家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(ツイッター→ @yenichieri)

P「さっちゃん、これ清書(自動筆記のメモ」輿「巻き込まないでっ」

P「最近また寝落ちサボりが増えてきた…眠りながらコメントとブログの更新できたらいいのに」
小梅「にゅっ)自動筆記の話?」
(ゲーム内投下日 18/3/25)

 

………………

P「……って言った↑そばからこれだよ うわーん」
神「開幕ガチ泣きは止めろ!みっともない&見苦しい!寝落ちサボりが無念なのはわかるけどさ」

橘「『うわーん』で号泣のつもりですか。雑な表現ですね」
比「相変わらず幼女が辛辣っス」

P「ふう……というわけで、さっちゃん。はい、これ」
幸「な、なんですかこの奇怪な文様が記された紙切れは」
P「自動筆記のメモです。起きたら枕元にありました。やればできるもんですねえ。なのでこれを清書していただけませんか」
幸「ひいぃ、イヤですよ!そんな胡散臭いモノにボクを巻き込まないでください!」
P「胡散臭いだなんて、興味津々な小梅さんが泣きますよ」
幸「小梅さんの名前出したってダメですっ。そもそもこのメモの文字!……いやそもそもこのメモのこれはほんとに文字なんですか?!ともかく読めたもんじゃないですよ!」
P「だからこそ清書をお願いしてるんですけど」
幸「それはもう清書じゃなくて暗号解読の領域ですよ!」

凛「ヘント・ウェヴェルヘムを見たけど、ヴィヴィアーニも号泣してたね」
洋「勝ったのは、サガン弟くん!やっと今期2勝目。まだまだ本調子って感じじゃないけど、今回は勝ち切りました!」
P「ヴィヴィアーニはスプリントに敗れて2位。直接の敗因は、サガンではなくデマールをマークしたことでしょうか。そしてレース後、体育座りで号泣」
洋「どうしたのヴィヴィさ~ん」
保「チームメイトの万全のサポートをふいにしてしまったから、でしょうね」
凛「トッププロが人目もはばからず声を上げて泣くなんて……心を打たれる光景だったよ」
P「と同時に、クラシックの重みを改めて思い知らされました」

 

幸「あの~」

P「はい?」
幸「さっきのボクとのやりとりにオチはないんですか?」
P「ああ、はい。特に思い付かなくて。……あ、そうそう」
幸「なにか思い付きました?」
P「『号泣』というお笑いコンビがいましてね。もう解散しましたけど。言葉遊びネタが得意で、わりと好きでした」
幸「……それだけですか?」
P「ですよ?」
幸「ボクとまったく関係ないうえにオチてないじゃないですか!」
P「だから『特に思い付かなくて』って言ったんですけど」
幸「ぐぬぬ。ボクが泣きたくなってきましたっ……」