読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

パロディ=本歌取り?

ち「私も一首…この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」
伊「ん?聞き覚えが」
篠「まさに完パクね」
(ゲーム内投下日 16/9/24)

 

ち「千川や 浜の真砂は 尽きるとも 世にプロデューサーの 種は尽きまじ。ではでは♪」
(ゲーム内投下日 15/12/31)

 

………………

P「俳句や短歌は得意分野です」
文「…自分で詠むのではなく、パロディを作るのが得意、という意味ですよね」
P「そのとおりですが何か」
橘「それもある意味『本歌取り』なのでしょうか」

杏「『恐怖心 俺の心に 恐怖心』」
神「それは別の橘さんだ」

夏「丸パクりは本歌取りとは言わないよな。盗作だ」
杏「有名な歌だし、日本人ならネタだって理解するだろうけどね」
橘「そこは置いておくとしても、栄華を極めた御堂関白の歌を持ち出すとは、なんたる驕慢。さすがはちひろさんです」

P「辞世の句って、あらかじめ考えておくものらしいですね」
夏「死の間際には詠めないよな、実際問題」
橘「たとえ詠めたとしても、後世にこれだけたくさんの辞世の句が伝わっているのは不自然な気もしますし」
文「…歌の素養のない人は、プロに作ってもらったり、あるいは、先人の有名な歌を自分の辞世の句としてそのまま拝借してしまう例も珍しくなかったと聞いた覚えが」

菜「プロレスでも、既存の曲をそのまま入場曲にするパターンはありますね」
楓「いちばん有名なのは、藤原組長の『ワルキューレの騎行』でしょうか」
P「初めて入場曲として使われたのも、『威風堂々』ですし」
菜「日本で初めてかかった入場曲も、既存の曲ですよね」
楓「えっと、『スカイ・ハイ』ですね」

P「この前 話したDDPの入場曲がこれなんですがなつきちさん」
夏「これ、って言いながらまたリンクないんだな。まあいいや、どれどれ……」
P「なつきちさんなら聞き覚えあるんじゃないかと」
夏「……おい、これ ほぼほぼニルヴァーナの某曲じゃねーか!」
P「これぞ本歌取りですね!はい」