家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

予定外の常連、橘

橘「例の紐より まだらの紐…今 良いこと言いましたよ」
P「うん」
(ゲーム内投下日 15/6/8)

 

………………

P「先週は、4回もコメントをサボってしまいました」
杏「ふっふっふ、ようこそ杏の世界へ。サボりは良いよ?人生が豊かになる」

P「さて、ブログもずいぶん間が空いてしまいました。書かないといけないことがいろいろある気がするのですが……順番にいきましょうか。まずは、橘さん、遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。ございました」
橘「……ありがとうございます。二度目ですけど」
神「二度目?どういうことだ?」
P「えっと、実はちゃんと当日におめでとうを言ったのです。記事には出来ませんでしたけど。これが一度目。でも、橘さんはうちの常連ですし、ブログ上でも言っておいた方が良いかなと思いまして。だからさっきのが『二度目』なのです」
凛「そういう面倒くさい設定はいらないと思う」
P「……橘さんは、いつの間にか当ブログの常連に収まってました。最初は予定になかったんですけど、ほんとにいつの間にか」
杏「そもそも、アイドルとの対話形式にするなんて、考えてなかったんでしょ?」
P「はい。しかしこれが、やってみると面白いし楽だしで、今に至ります」
凛「楽というわりには、更新頻度がひどいよね」
P「……楽といっても、頭に『比較的』と付くのですよ」

比「なぜありすちゃんは定着したんでスかね」
P「『趣味 ゲーム・読書(ミステリー)』という設定が便利すぎるからでしょうね」

杏「完全にホームズマニアにされちゃってるけどね。ミステリーには違いないけど」
P「私のブログですからね、私の好きな設定にさせてもらいますとも。キャラをぶち壊さない範囲でね。というわけで橘さん、プレゼント代わりと言っては何ですが、お喋りでもしませんか。話題はホームズでもそれ以外でも構いませんよ」

橘「良いです。付き合います。侘しい秋の夜の過ごし方としては、申し分ないです。夏ですけど」