家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

To be,or not to be

今は秋。瞳子はそれを思い出す。

足を踏み出すたびに、靴の下でかさかさと軽い音を立てて崩れる落ち葉たち。
細い木枝の隙間から見えるのは、高い青空と白いうろこ雲。
ときおり傍を吹き過ぎてゆく風は、絶妙なまでに涼しく、心地良い。

そんな、どこを切っても爽やかな季節の中を、瞳子はひとり浮かない顔をして歩いていた。

今現在、特にこれと言って具体的な悩みがあるわけではないのだけれど。
でも、なんだか、妙に憂鬱な気分。
やり場のない倦怠が身体の内に澱んでいるような、そんな感覚。

それはきっと、“秋”のせい。
秋の爽やかさは、往々にして虚しさや物悲しさに転じるもの。
そしてそれが、人の心を打ち沈ませる。

そういうことはよくあるのだと瞳子にも分かっていたし。
それにもしかしたらこれは、演劇人としての感受性の鋭さの証明なのかもしれない、 とも思ったから。
この気分にむしろ積極的に浸るようにして、瞳子は枯れ木立のなかを歩き続けていた。

 

やがて前方に、木々の列が途切れた何もない空間が現われた。
木立が円形にぽっかりと切り取られて、小さな空き地になっているらしい。
当然、そこだけは頭上を覆う枝もなく、周りよりわずかに濃い陽が射している。

瞳子には、それがまるで、淡いスポットライトに照らされた簡素な舞台のように見えた。
そして、その“舞台”を眺めるうちに、ふと、ある考えが浮かんできた。

これはきっと、“秋”がわたしに投げかけた挑戦状だ。
いまこのとき、この場所にふさわしい演技をしてみせよ、と。
木々が、落ち葉が、そよ風が、陽光が、秋を成す全てのものが、舞台を整え待ち構えているのだ。

瞳子は、そんな己のひらめきに迷うことなく身を任せ、ゆっくりと“舞台”に足を踏み入れた。
頭の中で、かちり、と音がして、一瞬にしてモードが“女優”に切り替わる。
そして“舞台”の真ん中、目には見えないバミの手前で立ち止まり、軽く、且つしっかり眼を瞑った。

精神を集中する。
憂いに満ちた雰囲気を、風のように身に纏うイメージ。
さらに、この憂愁なる心境を表現するにふさわしい、一劇必殺のひとことを思案する。

やがて、わずかにひとつ頷いて、静かに眼を開け、呟いた。

 

生きるべきか死ぬべきか、それが問題ですわ」

 

瞳子の紡いだその言葉が、冬の吐息のようにぼんやりと、その場に束の間留まり、やがて余韻も残さず溶け去ろうとした、刹那。
瞳子は、ふわり、と何者かに後ろから抱きしめられていた。

「ゆ」

反射的に、祐巳さま、と叫びそうになって、瞳子は危うくその声を飲み込んだ。
背後から音もなく近づいて抱きつくなんて、 そんなお戯れの過ぎる知り合いは祐巳さまくらいしか心当たりがない。
だけど、いま背中に密着しているこの感触は、よく知る祐巳さまのものではない、断じて違う。

では、いったい、だれ。

可能性があるのは。
もしかすると。

乃梨子さん」
瞳子

背後に向けた問いかけに答えたのは、予想通り、乃梨子さんの声。
しかもそれは、なんだかとても切なくて。
まるでうなじを這い上がるようなその声色に、瞳子は少し困惑した。

「あの、乃梨子さん」
「いいよ、何も云わなくて」

再び背中に問いかけると、返ってきたのはそんな言葉。
実のところ、なんだかよく分からない返答だったけど。
だけどそれを聞いて瞳子は、乃梨子さんの行動の意味がなんとなく理解できた気がした。

つまり、いま乃梨子さんは、わたしを慰めようとしてくれている。

乃梨子さんは多分、木々の間に分け入っていく瞳子の姿を見、その尋常ならざる気配に居ても立ってもいられず、後を付けてきたのだろう。
そして、殺風景な空き地に佇み、ますます思いつめた雰囲気で、「生きるべきか、死ぬべきか」 などと深刻な言葉を口走る様を目撃するに至って、恐らくこう思ったのだ。
……これは重症だ、世を儚むほどに落ち込んでいる、とても放っては置けない、いまここにいる自分が何とか力にならなければ、と。
そして思わず飛び出した結果が、さきほどの奇襲のような抱擁というわけだ。

