家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

スマホ(の充電器)忘れてカナベラル

 

 

………………

P「スマホの充電器を副業先に忘れてきたー。気付いたときにはもう遅い」
前「アホだ、アホがいるにゃ」
P「返す言葉もない。バッテリーは現在ほぼ満タンなのですが、土日をしのぎ切れるか?否か?」
杏「もうひとつ買えば良いじゃん。予備だと思って」

保「『バルベルデか?否か?』というテーマのもと開催されたフレッシュ・ワロンヌだったけど」
洋「結論から言ってしまえば、『否!』だったね」

P「バルベルデの5連覇6勝目を阻止したのは、アラフィリップ」
保「終わってみれば、またまたクイックステップ
洋「ヒゲを伸ばした甲斐があったねアラフィリップさん!」

P「案の定、モビスターは総攻撃に遭いましたけど、それでもバルベルデは2位を死守」
洋「一時は絶体絶命だったことを考えると、さすが師匠!」

P「そして、ヴァネンデールさんが復活の3位」
保「ウェレンスのために引いてたけど、肝心のウェレンスの脚色が良くなくて、そのまま自分で行ったわね」

P「ニバリは今回も盛り上げてくれましたね」
保「師匠撃破の最大の立役者はニバリと言っても過言ではないかもね」

洋「期待してたダンマーさんが沈んで、調子上がらないマシューズさんが良いところに来てるのがなんか納得いかなーい!」
P「ザッカリンは、30秒遅れの18位。まあまあですか」

洋「ピノさん、アルプス第4ステージでもリーダージャージ防衛!」
保「このステージも下ってゴールだけど、なんとか集団に残れたみたいね」
洋「総攻撃をしのぎ切りったねピノさん」
保「他の選手は攻撃したつもりなかったかも」
洋「そ、それは言わない約束っ!」

P「勝ったのは下りといえばのLLさん」
洋「ちなみに、第2ステージはロペスさん、第3ステージはオコーナーくん」
保「第2ステージを終えたところでアンドローニのイヴァン・ソーサがリーダージャージを獲得したわ」
洋「まだ20歳!彼も注目の若手だね」

P「若手といえば、裏のツアー・オブ・クロアチアで連日上位に来てるカナベラルという選手が注目かなーって」
凛「ふーん。理由は」
P「笑顔…じゃなくて、名前です」
凛「みく、アホがいるよ」
P「はは。ライヘンバッハだって名前で選んだんですし、今さらですけどねー」

保「ジョナサン・カナベラル、いえ、ヨナタン・カナヴェラルかしら。コロンビアの21歳」
洋「チームは、ストロングマン!?聞いたことないですよ!」
P「コロンビアのコンチネンタルですね」

保「クロアチアもなかなか面白いことになってるわね」
P「第1ステージがグアルディーニとのイタリア人スプリンター対決を制したボニファツィオ」
洋「5位にニッツォーロさん!イタリア人スプリンターですよ!」
P「第2ステージがニッポのグロス
洋「ニッツォーロさんが2位!そう来なくっちゃ」
P「第3ステージが37歳ウェーニングとの一騎打ちを制した35歳シウトソウ。リーダージャージもシウトソウが獲得」
洋「ししししシウトソウさん?!ってなりました」
保「新城さんと別府さんもお仕事して存在感を示してるみたいね」
洋「他にも日本人選手が数名出てます。がんばれー!」

『シンデレラガール・ヘビーメタル級』

P「『シンデレラガール・ヘビーメタル級』。タイトル一新、24時間どこでも称号争奪戦!」
周「いっそ他作品に流出しちゃえー」
(ゲーム内投下日 17/4/23)

 

………………

神「『シンデレラガール』の称号が他作品に流出……それはヤバイな」
幸「そんなときのボクですよ!ボクが獲ってしまえば一生 防衛しますから、流出の心配なんてなくなりますよ!フフーン」
凛「うん、そうだね」
幸「そっけなさすぎませんか凛さん」

比「今回ははほんとどうなるんスかね~」
P「デレステ票がどうなるか読めませんしね。私もまだどうするか決めあぐねてます」
幸「えっ、ボクに入れるんじゃないんですか?!」
P「それもアリだけど決定ではない、と申し上げたはずですが」

