家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

茜と朱子

ち「あら、日に焼けました?」
P「はい。茜の笑顔が眩しすぎて」
(ゲーム内投下日 15/8/4)

 

未「あづい~」
藍「『熱中症指数・危険』ですって」
茜「つまり、今日は危険日ですね!」
未(茜ちんの方が危険だった!)
(ゲーム内投下日 16/7/6)

 

………………

P「茜ちん、誕生日おめでとうございます」

 

凛「なんなの?このネタの落差」
夏「思い付いたものは仕方ないとして、わざわざ誕生日にチョイスするネタじゃないな」
文「…いえ、『危険日』という言葉は、『誕生日』と密接な関連が」
夏「おいやめろ。そこに気付いてほしくなかったし、文香さんにだけは言ってほしくなかった」

P「人間、生きてるだけで危険なんです。睡眠ですら安全とは言えない行為なんです」
神「……そんなこと言ったらなんか加蓮が心配になってきた。ちょっと会ってくる!」

楓「たとえ危険でも、棄権できないのが人生なんですね♪ふふ」
杏「いや、出来るよ棄権」
夏「おいやめろ その2 だこの野郎」

P「加蓮さんの水着劇場を見て思ったのですが、奈緒さんは加蓮さんが好きすぎますね。公式で」
凛「だよね。そんなところがまたかわいいんだけど」
杏「あんなネタやるとは思わなかったよ、公式が」

橘「プロデューサーさんのお名前も『あかね』なんですよね」
P「実はそうなんです。よくお気付きで」
橘「よく見たら、『朱子』と書いてありました」

P「主にネット上でかなり以前から使っている名前です。モバマスを始めるにあたり、『日野茜』というアイドルがいることはすでに知っていたので、漢字が違うとはいえ名前かぶりを避けるべきかどうか悩んだのですが……けっきょく使い慣れた名前でプロデューサーデビューすることにした次第。そして現在に至る」

杏「そういえば、何度か『朱P』っていう表記があったけど、『朱子P』のことだったのか」
P「漠然とした存在の“プロデューサー”ではなく“私個人”としてネタに顔を出さざるを得ない場合に使っている表記です。あまりそういう個人要素は出したくないのですがね……」