家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドルのフィニッシャー、75人目(十時愛梨)

P「とときんのチョークスリーパー
楓「愛梨ちゃん脱いじゃうかもしれませんので、はだかじめ ご了承ください♪」
(ゲーム内投下日 16/12/8)

 

………………

P「もし とときん が、首狙いのねちっこいレスリングの使い手だったら」
菜「それは、やばいですね!耳元で囁かれながら締め落とされたりした日には、天国直行間違いなしですよ!」
楓「あのボディで組み付かれたら、女の私でもたぶん、どうにかなっちゃうと思います♪」

夏「言っちゃ悪いが、愛梨はトロいイメージだ。タックルとかできんのか?」
P「別にトロくても良いんです。早く動くと、相手も合わせて早く動きますからね。スピードだけが能じゃありません」
菜「例えば、相手の手をパッと素早く掴もうとしても、防がれます。でも、ゆーっくり掴もうとすると、これが意外と防ぎづらいんですよねー」
夏「そんなもんなのか」

杏「チョークが得意とは、さすが初代様はガチだね」
楓「『クイーン・オブ・ストラングラー(絞殺女王)』といったところかしら」
P「駄洒落で決めてしまった技ですが、意外とマッチして良かったです」

菜「チョークといえば、柴田さんがニュージャパンカップを制しましたね!」
楓「これでついに、オカダさんに挑戦です。これは、獲っちゃう流れじゃないでしょうか♪」
菜「いろいろありましたけど、リングの上で魅せてくれればそれでいいんです!」

P「ちなみに、とときんはこれで、初の三大シリーズ制覇者となりました」
文「…『アイドルのフィニッシャー』『CGプロ自転車部選手名鑑』『アイドル超小噺』…ですね。念のため」
P「ご説明、ありがとうございます。とときん以外の制覇者は、現在のところ、まだひとりだけ」

神「アタシもな、チョークには自信あったりするんだけど」
橘「唐突……ではないですね。以前そんな記事がありました。凛さんが暴走したときの制圧用に、早苗さんから習われたんでしたね」
神「解説サンキュー、ありすちゃん。プロデューサーさんはたぶん、忘れてただろ?」
P「……言われて思い出しました。奈緒さんも“魔性のスリーパー”使いなんでした」

楓「なら、やっちゃいますか?確か、ありましたよね、相手を締め落とした方が勝ちというルールの試合が」
菜「ああ、確か棚橋さんと飯塚さんの試合でしたっけ。名前は、えっと……」
P「『ディープ・スリープ・トゥ・ルーズ』ですね。結末とかすっかり忘れましたけど。ドラゴンスリーパーで棚橋が勝ったんでしたっけ……」

楓「ドラゴンスリーパーって、いっときテイカーさんも使ってましたよね」
P「『テイクケア・オブ・ビジネス』。実は、ちひろさんの技にしようかとも思った技です」

 

凛「奈緒と愛梨の絞め技対決と聞いて」

 

神「おわっ!かなり久しぶりだな、凛。どこでなにしてたんだ?」
凛「いろいろ、かな。自転車で走ったり、瞑想したり、芳乃様の指導で写経したり」
夏「精神的修行だな」
凛「すべては邪念を払うためだよ。そんなことより、是非見たいよ、その対決。具体的に言うと、締め落とされて、よだれ垂らして白目むく奈緒が見たい。是非見たい」
神「邪念 全然払えてないじゃないか!むしろマシマシだぞこいつ!」
夏「落としちまえよ、制圧用スリーパーで」
凛「それはそれで歓迎だよ。さあ奈緒、ぎゅってして良いよ」
神「駄目だ、締めたら思う壺だっ。畜生どうすればっ……」

 

P「実際、失神は癖になるそうですから、むやみに落ちたり落としたりしないようにしましょう」

神「おい、投げやりなオチつける前に凛をなんとかしてよおい!」