家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

CGプロ自転車部選手名鑑028(小松伊吹)

小松伊吹;
ポディウムでダンスを披露して話題となった“踊るスプリンター”。かつてはストリートで鳴らした凄腕BMXライダー。
(ゲーム内投下日 17/5/12)

 

………………

P「オリンピック種目に『トラック・マディソン』と『BMXフリースタイル』が追加」
保「相変わらず、採り上げるのが遅いわね」

P「『マディソン』とは、マディソン・スクエア・ガーデンに由来する名前です」
菜「わお、アメプロの聖地じゃないですか」
楓「あらあら、菜々さん。聖地はフィラデルフィアですよ♪」
菜「そ、それはハードコア・レスリングの聖地ですから!」

P「『BMXフリースタイル』にはいくつか種目があって、今回 採用されたのは『パーク』」
保「クォーターパイプなどのセクションを使ってエアを決めていく種目ね」

P「いぶきちがやっていた種目は『フラットランド』という設定です」
洋「舗装された平面で次々に技を決めていくあれですね」
保「『自転車と踊る』なんて表現されることもある種目ね。伊吹さんにはピッタリかも」

P「元トラック、元マウンテンバイク、元シクロクロスのロードレース選手は知ってますけど、元BMXは寡聞にして知りません」

保「ポディウムで踊って一部で話題になったのは、ソンドレ・ホルストエンゲル
P「いつか彼がグラン・ツールのポディウムで踊る姿を見たいです」
洋「ログリッチさんのテレマークを見てしまったあとだと、なおさらですね!」

P「ツール第20ステージ。最終決戦は個人タイムトライアル。ステージ優勝は、前半出走ながら驚異のタイムを叩き出したボドナール。もちろんツール初勝利
保「残りわずか250メートルで勝ちを逃した第11ステージのリベンジ成ったわね」

洋「世界王者サガン弟の“影”が本気を出した結果がこれです!」
保「ツールという大舞台で大仕事をやり遂げて、あの涼しい顔。惚れそうだわ」
P「二枚看板のサガン&マイカが去って頭を抱えていたであろう首脳陣&スポンサーもにっこり」

保「去年のツールの平坦ステージで、残り10キロぐらいでサガンがアタックしてフルームがそれに反応してそのまま逃げ切ったことがあったけど、あのとき一緒に逃げたのがトーマスとボドナールだったわね」
P「レース後サガンが『俺たち超つえーからぜってー追い付けねーって思った』『ボドナールに取らせたかったのに、フルーミー空気読めねー』って言ってたあれですね」
洋「『空気読めねー』とまでは言ってなかったと思います!弟くんなら言ってもおかしくないキャラですけど」

P「2位は、クヴィアトコウスキー。2か所の中間計測ではボドナールを上回っていたのですが、最終的に1秒届かず」
保「ポーランド勢のワンツーね」
洋「連日フルームさんを猛烈にアシストをしておいて、最終日の前日にあの走りができるカワサキさん凄すぎ!」

P「3位は、フルーム。ボドナールと6秒差という快走で、総合優勝確定です」
洋「おめでとうございます!」
保「あとは無事に完走するだけね」

P「ウランも31秒差の8位と好走、総合2位に浮上」
保「驚いたのは、コンタドールね。中間計測でクヴィアトコウスキーと並ぶトップタイムを叩き出し、後半やや失速したものの6位フィニッシュ。今年のこの展開でよくぞ心折れずに走れるものだと改めて感心したわ」
洋「これは、ブエルタ出てきますよきっと」

P「あとは、前ステージ2位のアルントが28秒差の7位に」
洋「アルントさんもまた、大舞台で勝つ姿がもっと見たい選手の一人です」

保「問題は、総合3位争いね」
P「ウランが2位に上がったので、バルデ 対 ランダの構図になりました」

洋「バルデさん、明らかに様子がおかしかったです」
P「はい。汗のかき方が尋常ではなかったですし、上りでもダンシングも全く続かず、脚も全く回っていませんでした」

保「第19ステージを終えた時点で、バルデとランダのタイム差が1分13秒。さすがにこれは、覆らないわよね……って、本人も関係者も私たち観客もみんな考えてたと思うけど、まさか表彰台すら怪しくなるなんて」
洋「フルームさんにどこまで詰め寄れるか?って上ばかり見てたら、まさかの大失速!」

P「結果から言うと、ランダの走破タイムは29分6秒。一方、バルデの走破タイムが……」
保「30分18秒。その差は、1分12秒。ということは……」

洋「1秒差でバルデさんが表彰台死守です!」

P「いや、まさか最後の最後にこんなデッドヒートが見れるとは思いませんでした」
洋「走り終わったバルデさん、文字どおり死にそうな顔してましたから」
P「こっちもほとんど息止めて見てた気がします」

保「なにはともあれ、収まるところに収まって良かったわ」
P「フランス全土が大安堵の結末でした」

洋「さあ、今年のツールもあとは最終第21ステージのシャンゼリゼを残すのみ!」
保「有終の美を飾るのはどの選手かしら」
P「ボアッソンハーゲンです」
洋「い、言い切りましたね?!じゃあ私は、コルブレッリさんで」
保「予想する流れ?なら、グライペルね。記録もかかってるし」