家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

まゆ「瑠璃光浄土と」あやめ「浜口菖蒲!」

間「最近、浮気するPさんが増えてるんだってぇ。ほらぁ、そこにも」
P「花菖蒲~♪」
衛「“まゆちゃんのまゆ”の出番かもぉ」
(ゲーム内投下日 17/7/12)

 

楓「あやめちゃん、勝負!…ふふ」
衛「お上手ですぅ」
あ「ニン??」
(ゲーム内投下日 15/5/31)

 

………………

ま『まゆがあなたを瑠璃光浄土にお連れします♪』

 

P「頭の中で同じ曲がぐるぐる回り続けることってありますよね」
神「ああ、あるある。“脳内BGM”ってやつだな」
P「私の最近のそれが『瑠璃色金魚と花菖蒲』です」
杏「良い曲だよね」

橘「『菖蒲』は『しょうぶ』。そして、『あやめ』も『菖蒲』と書きます。なんだか納得いきませんけど……」

凛「で、“まゆのまゆ”って、あれはなんなの?」
文「…中にナニがあるんでしょうか」

ま「気になるなら、入ってみますかぁ?」
凛「ううん、遠慮する」
文「…ほう」
凛「安易に確かめないで、中にナニがあるのか悶々と想像するのも良いと思うんだ」
文「…流石ですね、三代目」

洋「速報!カミングスおじさんきたー!」
P「ツール第12ステージ。残り約35キロ、カミングスがデヘントをおいてアタック!」
保「特定の人種にとっては夢のような展開ね」

洋「ああっ、フルームさん含むスカイ勢とアルさんがコースアウト!集団がペースダウン!」
P「追い風吹いてますね」
保「ライバルたちは仕掛けても問題無かったと思うけど、動かなかったわね」

P「さて、未来の話はそのへんにして。ツール第11ステージ。平坦。勝ったのはキッテル」
凛「あ、先に言っちゃった」
P「はいはいキッテルキッテル、ってやつですよ」

保「昨日、名前が挙がった92番のボアッソンハーゲンは3位に入ったわ」
P「5,8ミリの日と同じく、速めに先頭に出たボアッソンハーゲン。そして、後ろからキッテルがもろともにごぼう抜き」
洋「あのステージもこのステージも、ハーゲンダッツさんとしてはベストのリードアウトからベストのスプリントをしてると思いますよ?」
保「2位のフルーネウェーヘンはキッテルに付いて行って2位を拾ったようなものだから、ある意味いちばんキッテルを追い詰めた選手と言えるかもしれないけど」

P「ははあ、見えましたよ。最終日、シャンゼリゼのスプリントでついにキッテルを下すボアッソンハーゲンの姿が」
凛「出たね、瑠璃色の幻視が。どうなるか楽しみにしてるよ」

保「昨日も道中は退屈……ごほん、平穏だったけど、終盤は面白かったわね」
洋「3人の逃げグループからアタックを決めたボドナールさんが粘りに粘りました!」
P「捕まったのが、残り250メートルぐらいですか」
保「そうよ、ああいう走りが見たいのよ」