楓「『アイアンマン・ヘビーメタル級』って、いまだれが持ってるんですか?」
P「えっと、ササダンゴさんでしたっけ。確か、1200何代かの王者だったはずです」
神「せ、1200代だと?なんでそんなことに?!」
菜「アイアンマン・ヘビーメタル級というのは、24時間365日いつでもどこでもだれでも挑戦できるベルトなんです」
楓「そう、だからころころ王者が変わるんです♪」
菜「ころころ変わるもんだから、歴代王者のリストがもうむちゃくちゃです!」
P「他団体の選手はもちろん、レフェリーやら一般人やら芸能人やらデビュー前の練習生やら」
菜「人間どころか、自動車やら脚立やら本やら!」
楓「果ては猫やら焼き鳥やら♪」
前「ね、猫?!なんで猫ちゃんがベルト獲っちゃったの?」
P「ベッドで寝てるベルト保持者の上に飼い猫が乗っかって、フォールとみなされて3カウント入ったんです」
杏「なんじゃそりゃ。じゃあ焼き鳥は?」
楓「焼き鳥食べさせられて、のどが詰まって胸を叩いたらタップとみなされたんです♪」

菜「いっとき海外流出してて、管理してるDDTが状況を把握できてない時期もありました」
凛「管理できてないよね、それ」
楓「そうとも言います♪」
菜「その間にベルトはアメリカインディー界を渡り歩き、日本に帰ってきたときにはレイレイさんやライノさん、それになんとホールさんまでリストに加わっちゃってたんですよねー」

神「なるほどな、とにかくハチャメチャな王座だってことは分かった」
凛「『シンデレラガール・ヘビーメタル級』なんてできちゃったら、アイドル界でそのハチャメチャが再現されちゃうにゃ!」
杏「ていうか、他作品どころかアイドル界そのものから流出する未来しか見えない」

幸「だーかーらー、そんなときのためのボクですよ!大事なことだから二回言っちゃいますけど!プロデューサーさんにはよーく考えた上でボクに投票するという分かり切った結論にたどり着いてもらいますからね!」
P「分かりました。前向きに検討させていただきます」
楓「大人の対応ですね♪」

菜「ちなみに、アイアンマン・ヘビーメタル級には元ネタがあります」
楓「『WWEハードコア王座』ですね。あれも面白かったです♪今は亡きクラッシュさんとか」
P「ハードコア王座は吸収されて無くなったので、今ではオマージュのヘビーメタル級の方が歴史が長くなりました」
楓「ちなみに、『アイアンマンマッチ』という試合形式もあります」
P「それの話は、またいつかしたいです」

 

洋「さあ、フレッシュ・ワロンヌですよー!もう始まってるし、予想予想っ」
保「まず、バルベルデか?否か?ね。私は、否、じゃない方に賭けるわ。バルベルデで」
洋「じゃあじゃあ、ダンマーさんで!」
P「私は、ザッカリンにしておきます」
保「マーティンはともかく、ザッカリンは大勝負ね」

凛「ゴーデュがいるね。どうなの?」
P「良いところに来ても驚きません。こっちで結果残せば、ライヘンと路線が競合しなくて良いかも、なんて」

洋「ピノさん、アルプスでリーダージャージ獲得!」
保「長い長い下りで苦労したみたいだけど、なんとかまとめたみたいね」

春菜「クラリスさんに眼鏡布教!これぞフロンティア!」

春「意を決してあの人に眼鏡布教」
比「誰?」
春「クラリスさん」
(ゲーム内投下日 14/??/??)

 

………………

P「先生、アニメイトのお仕事が入ったとか」
比「そうなんスよ。まさかさんざんお世話になったアニメイトでお仕事することになるなんて、思ってもみなかったっス」
P「ちなみに、眼鏡は無しなんですね」
比「そう、なんスよ。衣装との兼ね合いとか、まあいろいろありまして。春菜ちゃんはおかんむりでしたけど、こればっかりは仕方ないっス」

P「次のイベは ぷちコレ で、上位がシスターですが。シスター的に眼鏡はどうなんですか?」
ク「どうなんですか?と言われましても。質問の意図がよく分かりませんわ」
P「ああ、失礼。忘れて下さい」

