家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ライヘンバッハに機会(ジーフィー)を

 

 

………………

P「愛結奈さん、誕生日おめでとうございます」

浜「ありがとう。でも、みなまで言わないで」
P「あ、いや、別にそれ以上言うこともないです」
浜「そう、そうよね」

P「……ダービーウイークですね」

浜「そうね」
P「はい」

浜「……」
P「……」

 

神「なんだあれ」
前「ふぎゃー辛気くせええぇ!自転車班、キュ~にゃ!」

P「その前に。洋子さんガチャが来ましたね洋子さん」
洋「やだなーレアですよー!ちゃんと有香ちゃんガチャって言ってあげてください」
P「失礼。でも、今回の押忍にゃんはかなり好きな感じなので、回しても良いかなーって。ただ、カウントアップなのがね……」

洋「はい!ではでは、ジロ第17ステージ!イージーかと思ったら、そうでもなかった!」
保「『ジロにイージーな日なんてない』。至言ね」

P「平穏なスプリントステージかと思いきや、序盤終盤中盤と隙のないアタックの乱れ打ち」
洋「逃げては捕まり、逃げては捕まりの繰り返し!1分差以上の逃げが決まらないったら決まらない!おまけにゴール地点は豪雨!」
保「でも、けっきょく最後はヴィヴィアーニが勝って、丸く収まったわ」
P「まさに雨降って地固まる、といったところ。総合上位陣もタイム差は変わらず」

洋「そして、第18ステージ!ついに来ました山岳フィニッシュ3連戦!」
保「とはいえ、第1ラウンドのここは、道中に4級ひとつ、そしてラストが1級という、いわゆる一発勝負ステージ」
P「12人の逃げ集団が今大会最大のタイム差を得て、早々に逃げ切りムード濃厚な展開に」
保「勝ったのは、シャフマン。クイックステップ36勝目」
洋「今大会4勝目!クラシックが終わってクイックステップ劇場も終わりなんて言ってたの誰ー!?」

P「後方のメイン集団では、総合バトルが勃発。ちなみにこの日もライヘンバッハは最終局面まで残ってました」
保「ピノを引いたままゴールしてたわね。ステージ23位」
凛「総合バトルと言っても、ピノさんはすっかり蚊帳の外だったね……」

P「最後の1級山岳『プラートネヴォーゾ』。残り2キロで、総合2位のデュムランがアタック」
保「許すまじとイェーツ、ポッツォヴィーヴォ、フルームが反応。ここまでは良かったんだけど」
P「ここでフルームがアタック!反応できたのは、ポッツォヴィーヴォとデュムランのみ」
洋「イェーツさん失速!しかも前で待っていたのはポエポエさん!」
保「ポエルスに引かれてフルームら3人はイェーツを引き離し、最終的に28秒差を付けてゴール」

P「イェーツはマリア・ローザを守ったものの、リードは28秒に減りました」
保「ちょうどごっそり半分もっていかれた計算ね」
洋「いやー、面白くなってきた!これまでも面白かったけど、ますます!」

保「次はいよいよチマコッピ『フィネストレ峠』の待つ第19ステージ。どうなるかしら」

P「グルパマさんはどうかライヘンバッハに機会(ジーフィー)を」
保「ピノが駄目ならステージのひとつぐらいは欲しいところよね」
洋「うーん、だったらそれこそピノさんがステージ狙うんじゃないかなー」