つまり、有り体に云うなら、先ほどの憂いの演技が、乃梨子さんには“効きすぎて”しまったのだ。

そう思い当たって瞳子は、嬉しいような、可笑しいような、それでいて申し訳ないような、ちょっと複雑な心境を覚えた。

乃梨子さん、ごめんなさい。
心の中で、そう囁く。
でも、真相をばらすと乃梨子さんの心遣いが無になってしまうので(それに、強がっているだけ、と思われて信じてもらえないかもしれないので)。
現実には、

「ありがとう」

と、小さくひとことそう云って、しばらく乃梨子さんを背中にくっつけたまま、その場に佇むことにした。

わたしには、秋の挑戦にも負けぬ、頼もしい友という名の共演者がいる。
そんなことを考えながら。

 


数日後。

瞳子はまたも、あの日と同じ枯れ木立のなか、裸枝の下を歩いていた。
ただし、この前と違って足取りは軽い。
胸に巣食っていた憂鬱の虫が、今日はいないのだ。
空には雲が多めで、日差しはちょっと翳っていたけど、瞳子の心は明るく澄んでいた。

やがて前方に、例の“舞台”が見えてきた。
乃梨子さんとささやかな寸劇を演じた“舞台”が、ゆっくり近づいてくる。

ふと、あの日の“エピローグ”を思い出して、瞳子は微笑した。
あのあと瞳子は、なかなか背中から離れようとしない乃梨子さんを、半ば引き摺るようにして木立の外まで歩く羽目に陥ったのだ。
そして、ようやく乃梨子さんを引っ剥がして身軽になってみると、何故か心まで軽くなっていて。
結局のところ瞳子の憂鬱は、乃梨子さんの愛すべき勘違いによって晴らされた、ということになる。
我ながら良い終幕ですわ、と瞳子は自賛したものだった。

 

短い回想を終えて我に返ると、何時の間にかあの日のあの位置、見えないバミの上に立っていた。

あの日と同様、躊躇うことなく目を瞑る。

今日もまた、いまこの日このときこの気分に相応しいひとことを。

いいえ、ここはあえて、あの日と同じ台詞を。

そんなわずかな逡巡を経て、瞳子は目を開いた。
そして、呟く。

生きるべきか死ぬべきか、それが問題ですわ」

 

刹那。

ふわり、と暖かなものが背中に触れるのを感じて。
瞳子は、ふぅ、とひとつ、満足気にも聞こえる巧妙なため息を吐いた。

どうやら劇はまだ、終わっていなかったらしい。

それならば、真の終幕の言葉を。


祐巳さま、あなたもですか」

 

 

今は秋。瞳子はそれを思い出す。

そして、それに、感謝した。

 

 

<おわり>

(初うp→05/8/10)

………………

シェイクスピアの──秋だ』(当時のあとがきより)

 

文「…ほう」

夏「なんつーか、へたくそがカッコつけたらこうなる、っていう感じだな」
菜「さすが夏樹ちゃんミモフタモナイです!」
P「もうだいぶ前の文章ですから。まあ、このころから進歩してるかといわれると……」
夏「そもそもSS書いてねーしな」
菜「そ、それぐらいで!」

文「…これは、この、瞳子さんという方に『あの名台詞』を言わせるためだけに書かれたもの…と推察します。つまり、プロデューサーさん仰るところの『元ネタが無いと書けない』の最たる例と言えるのではないでしょうか」

凛「私はむしろ詩なんじゃないかと思った。出来は別にして」
神「そうだとしたら、いつも『詩は理解できない』って言ってるプロデューサーさんには最高の皮肉だな」
P「当時のあとがき曰く、『ほとんどイメージ映像みたいなもの──ですから』とのことですから、もしかしたらそうなのかもしれません。もちろん、詩が分からない私には分からないのです。あと、分かる分からないといえば、オチですが。分かりますよね」
文「…読者の理解力に、お任せします」

夏「そもそも読者っているのかこれ」
P「……いなきゃいないで恥ずかしくないからそれで良いんですけどねー」

“ビギナーズラックの復活”なんて信じない!(明日は過去SS再うp)

 

 

………………

P「これは自慢なんですけど、とりあえずこちらをご覧ください↓」

 

8/17(土)
『2戦2勝』『複勝率 100%』『回収率 350%』『朱氏P率 0%(2/0)』

トータル
『118戦42勝』『複勝率 36%』『回収率 77%』『朱子P率 11%(118/13)』

 