比「春菜ちゃんは『瞑目キャラと目隠れキャラは眼鏡界最後のフロンティア』って言ってたっス」
杏「なるほど、よく分からん」
比「アタシも分からないっス」

保「アルデンヌクラシック三連戦第一弾アムステルゴールドレース。勝ったのはヴァルグレン」
P「ガスパロットにしてやられた一昨年の悔しい2位のリベンジ達成」
洋「そのガスパロットさんが3位、クロイツィゲルさんが2位でした」
P「後ろは、例によってサガンマークの牽制合戦」
洋「牽制大王のバルベルデ師匠もいましたし、これで回ったら逆にびっくり!」
保「師匠はともかく、サガンは『別に勝てなくても良いよ』的なスタンスだったみたいね」
P「それでも最後は師匠との競り合いを制して集団先頭を獲るあたりはさすがです」

洋「レース後、ヴァルグレンさんにヴィノクロフ大佐から速攻でお電話が!」
P「インタビュアーの都合なんてお構いなし。さすが大佐」
保「『ビッグ・ボスからだ』って言ってたわね」

P「もうひとつはトロブロレオン。未舗装レースです」
洋「ストラーデビアンケともまたちょっと違った感じですよね」
保「もしかしたら、『ロードレースの原風景』と言えるレースかもしれないわね」

P「そんな“原始のレース”を制したのは、ラポルテ」
洋「さいきん頼りになると評判のラポルテさん!」
保「2位は去年の優勝者ゴーダン」

P「ツアー・オブ・アルプスも今日から。ライヘンバッハがカタルーニャ以来の出走」
凛「ピノもいるね。初日は、10秒差の4位?悪くないんじゃない?」
洋「途中、ライヘンくんがアタックしてピノさんを待つという熱い展開があったみたいです!」
P「ぶっちゃけ不発でしたけどね~」

保「勝ったのは、ビルバオ
洋「2位にLLさんでアスタナのワンツー!だけど、こっちには大佐の電話はなかったみたい」

藍「マストレさんは」珠「スパルタ!」楓「優しさなんて あってねー♪」

藍「マストレさん、厳しいですよね」
珠「スパルタです!」
楓「優しさなんてあってねーようなものです♪」
マス「…高垣、禁酒な」
(ゲーム内投下日 17/12/10)

 

ベテ「今日はレッスン始め」
マス「アイドルをしごけないと欲求不満が溜まって…な?」
トレ「同意を求めないで」
ルキ「引くわー」
(ゲーム内投下日 18/1/5)

 

………………

P「アイドルは上達し、マストレさんは性癖を満たせる。これぞ『WinWin』です」
神「史上最もイヤな『WinWin』だよそれ!」

P「『刑事公演 アンビバレント・バディ 二人はWin-Win』開催中。ウィンウィンといえば、以前どこかで『「ウィーン ガシャ!ウィーン ガシャ!」を使わずにロボットを表現せよ』というお題がありまして」
楓「それなら、『ギギギッガガガッ』ですね♪」
菜「平t…げふんげふん。スーパー・ストロング・マシンさん、お疲れさまでした!」
楓「このブログ的には『上条不等式』の元ネタの人です♪」

P「本日のネタ二つは『上のネタに対する某Pのレスにインスパイアされて出来たのが下のネタ』という関係になっております」

文「…下(しも)のネタ?」
P「下(した)のネタです。単なる位置関係です」
文「…ふふ」
橘「ふふ、じゃないですよ文香さん」

比「その某Pさんのレスはどんなのだったんスか?」
P「マストレさんが『禁酒を言い渡して以来、高垣と顔を合わせるたびに訴えかけるような潤んだ目で見つめてきて正直たまらん』って言う……っていう感じだったと思います」
杏「ははあ、そこからマストレさんが我慢できずに楓さんとなんやかんやで薄い本が厚く」
比「なってたまるかって話っス」
神「むしろ楓さんの方が我慢できずに逆襲に転じて厚くなった薄い本が上下巻に」
比「受け攻めの問題じゃないっス」

幸「あっ、『スパルタ』だから『あってねー』なんですね!いま気付きました」
凛「さすが幸子。勉強家だね」
幸「世界一カワイイ勉強家とはボクのことですよ!」

 

