家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ノートを買ってきた話

 

 

………………

P「じゃんっ。どうですか」
杏「ちひろさんのかわいさには程遠く、ちひろさんの凄みにも程遠い『じゃんっ』だね」
P「『じゃんっ』の評論じゃなくてですね、どうですか、このノート。ちょっと高いやつ買っちゃいました」
神「へえ、プロデューサーさんにしてはオサレなノートだな」
P「実は私、ノートとかメモ帳とかその類いが大好きでして、以前は使いもしないのによく買ってたんですよ。近年は自重していたのですが、今日たまたまちょっと高級っぽい文房具屋の前を通りかかって、思わず買っちゃいました」
杏「良いね。そういう毒にも薬にもならない話、大好きだよ」

P「今回のこのノートはちゃんと使い道があるんです」
浜「ふつうは使い道を決めてから買うもじゃないかしら、ノートなんて」
P「ほら、この部屋ってメモだらけでしょう?」
夏「この部屋……アタシたちはいちおう、プロダクションの小洒落た事務所で駄弁ってるって設定なんだが……確かに机の上やら机の下やら、そこらじゅうメモだらけなんだよな」
浜「せっかくの『小洒落た事務所』設定を台無しにしてるわよね」
菜「“メモ”ってひとことで言ってますけど……ちゃんとしたメモ帳だけじゃなくて、本屋でつけてくれるブックカバーとか、空き封筒とか、よくわからない紙の切れ端とか、とにかく広義の“メモ書き”がバラマキクイズ状態です」
橘「どのメモにも何か文字が書かれてます。でも、ろくに読めないものばかりです」
P「自分でもなんて書いてるのか分からないものが多いのですが……それらはすべて、私が思い付いたことを書き殴ったメモ群です」
凛「うん、そんなところだろうと思ってたよ」

文「…『死刑囚が刑務所図書館で刑の執行を待ちながら紙切れや本の余白に書き連ねた文章』…という設定の長編小説がありましたね」
P「『ホーカス・ポーカス』ですかね」

夏「……捨てろよもう。読めないんなら」
P「そう、私もいいかげん捨てたいんです。でも、もしかしたら使えるネタがあるかもしれないじゃないですか。だから捨てられずにいるんです。いたんです。でも」
凛「でも、何?」
P「このノートを買ってきたからにはもう安心。メモに書かれていることをノートに写していけばいいんです。そうすれば、もうメモは不要。捨てても問題のないただの紙切れと化すという仕掛けです」
夏「なるほど、分かった。ぜひ頑張ってくれ」

楓「あ、『ホーカス・ポーカス』と『ほかす』が掛かってるんですね♪」
橘「プロデューサーさんの反応を見るに……狙ったものではなさそうです」

P「某大型書店に数年ぶりに行ってきました。以前はほとんど週一で通っていた店なんですが……なんか圧倒されましたね。だって、本がいっぱいあるんです」
夏「当然だろ、本屋に本がいっぱいなのは」
P「そう、当然なんです。当然なんですけど、その当然の事実に何故か圧倒されてしまいました。棚の配置も変わってなくて、どこがどの出版社とかほぼすべて記憶のままで……なんかこう、また来なきゃって思わせられました。そして、もっと本を読まなきゃと思わせられました」
文「…それは、良いことなのでしょうね。ただ、数年間その書店に行っていなかったというのは、大減点です」

P「平日に街をぶらつくほど楽しいことはありません」
杏「前にも言ってたね」
P「ただ、近年は平日休みにぶらつく元気もなかなか出ないという」
夏「なんかもう、末期のナニかじゃないか?」
文「…大型書店を疎かにしていたのも、そのナニかのせいですか」

P「ただ、本日はお盆休み最後の日ということで、がんばってぶらついてきました」
杏「がんばってぶらつくって、矛盾してるような」
比『がんばってぶらついてたどり着いたのが、数年ぶりの大型書店ってことっスね』
P「ちょっと違いますけど、それでいいです」
夏「ここまでだらだら書いといて、急に説明がめんどくさくなりやがったな……」
P「……その、つまり、大型書店に行くというのは明確な目的だったんです。だから、書店までは直行しました。がんばってぶらついたのは、書店を出たあとです。で、ノートを買った文房具屋を経由して、最終的にたどり着いた先は、デパートの食料品街でした」
夏「うん、見事なまでになくても良い説明だったな。わざわざ説明させて悪かった」

