家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドルのフィニッシャー、50人目(海老原菜帆)

P「海老ちゃんのフライング・ソーセージ」
菜帆「次のライブで、客席ダイブやっちゃいますね~。きっと盛り上がりますよ~♪」
(ゲーム内投下日 16/3/12)

 

………………

P「海老ちゃん誕生日おめでとうございます。海老ちゃんはシンデレラガールズの誇る“オカン”系アイドルですね。フジリナもそう言ってました」
夏「リナ基準なのかよ」

杏「“オカン”系アイドルといえば、海さんもだね」
神「きらりもオカン力はかなり高くないか」
杏「んー、かもねー」
橘「お三方ともまだ10代なんですけど」

P「海さんって高校生でしたっけ。海老ちゃんは制服着てたから確定ですけど」

夏「しかし、『ソーセージ』はないんじゃないか?アイドルに、いやそれ以前に女性に対して使う言葉じゃないだろ」
P「いや、いつだったか海老ちゃんがお仕事でソーセージ作り体験してたじゃないですか。あれからの発想でして、他意は無いんですはい」
楓「それに、『フライング・ソーセージ』のソーセージは、あのビールに合うことでお馴染み♪の『ソーセージ』じゃないんです」
夏「そうなのか」
P「そう、そうなんです」
楓「ただ、ビールに合う方のソーセージっぽい体型の選手がよく使う技なのも確かですし、ビールに合う方のソーセージに引っ掛けたネーミングなのかもしれませんけどビールに合う方のソーセージ食べながらビール飲みたいです♪」
杏「六代目の欲望がだだ漏れだ」

P「海老ちゃんは“ぷにょふわ”なんて言われてて、ふわふわしたイメージですけど……彼女、実はけっこうな“キラー”ですよ」
文「…ほう、何をキルするというのでしょう」
P「えっと……棟方師匠とか」
神「“師匠殺し”っていうとちょっとカッコいいな」

杏「攻めた言動が多いのは確かだね。自分の武器をよーくわかってる」
P「さとみんあたりと同系統と思わせて、その実、全く逆というのが面白いです」

夏「最後に真面目な話だ。客席ダイブはダメゼッタイだからな。アイドルなら特にな」

P「ポローニュ第4ステージ。エワン、リベンジのスプリント勝利
保「この日のステージは238キロ。ロングステージは駄目って言われてたエワンだけど、克服してきたわね」
洋「それに、ハマるとやっぱり速いです!」

P「ポローニュ第5ステージ。我らがライヘンバッハ、DNS。山岳賞狙って逃げたと思ったら、いきなりリタイア。どういうことですか……」
洋「な、なんか弄ばれちゃってますね、FDJに」

保「第4ステージは、2分42秒遅れでゴールしてるわね」
P「これがもっとめちゃくちゃ遅れたりしてたら、調子悪いんだなーってなるんですけど」
洋「微妙な遅れ方ですね。あ、調子が悪くないことを確認できたから、切り上げたとか?」
保「そんな使い方って、あるのかしら?それに、クライマー系にとっては残す第6・第7ステージこそ調子の試しどころだと思うけど……」
洋「謎は深まるばかりだね」

P「ブエルタ・ア・ブルゴスも始まってるんですが、第1ステージを制したのがランダ」
洋「カワサキさんといいこの人といい、笑っちゃうほど元気ですね!」