読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドルのフィニッシャー、60人目(水本ゆかり)

P「ゆかり様のスカル・クラッシング・フィナーレ」
ゆ「頭蓋骨を、砕いて、終幕です」
P(あ、この声でヒール風マイクはヤバい)
(ゲーム内投下日 16/5/8)

 

………………

P「月末ガチャの雪乃さん、エエ顔してますね」
菜「ドヤ顔&悪い顔ですねー」
楓「あれは、容赦なくファースト・フラッシュ決められる顔です♪」

P「ゆかり様のあの ねっとりボイス でヒールマイクはヤバいと思うんです」
菜「腰が砕けて膝が笑っちゃいますね」
P「スカルじゃなくて、その中にあるブレインに大ダメージですわ」
楓「これがほんとのブレーンバスター♪」

菜「ギミックは、大女優気取りのナルシスト系ですかねー」
楓「カメラマンのフラッシュを浴びながら、赤絨毯の上を歩いて入場するんですね」
菜「じゃあ、菜々がお付きのメイドやりますね。で、菜々が香水で消毒するまで、ゆかりちゃんはリングには絶対上がらないんです」
楓「そのパフォーマンス、誰かが……誰でしたっけ?確か、とても古い時代の……」
P「……ゴージャス・ジョージですかね。アメプロの伝説のヒールですね」
楓「ああ、確か初めて入場曲を使った選手でしたっけ」
P「ですね。ちなみに、のちに同じ曲を入場に使ったのが、ランディ・サベージ……」
菜「と、高田総統!」

P「なんかわかりやすい決めゼリフも欲しいところですが、ちょっとすぐには思い付きません」

比「ザ・ミズだから、水本ゆかりちゃん……そういう安易な取り合わせはもうやらないって、洋子さんのときに言ってませんでしたっけ?」
P「いちおう、名前だけじゃなく、演劇志向のゆかり様に『フィナーレ』という舞台用語を掛けてるんですけど。あと、若干 天然なゆかり様に直訳ネタという取り合わせが、個人的には面白いと思ってるんですけど……」