P「夏コミ用にわざわざ『現地からの挨拶ネタ』を考えたのに、無駄になりました」
杏「冬コミに回せば?」
夏「だな。冬は暑くないからな、イケるだろ?リベンジだ」
P「そうですね、暑いよりは寒い方が得意なので、要検討ですね。ネタは忘れないように、買ってきたノートに書いておきます」

橘「今日の話をまとめると、『ノートを買ってきた』ということですね」
P「……そうですね。言われてみれば、それだけです」
比『「ドラマチックガス」の効き目が切れた、みたいなオチっスね』

競泳水着TBS

 

 

………………

P「『トークバトルショー パイレーツSP』スタート。別名“競泳水着TBS”で良いですよね」
杏「競泳水着仲間が増えたよ奈緒ちゃん」
神「やったね。じゃなくて!まあ、道連れ…ごほん、仲間が増えるのは良いことだ」
文「…みんなで着れば恥ずかしくない、の精神ですね」
神「ただ、みんな競泳水着なのは特訓前なんだよ。つまり、衣装として競泳水着なのは相変わらずアタシだけという見方も……」

P「ユリユリ、いつきちさん、千奈美さんと、うちのレギュラー陣の盟友が揃ってますが。さて」

比『ユリユリがなんかけしからんっス』
浜「あの娘、ああ見えて意外と堂々とあざといわよね」

P「千奈美さんは、ああ見えて意外とお上品なところがありますよね」
浜「つまりワタシは品が無いって言いたいのかしら」
P「いや、そういうわけじゃないですけど……」
浜「別に良いのよ?気を使わなくても。久美子は見たまんまだけど、千奈美もあんがい育ちが良いもの。そこいくとワタシなんて……」
P「あ、あの、愛結奈さん?」
比『ああ、これは僻みキャラを引きずってるっスね』

洋「えっとえっと、いつきちゃんは?いつきちゃんにも何かひとこと」
P「そうですね、さすが競泳水着がいちばん堂に入ってるのがいつきちさんですね」
神「そうだな。特訓後の海賊もいちばん様になってる気がする」

保「特訓後が海賊。そしてバンダナ……」
P「ああ、それ以上はいけません。そのネタはゲーム内で使うかもしれないで」
保「あらそうなの。残念」

神「あ、そうか。プロデューサーさん最愛の柑奈さんも海賊仲間が増えたことになるな」
P「そうですね。これは、新ユニットが来る予感です」
洋「海賊公演がらみのユニットって、これまでなかったの?」
P「確か……美紗希さんとのユニットがありました。あったはず、です。唯ちゃんや志乃さんとはなかった、はずです」

P「夏コミ、行けず」夏樹「行かず、だろ」

P「夢を、見ていた…アイドルをプロデュースする夢を…」
比「目を覚ますっス!そして手を動かす!」
由(絶賛修羅場中だじぇ…)
(ゲーム内投下日 17/8/2)

 

………………

P「夏コミ終了。ライブもあったんですか。参加された方々はお疲れさまでした。先生とユリユリもお疲れさまでした。私は疲れてませんけど」
神「そりゃどっちも参加してないからな」

P「案の定というべきか、無理でしたね。東京まで行けませんでした」
橘「その言い方だと、出発はしたけど途中で力尽きた、みたいなニュアンスに聞こえます」
P「家は出たんですけど、近所のスーパーで諦めました」
文「…それは、最初からただの買い物なのでは」

杏「で、なんで行けなかったの?急用入った?副業休めなかった?」
P「急用なんて生まれてこのかた入ったためしがないですし、副業も絶賛お盆休み中です。日数少ないですけど。夏コミは、純然たるやる気の問題で断念しました」
夏「いちばんダメなパターンじゃねーかよ」
P「だって、『コミケ行くかも』宣言からこっちめっきり暑くなったもんですから。もうね、なつきちさんのセリフの頭の『夏』という一文字を打つのも嫌になるぐらい暑さなんですよ大阪は」
夏「暑いのは大阪だけじゃねーよ。というか、わざわざアタシを出さなくても良いんだぜ?そんなに好きかよアタシが。なんてな」
P「好きですけど?」
夏「お、おう、そうか……」