P「明日の皐月賞、1番人気はワグネリアン
浜「母の母ブロードアピールっていうのが良いわね」
P「もしかしたら、買いに行くかもです」
浜「ワグネリアンで勝負?」
P「いえ、それじゃつまらないので、そうですね……個人的にはスリーヘリオスが面白いです」
浜「スリーヘリオス?ああ、母がラビアンローズだから?」
P「はい。ただ、最低人気なんですよね……」

文「…ワグネリアンワーグナーの熱狂的な信奉者のこと、だったでしょうか」
菜「ワグネリアンと聞いて『史上最強』を思い出したのは菜々だけじゃないはずです」
P「私もです」

CGプロ自転車部選手名鑑036(輿水幸子)

輿水幸子
自称“山岳の天使”。大雨・吹雪・猛暑など悪条件下の消耗戦で異様な強さを見せる。人呼んで“半泣き天使”。
(ゲーム内投下日 17/9/17)

 

………………

幸『プロデューサーさん、風除けになってください』
([自称・傾国の美女]輿水幸子より)

 

洋「今回のツアーの保奈美ちゃんは新境地だね」
比「ベタベタというか、コテコテというか、いかにもな女社長役っスね」

夏「てか、保奈美さんも『お母さんみたい』って言われてるのか」
P「海さん菜帆さん菜々さんに続く新たな『おかん』枠は保奈美さんでしたか」
菜「ちょっ、さりげなく菜々を混ぜないでください!菜々は『お姉ちゃん』枠ですから!」

保「とりあえず、役のインパクトは残せてるみたいでなによりだわ」

凛「フレデリカに続いて幸子も『風除け』発言?」
P「そうなんですよ。さっちゃんにはロードよりシクロクロスだと思うんですけどねー」
保「シクロだと風除けはほとんど関係ないわね。残念」

幸「『山岳の天使』?山が得意な、クライマー?でしたっけ。ボクはそういう設定なんですね」
P「まあ、そうです」
幸「ほかのみんなはひいひい言ってるのに、ボクひとりだけが天使のように軽やかに山を駆け上がっていくんですね!良いじゃないですか。気に入りましたよ♪」
P「まあ、それでも良いんですけど」
幸「なんか歯切れが悪いですね。なにが言いたいんですか」
P「いや、イメージはむしろ『みんなが死にそうになってぜいぜい言ってるなかを、ひとりだけひいひい言いながら涙目で駆け上がっていく』だったもので」
幸「な、なんですかそれ!?泥仕合向きってことですか?」
P「まあ、そんな感じです」

保「『山岳の天使』。シャルリー・ゴールね」
P「はい。もちろん、記録上でしか知らない選手ですけど」
洋「1950年代から60年代の選手ですよね。アンクティルとかバーモンテスとか、そのへんですかね」

凛「単純な登坂力勝負だと平凡だけど、悪条件下の消耗戦でこそ真価を発揮する……それはそれでカッコいいんじゃない?」
幸「そ、そうかもしれませんけど!でも、“半泣き”じゃカッコつかないじゃないですか~」
P「『輿水幸子は“泣き”が入ってからが強い』って、ライバルの間でもファンの間でも語り草になるんです。悪くないと思うんですけどねえ」
洋「某クリノートの人も『半泣きキター』って実況してくれるよ!」
幸「それってつまりけっきょくはネタ系の選手じゃないですか~」
P「『感動の涙』はフジリナでやっちゃいましたからねえ」
幸「くっ、天使なボクも菩薩な里奈さんには勝てませんでしたか……」

凛「たまに、笑いながら上っていく選手がいるよね」
保「あれは、笑ってるように見えるだけで、実際は苦しくて顔をしかめてるんだと思うわよ」

人死にをネタにするのはどうか

文「肩甲骨は翼の名残り。つまり」
か「肩甲骨だけ洗えと?」
(ゲーム内投下日 14/??/??)