浜「お久しぶりの馬券戦線ね。ほぼ1か月ぶりかしら」
P「はい。おかげさまで、大勝利でございます」
橘「2レースで回収率350%。とても効率が良いですね」
P「そうなんですよ。1レース目でいきなり490円とかいう好配当をぶち当てまして、『あれこれもう帰って良いんじゃね?』と思いつつとりあえずもうひとレース買ったら、こちらはまぁ210円と平凡ながらしっかり回収出来まして、『よし帰る!』って、さっさと引き上げました。いやあ、毎週こんなスッキリした勝負が出来ればねえ」

夏「間を開けたことでビギナーズラックが復活したんじゃないか?」
P「その発想は、ありました」
夏「あったのかよ。皮肉のつもりで言ったんだが」
P「いやほんとに、あったんですよ。発想はかなり前からあったんですけど、そういう現象が実際に起こるとは思っておりません」
浜「『運の存在を信じない』っていうスタンスだものね」
P「そうそれです」

浜「でも、これで難しくなるわね」
橘「何がですか?」
浜「明日、どうするか、よ。ね?」
P「正しくね。行くべきか、行かざるべきか。それが問題です」
文「…ハムレット気取りですか」

P「そういえば、それをネタにSSを書いたことがありましてね」
文「…それ、とは、『ハムレット』のことですか」
P「いえ、『生きるべきか?死ぬべきか?』というセリフです。……あ、じゃあ、明日はそれを再うpしましょうか。連休もごにょごにょ、ですし」

杏「あ~、連休もごにょごにょかあ。ぐはっ」
前「この反応も連休終わりのお約束だにゃあ~」

文「…SSのタイトルは?」
P「『To be,or not to be』。お、8月10日に うpしてますね」
神「いつのだよ」
P「それは、言えません」
橘「何故ですか?」
P「何故でもです。というわけで、明日はそんな感じでよろしく」

『おびえたお魚たち』

 

 

………………

凛「公演の醍醐味のひとつは、『いつもと趣きの違うユニット』にあると私は思うんだけど」

P「凛さんが話を振るとは珍しい」
凛「たまにはね」

文「…確かに、公演と名の付くイベントでは、『物語の登場人物としてのユニット』が登場します」
凛「そうそう、それ。いつもみたいなライブやパフォーマンスが前提のユニットじゃなくて、ストーリーや設定に沿った役柄としてのユニットが出てくる、その新鮮さが公演の良いところだと思うんだ」
神「一理あるかもな。公演で意外な共通点に気付かされた組み合わせとか、そこから進展して他のイベントに再登場することになったユニットとか、あるしな」

凛「ちなみに今回の人魚公演は、乃々の新ユニットが登場してるんだけど、知ってた?『おびえるお魚たち』っていうんだけど」
P「あ、はい。知ってました」
凛「ふーん、なら良かった。その名のとおり、乃々の怯えっぷりを堪能できるユニットだから、よろしくね」
P「けっきょく、それが言いたかっただけ、とか」
凛「さあね」

神「でもさ、乃々っていつもなんか怯えてる感じだよな。てことは、このユニットの乃々はいつも通りってことか」
凛「はあ……甘いよ、奈緒
神「ん?甘い?」
凛「乃々がいつも何かに怯えてる感があるのは確かだよ。前に比べたらかなりマシになったけど。ただ、今回は『おびえるお魚たち』というユニットとしての怯える乃々だから。つまり、その“怯え”は、あくまで演技としての“怯え”であって、いつもの乃々の“怯えてる感”とは別物なんだよ。そのへんの違い、奈緒にも気付いて欲しかったな」
神「あ、ああ。なんか悪かった」
凛「今からでも遅くないから、ぜひその違いを味わってよ」

“Pヘッドの女性P”本 を求めて(求めてないです)

P「Pヘッドな女性Pが出てくるアイマス同人誌って、あるのかな」
比「探せばあるんじゃ…いや、さすがにないっスかね」
(ゲーム内投下日 19/8/7)

 

………………

P「『Pヘッドの女性P』の本は未確認ですが……『Pフェイスの女性P』の本はあったみたいです」
神「Pフェイス?」
P「顔に目鼻の代わりに『P』の文字が描かれた女性Pです」
菜「あ~なるほど。漫画のあとがきに出てくる顔に『担』って書かれた担当編集者みたいな」
P「そうそう、それです」

文「…当ブログは、引き続き『Pヘッドの女性P』本を探しております」
P「え?」
文「…ご存知でしたら、ぜひご一報を」
P「よ、よろしくお願いします。……実のところそこまで本気で調査してるわけじゃないんですけど」

洋「ビンクバンク・ツアー第1ステージは、大集団スプリントからベネットさん!サムの方!」
P「いまちょうど第2ステージ終わったけど、またまたベネットでした」

保「『サム・ベネットに名勝負なし』なんて失礼なことを言ってる人間がいるらしいわよ」
洋「え~それはひどいですねー!ちらっ」
P「……それ私です。出来心なんです。ソーリー、ミスター・サム」

