまたがるあれだね」
洋「数年前、U23の世界選手権で勝ったときに披露したのが最初って聞きました!」
保「『モホリッチ乗り』なんて呼ばれることもあるみたいね」

 

P「なんですが、私、見つけてしまいました。モホリッチよりはるか以前に、ほとんど同じフォームで下っていた選手を」

 

凛「それって大発見なんじゃない?」
P「私、フォームは全く詳しくないので、強弁はしませんけどね」
洋「それを踏まえて、訊くよ。その選手って誰?」

 

P「ルイス・レオン・サンチェスです」

 

洋「おお、さすが下りといえばLLさん!」
保「いま見てる第11ステージで逃げてるわ。第10ステージでも逃げてたかしら」

P「確か、2003年あたりのレースでしたかね」
保「サッキとピールのマッチスプリントも、2003年だったんじゃないかしら」