 

………………

文「…『肩胛骨は翼のなごり』」
P「タイトルはカッコいいんですけどねえ……」
比「中身はあんまりかんばしくなかった系っスか」
P「個人的にはね」

保「ブラバンツ・ペイル。フランドルクラシックとアルデンヌクラシックをつなぐレースといったところかしら」
P「スタート前にパリ~ルーベで亡くなったホーラールツへの黙とう。そしてレースは、ホーラールツのチームメイト デボンのアタックで幕を開け……」
洋「勝ったのは、ウェレンスさんでした」
保「7キロ独走逃げ切り。ウェレンス得意のレース、得意のパターンね」
P「雨は降ってませんでしたけど」
洋「最後は天を指さしての静かなゴールでした」

 

P「やっぱり、人死にをネタにするのはどうかと思うんです。人として」

比「なんスか急に」
橘「プロデューサーさんのこれまでの言動の傾向に照らし合わせると、これは具体的な事象を踏まえた発言だと思われます」
杏「ふむ。つまり、最近 誰かの訃報をネタにしようとしたけど思い止まって、その上でのしたり顔発言ってことかな」

P「相変わらず分析が容赦ないですね。まあ、確かにそのとおりなんですけど。でも、別にしたり顔はしてなかったんじゃないですかねえ……」

文「…どなたの訃報をネタにしようとされたのですか?」
P「それは、さすがに言うわけにはまいりませんでしょう」
文「…せめて、ヒントを」
P「……仕方ないふみふみさんですね。杏さんが言われたとおり、ごく最近の訃報です」
橘「それだけでかなり絞られますね」

P「大サービスでもうひとつ。さっちゃん」
幸「な、なんですか?この流れで、なんでボク?」
P「今日未明、念願の[自称・天使]特訓後を手に入れましてね」
幸「へえ、そうなんですか。あれは、ボクとしてはあまり思い出したくない系のお仕事なんですけど……でも、自分で言うのもなんですけど、お高かったんじゃないですか?」
橘「特訓前がスタドリ1500でした」
P「それより、さらにぐんとお高かったです。さすがさっちゃん」
幸「そうでしょうそうでしょう、さすがボク!それをお迎えしたプロデューサーさんも、さすがプロデューサーさんってことにしてあげます!」
P「そりゃどうも。ちなみに、1500で特訓前をお迎えしたときは、当のさっちゃんに『アホですか』って言われました。覚えてますか」
幸「わ、忘れて下さいそんな昔のことは!」
P「忘れます」

杏「で、いまのやり取りのどの辺がヒント?」
P「[自称・天使]のさっちゃんはどんな状態でしたか?これがヒントです」

凛「ねえ」
P「はい?」
凛「これってもう、その人の訃報をネタにしちゃったも同然なんじゃない?」
P「な、名前出してませんし、セーフかなーって」

パヴェはスリル・ショック・サスペンション

P「台湾で虹色橋、ルーベでアルカンシェル。からの、二次元大好き荒木先生お誕生日おめでとう!」
比「なんかひどくないっスか」
(ゲーム内投下日 18/4/9)

 

………………

『パヴェはスリル・ショック・サスペンション』

 

P「まずは、荒木先生お誕生日おめでとうございます。ございました」
比「どもっス。確かに二次元は大好きでスけどね~」
P「そのへんはまあ、言葉の綾瀬さんですから」
比「穂乃香ちゃん関係ないっス」

P「このタイミングでさっちゃんガチャ。これは、回さざるを得ません。そして今回もさっちゃんに全ツッパでも良いかも」
幸「さっすがプロデューサーさん!実に正しい行動です!ボクが見込んだだけありますねー」
P「いつ見込まれたんですかね。あと、決定じゃないので悪しからず」

楓「ナカムラさんレッスルマニアでヒールターン♪」
菜「アスカさんは連勝ストップ。どちらも、そう来たかーって感じですねー」

凛「で、なんで2日も休んでたの?」
P「体調不良です。咳がひどかったりなんかして。いやほんとに。病院も行きましたからね、今回のこれはマジもんです」
凛「別に疑ってるわけじゃないから」

保「パリ~ルーベは、ついにサガンが勝ったわね」
P「“狼の群れ”を“キング”が蹴散らした、というところですか」
洋「ステムのボトルが緩むアクシデントもあったけど、自分で走りながら締めなおして、なんのそのでしたね!」
凛「走りながら着替えてる選手もいたね。やっぱりプロはすごいよ」
保「サガンの自転車には実際にサスペンションが使われてたみたいね」
洋「あとは、なんといってもディリエさん!漢の走りでした!」

P「その裏で、落車したホーラールツが亡くなるという悲しい事故も。落車時の怪我のせいではなく、心臓発作だったみたいですけど」
保「一時は蘇生したっていう情報もあったけど、誤報だったみたいね」
洋「まだ23歳だったのにっ……」