読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドルのフィニッシャー、3人目(渋谷凛)

P「凛の蒼魔刀」
凛「まぁ悪くないかな。さっそく試し…」
P「ストップ」
(ゲーム内投下日 14/??/??)

 

………………

P「このネタを投下したころは、あんなことになるとはつゆ知らず」
菜「先日 決着がつきましたけど、しばらく“渦中の人”でしたからね~。まさかあんなに波紋を広げることになるとは思いませんでした」
楓「後楽園の例の試合は、かなりすごい雰囲気だったようですね♪」
菜「けっきょく、掌の上だった気もしますけどね~」
P「誰が誰の掌の上だったかはともかく、それを承知で楽しむのがプロレスですよね」
楓「それを承知していても、そんなこと吹き飛んでしまう瞬間があるのもまたプロレスですね♪」

P「“蒼”の字が付く技はこれしか知らなくて。ごめんなさい」
凛「謝られても困るんだけど」
菜「“青”や“ブルー”なら、いくつかあるんですけどね。『青き光』とか、『ブルーデスティニー』とか、『ブルーサンダー』とか」
P「……いま調べたら、『蒼い衝動』がありましたね。てっきり『青い衝動』だと思ってました。ごめんなさい」
凛「だから、そんなことで謝られても……もういいよ。で、その、蒼魔刀?どんな技なの?」
楓「尻もちをついた状態の相手に助走をつけて決めるダブル・二ーアタック、ですね♪」
P「凛さんには、疾走感のある技が似合うかなと思いまして。あと、なんか膝技が似合いそうな気がして」
神「確かに、容赦なく膝蹴りとかぶち込みそうなイメージだな」
凛「え、奈緒の中の私ってそんなイメージなの?」
神「あ、あくまでイメージだから」

菜「いっそ、凛ちゃんは膝技特化にしちゃいますか。古今東西の膝技を駆使するんです」
楓「ロックアップから二ー・パット、ロープワークでキッチン・シンク、コーナーに追い込んでランニング・ニー、ロープに走ってジャンピング・ニー……」
菜「ダウンしたら二ー・ドロップ、さらにダイビング・二ー、起き上がりざまにシャイニング・ウィザード……」
P「蒼魔刀と同じ人の『山折り』も膝技ですね」
菜「真空跳び膝蹴りも入れちゃいますか?一世を風靡した技ですよ」
P「……プロレス技じゃない上に、古いですね」
杏「それ知ってる。サワムラーの元ネタの人の技だよね。見たことはないけど」

P「蒼魔刀の使い手の人の決め台詞は『鍛えてるからだー!』です」
杏「お、良いね。凛ちゃんも使いなよ」
神「いや、どう考えてもパッション系の決め台詞だろそれ」
P「マヒローとかキャプテンとか、ヒートアップチアーズとか似合いそうですね」