P「なんか、いちばんしっくりくるツッコミがなつきちさんのツッコミなんですよ」
夏「後継者の育成が急務だな……」

P「ビンクバンクツアー第5ステージ。アップダウンが連続する“ミニ・アムステルゴールド・レース”を制したのは、ボーム」
保「ファンマルクがアタック→失敗→ボームがカウンターアタック→逃げ切り、という流れが美しかったわね」
P「集団先頭を取ったサガン弟が2位、ヴァンアーベルマートが3位」
洋「かつての定位置ですねー」

P「元シクロクロス世界王者ラース・ボーム。これが3年とひと月ぶりの勝利
洋「3年前……ああ、ツール第5ステージ!“雨のパリ~ルーベ”と化したあのステージですね」
保「フルームが落車してリタイアした悪夢のステージね」
P「ボームといえばいまだにあのときの泥だらけのイメージが強いです」

凛「ボームさん、ものすごい顔でガッツポーズしてた。前輪持ち上げてガタン!ってやってたし」
P「3年ぶりの勝利ですし、いろいろ胸に去来するものがあったんでしょう」
保「インタビューで『怒りと喜びが入り混じった』と語ってるわね」
洋「あ、でも、3年前のあのときもけっこうすごい顔でゴールしてた記憶がありますよ」
保「ツールのとき『ボドナールの笑顔を見たことがない』って話が出てたけど、ボームも笑わないイメージね」

P「ビンクバンクツアー第6ステージ。この日のコースは“ミニ・リエージュ~バストーニュ~リエージュ”。そして、雨」
洋「雨といえばこの人!」
凛「ティム・ウェレンスだっけ。雨の日に独走すると強い人。ロードレーサー奈緒のモデルの人
P「そう、そのウェレンスが逃げ切りました。雨の日の勲章がまたひとつ。今回は独走ではなく、トム・デュムランとの二人旅でしたけど」
保「最初はサガン弟と抜け出したけど、弟はパンクで脱落。後ろからひとりで追い付いてきたのがデュムラン。追走集団は弟がいるから回らない、ペース上がらず弟イライラ、前は逃げ切り確定。という、わりとよく見る展開ね」
洋「二人になってからはウェレンスさんが8割がた引いてましたし、実質独走勝利です!」
P「8割がた後ろだったデュムランがどうするか見ものでしたが、そのままでした」
洋「あれで差してたら、顰蹙ものでしたねー」
P「インタビューによれば『食らいつくのに精いっぱいだった』とのこと」

保「結果、デュムランが総合1位、4秒差でウェレンスが2位。この二人に絞られた感じね」
洋「最終第7ステージは“ミニ・ロンド・ファン・フラーンデレン”です!」

P「実はウェレンスは、14年15年とこのレースで2回総合優勝を果たしています」
凛「へえ、相性が良いんだね」
保「そもそも、14年のこのレースがプロ初勝利よね。そのまま総合も制して、一躍その名を知らしめたのよね」
洋「今年のツールのリタイアで男を上げましたし、もっといろんなところで活躍が見たい選手のひとりです!」
神「リタイアで男を上げたって、どういうことだ?」
保「その件はまた今度みたいよ?」

P「ノルウェー第3ステージ。勝ったのはオーガストヤンセン
橘「オーガスト。8月ですか。面白い名前ですね」
文「…日本で言うと、葉月さん?」

P「2位にディラン・テウンスが入り、リーダージャージをキープ。このレースのリーダージャージのデザインがなかなかイカしてるんですがそれは置いといて」
凛「置いとくんだ。これも『また今度』?」
P「来年かもです。3位がコフィディスのドリアン・ゴダン。初めて聞く名前なんですけど、なんかダミアン・ゴーダンの偽物くさい名前だと思いませんか?メディアによっては『ダミアン・ゴダン』とも表記されるので、なおさら」
橘「確かに、韻を踏んでますね。ちょっと人の名前遊びすぎな気はしますけど」

保「ドリアン・ゴダンは21歳のプロ1年目」
洋「またひとり注目株だね」

P「ツール・ド・ラン最終第4ステージ。勝ったのはジェニエ」
凛「ピノさんも同タイムの2位で、総合優勝だね」
洋「ゴーデュくんも7秒遅れにまとめて総合2位。エースとルーキーのワンツーです!」
保「FDJの未来は明るいわね」
P「ライヘンもぜひしがみ付いてほしいところ」
橘「滝から落ちないように、ですね」