保「今日からブルゴスもあるけど、こっちの第1ステージもいま終わったわ」
洋「こちらは上りスプリントからニッツォーロさん!わーい!」
P「ついでにユタも始まってるんですが、こちらのプロローグはピッコリ。ピッコーリ?」
洋「スラック・オン・ノルグはフェルメルトフールトさん!」
保「彼も大落車からの復活組だったかしら」
P「確かそうです。かなりひどい怪我で、今も背中の痛みに悩まされてる、と聞いたような」
洋「だから泣いてたんですね~」

 

ゲーム内コメント登場済みアイドル↓
(五十音順。8月13日現在の達成度→121/190)

相川千夏 愛野渚 相原雪乃 赤西瑛梨華 浅野風香 安部菜々 綾瀬穂乃香 荒木比奈 有浦柑奈 安斎都 五十嵐響子 池袋晶葉 一ノ瀬志希 井村雪菜 氏家むつみ 梅木音葉 江上椿 海老原菜帆 大石泉 大槻唯 大西由里子 奥山沙織 乙倉悠貴 上条春菜 神谷奈緒 川島瑞樹 神崎蘭子 岸部彩華 喜多見柚 木場真奈美 木村夏樹 キャシー・グラハム 桐野アヤ 桐生つかさ 日下部若葉 工藤忍 クラリス 栗原ネネ 黒川千秋 ケイト 輿水幸子 小関麗奈 小日向美穂 小室千奈美 西園寺琴歌 財前時子 冴島清美 榊原里美 鷺沢文香 櫻井桃華 佐藤心 塩見周子 篠原礼 渋谷凛 島村卯月 城ケ崎美嘉 白菊ほたる 白雪千夜 杉坂海 砂塚あきら 関裕美 瀬名詩織 相馬夏美 高垣楓 鷹富士茄子 高峯のあ 高橋礼子 高森藍子 多田李衣菜 橘ありす 辻野あかり 土屋亜子 道明寺歌鈴 長富蓮実 中野有香 ナターリア 難波笑美 西島櫂 二宮飛鳥 野々村そら 浜川愛結奈 浜口あやめ 早坂美玲 速水奏 久川凪 久川颯 日野茜 兵藤レナ 藤居朋 双葉杏 古澤頼子 ヘレン 北条加蓮 星輝子 堀裕子 本田未央 前川みく 槙原志保 松尾千鶴 松原早耶 松本沙理奈 松山久美子 水本ゆかり 三村かな子 三好紗南 宮本フレデリカ 村上巴 村松さくら メアリー・コクラン 望月聖 桃井あずき 八神マキノ 矢口美羽 柳清良 大和亜季 結城晴 遊佐こずえ 夢見りあむ 吉岡沙紀 依田芳乃 ライラ

夏の連休スタート。残当。

 

 

………………

P「夏の連休スタート。特にやることもないし、行くところもないですけど」
神「夏コミもなしか」
P「残念ながら」
文「…残当、というやつですね」
神「どこでそんな言葉覚えたんだよ文香さん!」
橘「そうですよ、そんな単語は文香さんの語彙リストから ぺっ して下さい、ぺっ!」

凛「そういえば、去年は小倉行ってたよね」
P「いま思えばよく行きましたわ自分。……そうそう、ひとつ『行ってみようかな~』って思ってるイベントがあるんですけど。まぁ行くと決めたわけじゃないので、詳しいことは申せません」
杏「いやいや、この暑い中どこかに『行こうかな』と頭によぎるだけで偉いと思うよ杏は」
神「そこまでかよ」

P「それと……ああ、これは次回以降に。ではでは」
橘「思わせぶりですね。どうせ大したことじゃないんでしょうけど」
P「お察しのとおりですよ。ではでは」

 

凛「ちょっと待って。今日から連休って言ったよね?」
P「はい」
凛「じゃあまた『挨拶回りサボらないチャレンジ』やるよね」
P「……その、つもりです」
凛「がんばって」

 

洋「えっと、自転車的にいろいろあった気がするけど……まぁ今日はいっか」
保「洋子さんがそんな風に投げやりになるなんて、珍しいわね」
洋「さすがに暑くてまいってま~す。……じゃあ、ひとつだけ。MTBでマチューがニノを倒したよ~。公約達成だね!」

