読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

バララット

P『先生、あの女です』
都「そう言い残して、プロデューサーは爆死しました」
橘「ダイイングメッセージですね。あの女とはいったい…」
(ゲーム内投下日 16/2/29)

 

………………

P「4日から8日にかけて、ロードレースのオーストラリア選手権が行われたのですが……問題はその開催地です」
保「確か、ヴィクトリア州のババラットだったわね」
橘「え、バララットって、あのバララットですか?」
P「あのバララットです。オーストラリアにバララットがふたつあるとも思えませんし」

橘「バララット。ホームズシリーズの、えっと……『あの話』に出てくる地名ですね」
P「そう、『あの話』に出てくる地名です」

神「んん?なんで『あの話』って ぼかすんだ?」
P「この場合、タイトルを出すだけでほとんどネタバレになりそうなので」
橘「ネタバレには気を付けないといけません。ミステリの世界では『親殺しと同罪』ですから」
神「マジかよ?!例えにしても厳しすぎないか?」

橘「『先生、あの女です』は、『金縁の鼻眼鏡』のダイイングメッセージですね」
P「ダイイングメッセージというのは不自然なものになりがちですが、これは自然かつシンプル、それでいて印象に残る名ダイイングメッセージだと思います」

橘「以前 少し話に出た『ライオンのたてがみ』も、ダイイングメッセージですね」
文(…その話の記事でもろにネタバレしているのは、黙っておきましょうか)

P「あと、ホームズでダイイングメッセージといえば、『まだらの紐』ですか」
橘「もうひとつぐらいあった気がするんですが……ちょっと思い出せません」

文「…もしかしたら、一般の知名度がいちばん高いホームズ作品は『まだらの紐』ではないかと。あの、特に根拠はないのですが…」
橘「ふむ、あり得ますね。ほかに知名度が高そうなのは、やはり『緋色の研究』や『バスカヴィル家の犬』あたりでしょうか」
P「案外、『踊る人形』や『唇のねじれた男』は高そうな気が」

橘「あ、『最後の事件』と『空き家の冒険』ですよ。これは絶対 高いはずです」
P「ホームズは一度死んで復活している、という情報の認知度が高いという前提だと、確かにそのふたつは知名度高そうですね」

文「…逆に、知名度の低そうな作品はなんでしょう」
P「うーん、『赤い輪』とか『ブラックピーター』とか」
橘「『ショスコム荘』とか『三破風館』とか」
文「…『這う男』とか『白面の兵士』とか。これも、まったく根拠はないですが…」

 

橘「『這う男』ですか。あれには驚かされました……」