読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

もうなんかいろいろと怖い

P「ブエルタ開幕記念臨時ユニット案。メンバーはユッコとみく。ユニット名は…」
堀&前「『エスパーにゃ』!」
(ゲーム内投下日 16/8/19)

 

………………

前「ユッコちゃんとのユニット……想像がつかないにゃ」
夏「はは、天然は怖いぞー?」
前「お、脅さないで欲しいにゃ……」

 

P「昨日の夕飯直後から、今日未明の午前3時ごろまでの時間が……すっ飛んだ」
杏「また寝落ち?ご愁傷様だね」

P「日曜日の夜に寝落ちとか……これはもはや“恐怖体験”ですよ。私の涙腺がくるみちゃんなら、号泣してましたよ」
菜「わかります!この世に『時の流れ』ほど恐ろしいものなんてないんです」

比「時の流れ、でスか。デレステがもうすぐ1周年でスよ?」
菜「ぎゃー!」

P「昨日はブログのアクセスがやたら多かったんですけど、なんだったんでしょうか?なんかよく分からなくて怖いです」
橘「得体の知れないもの、理解できないものへの恐怖。ホラーの基本ですね」

凛「あのくるみを、泣くこともできないぐらいドン引かせてみたい」
P「あのくるみちゃんに本気でドン引かれたら、たぶん心に超絶大ダメージですよ。立ち直れなくなっても知りませんよ」
凛「だからこそ、だよ。『怖いもの見たさ』っていうのかな」
文「…『自殺願望』の間違いでは?」

神「ドン引くの、アタシじゃダメか?いまの凛の発言にわりとドン引いてるんだけど」
凛「うーん、奈緒だとちょっと。奈緒はいくら引いてもやさしさが滲み出るというか、非情になれないタイプだから」
夏「その言い方だと、くるみちゃんは非情に徹することのできる人間みたいに聞こえるんだが」
凛「できるよ、くるみは。素質があるよ」
夏「素質って、なんのだよ?……いや、知りたくない。説明しなくていい!」

P「寝落ちしたときに限って、書かないといけないことがあるもので。いや、書かないといけないことがあるときに限って寝落ちする、でしょうか。ともかく自転車班とプロレス班の皆さま、報告よろしくおねがいします」

洋「ブエルタ開幕ですよー!やっほーい」
保「初日のチームTTからスペインクオリティー炸裂だったわね」
P「さすがブエルタ、通人をして『ツールやジロより面白い』と言わしめるだけはあります」

凛「チームタイムトライアル。チームごとに走ってタイムを競うのかな」
P「そのとおり。チームの総合力が問われる形式ですね」
凛「初日にチームTTがあって、優勝候補を抱えてるチームのタイムが悪かったら、その優勝候補はいきなりハンデを背負うことになる……なるほど、面白いね」
P「今回は、まさにコンタくんがそれですね」

洋「新城さん、第2ステージでスプリントに絡んで15位」
保「予定のオーダーではなく、急遽 参加したらしいわね」
洋「なんか、この先もっとすごいことやってくれそうな予感がしますよ?」
杏「待った。確か、親指粉砕骨折って言ってたよね。治って、ないよね?」
P「ない、でしょうね」
杏「その時点でもう“なんかすごいこと”だから。それもまたひとつの“恐怖”だと思うね」

楓「ナカムラさん、NXT王座戴冠♪デビューから5か月、無敗でここまで来ちゃいましたね」
P「相手がサモア・ジョーというのも、なんだかすごい話ですよね」
菜「イタミさんも復帰しましたね!GTSも解禁しましたし、ガンガン行ってほしいです!」
P「怪我への恐怖を克服できるかどうか、ですね」
楓「あと、“崖っぷち”の恐怖もです。ふふ♪」
P「怪我してる間に切られなかっただけでも、大したもんだと思います」