冷蔵庫のある(心象)風景

五十嵐響子の超小噺
「冷蔵庫を閉める『バタン!』っていう音が好きなんですけど、分かってもらえますか?…変ですか?」
(ゲーム内投下日 18/8/10)

 

………………

P「凛さん、誕生日おめでとうございます」
凛「うん、ありがとうプロデューサー」
P「で、何か欲しいものとかありますか?」
凛「まゆ、かな」
神「“りんまゆ”が雑!」

凛「あと、卯月と乃々と奈緒も追加で。さいきん仁奈がお気に入りだから仁奈も」
神「ハーレム展開が雑!」

P「本日は“いがきょん”こと五十嵐響子ちゃんの誕生日でもあります。おめでとうございます」

菜「冷蔵庫を閉める音、ですか。分かる気もしますね~」
楓「確かに、ビール取り出したあとの『バタン』なんて最高ですね♪」
夏「それはまたちょっと違う話な気もするが」
楓「『バタン』『グビグビ』『バタンキュー』♪」
橘「擬音語だけでわかりますね。駄目な大人だと」
楓「『グガー』」
夏「イビキ追加しなくて良いから」

P「そのことに関連して、ひとつみなさまに語らねばならない妄想がありまして。あと、『楓さんのイビキ』はなかなか面白いのでまた使わせていただきます」
楓「どうぞどうぞ♪」

橘「妄想?つまり、妄想語りに付き合えと」
P「正しくね。さて……」
橘「あの、付き合うなんて言ってないんですけど」

P「えっと、いきなりなんと説明したらいいのか分からない光景があるんです」
橘「つまづくの早すぎませんか」
P「なんて言えば良いんでしょうね……空に向かって長く伸びた、馬鹿でかい城のような塔のような、そういう建物があると思ってください」
菜「うーん、イマイチピンと来ないです。イラスト描いてくださいよ~」

P「はい、こんな感じです」

神「うわぁ文章しかないブログだからって『こんな感じ』のひと言で“イラスト描いてアタシたちに見せたつもり”にしやがったぞこのプロデューサー!」
文「…文章表現の盲点を突いてきましたね」
杏「そんな大層じゃないよ、ただのものぐさだよ」

P「ともかく、外見はそんな感じなんです。重要なのは、内側です」
凛「内側が重要、ね。人間と同じだね」
P「あ、そういうのはいいんで」
凛「……殴って良い?」
P「ありがとうございます」
神「話進まねー!内側には何があるんださっさと言え」
P「何もありません。ほとんどね」
神「はあぁあ?なにもない?」
橘「ほとんど、とうことは、少ないながらも何かあるんですね」
P「さすが橘さん、名推理ですね」
橘「そういうのいいんで」
凛「殴って良いよ」
P「殴りません。その何かとは何ですか」

P「冷蔵庫です」

文「…ふむ、繋がりましたね」
P「説明を忘れてましたが、その塔みたいな城みたいなモノの内側は、かなり広いんです。天井なんてもう、壮大と言って良いほどに高いんです。そして、なにもないんです」
楓「がらんどう♪」
P「それです。そんな空間の中、床にぽつりと置かれたのが」
凛「冷蔵庫」
P「はい」
橘「殺風景ですね」
P「否定できませんね。で、その冷蔵庫を、開けて、閉めるとですね」
楓「その前にビール取り出さないと♪」
神「楓さんは黙っててください!一同代表神谷奈緒!」
文「…閉めると?」
P「いがきょん曰くの『バタン!』という音が、反響するんです。それはもう、神々しいほどに」

文「…以上、ですか」
P「以上です」
菜「え、オチはないんですか?」
P「ありません。ただの妄想、というより、心象風景を言葉にしてみただけですから」

 

神(今日のこの話、分析だか鑑定だかに掛けるべきなんじゃないか)
橘(そういえば、歌ったり手を叩いたりしたらものすごく反響する教会があると聞いたことがあります。元ネタはそれでしょうか)
凛(あ、知ってる。イタリアの教会だっけ)
文(…日本にも似たような寺があります)

メスゲッツが勝利ゲッツ

 

 

………………

P「気を取り直してひとつだけ。ポローニュ第5ステージは、またまたメスゲッツ」
洋「まさかメスゲッツさんがステージレースで2勝する日が来るなんて!」
保「もしかしたら、ブレイクするのかしら」

楓「メスゲッツさんが勝利ゲッツ、ですね♪」

P「いまちょっと思い出さないといけないことを抱えながら第6ステージ見つつ挨拶回りしてるとこなので、今日はこれにて。ではでは」

 

橘「『気を取り直してひとつだけ』の矛盾性を指摘する前に終わってしまいました……」