夏樹「北枕はロックじゃない」

木村夏樹の超小噺
「アタシ、こう見えて『北枕』とかは絶対にしないんだぜ。だって、なんか、イヤだろそういうの」
(ゲーム内投下日 17/7/17)

 

………………

橘「最初に言っておきます。今日の記事は書き溜めていたストックです」

 

P「[ベニトアイトロンギング]って、マイナー生物の名前みたいだなーって」
杏「ロイコクロリディウム的な」
P「そうですそうです」

菜「『あの前髪は寝ぐせ』って言ってましたね夏樹ちゃん。冗談でしたけど」
楓「だりーなちゃんは見事に騙されてましたよ」

夏「『北枕』すると、次の朝なぜかセットが決まらないんだよな~」
橘「それも冗談、ですよね」
夏「ああ冗談だ。でも、『北枕』とか『夜爪』とか『朝蜘』とか、この前の『土用丑の日』とか、そういう文化は大事にしても罰は当たらないと思うぜ?」
菜「ロッカーの言葉とは思えませんねー」
夏「別に『ロック=伝統の破壊』じゃないからな」

P「『キタマクラ』っていうフグがいますね。私は『タコノマクラ』の方が好きですけど」
橘「ヒトデですね。好きなんですか?ヒトデとかクラゲとか」
P「わりと好きです。どうもね、意思の感じられない生物が好きみたいで。顔のないやつ」

楓「のっぺらぼうだ~♪のっぺらぼうだ~♪」

菜「ちょっ、突然の空耳はやめて下さい楓さん!」
夏「しかもやたら良い声。さすが歌姫」

P「私、虫は大嫌いなんですけど、それはもしかしたら、虫は『顔があるのに意思が感じられないから』かもしれません」
橘「なるほど、興味深い分析です」

P「ちなみに、テントウムシだけはわりと平気なんですよね」
杏「さてはプロデューサー、テントウムシの冬眠 見たこと無いでしょ?あれ見たら絶対そんなこと言えないからね」
P「お、押忍……ついでに、蝉は『やかましい!』というだけで嫌悪感は薄いですね」
橘「それは、何故でしょう?」
P「うーん、屋外限定の虫だからかもしれません。家の中には出ないという安心感があるのかも」

初勝利、99勝目、やらかして勝利、3年ぶり勝利

 

 

………………

P「速報。ツール・ド・ラン第4ステージ、FDJのダヴィド・ゴーデュがプロ初勝利
洋「来ましたねー、期待の眼鏡ゴーデュくん!」
P「我らがライヘンバッハの立場がますます無くなっていきますねえ」

保「待って。ゴーデュくん初勝利は良いんだけど、同タイムの2位にピノなのよね」
凛「え。エースのピノさんが後ろなの?」
P「3位は55秒離れてジェニエ、ですから……」
保「2人で抜け出して、逃げ切り確定したから、最後はピノが譲った……というところかしら」
洋「うん、そんなところだね。不穏じゃない。ぜんぜん不穏じゃないよ?」

P「アークティック・レース・オブ・ノルウェー開幕。第1ステージを制したのはテウンス。……ディランの方ね」
保「ワロニー、ポローニュと連続総合優勝中のテウンス。ここも幸先良いわね」
P「今年後半に入ってからの覚醒っぷりが、まるでタマモクロス
洋「完全に勝ち方を覚えちゃった感じですかねー」

P「ビンクバンクツアー第3ステージはサガン弟。これでプロ通算99勝目」
保「弟は今年27歳。これは、かなりのハイペースね」
洋「スプリンターは稼げるから。というか、スプリンターはステージを勝つのが仕事だから」

P「現役で100勝以上している選手は、カベンディッシュとグライペル、そしてバルベルデ
洋「カヴとゴリラさんはスプリンターですね」
保「総合系として100勝してるバルベルデのすごさが際立つわね」
P「そんな師匠の100勝も、何割かは総合系としては破格のスプリント力の賜物ですし」
洋「スプリント力、というより決定力があるのは強みですねー」

P「スプリンターといえば、ツール・ド・ランの第3ステージでブアニが久々の勝利を飾ったのですが……どうやら、またやらかしたらしいんです」
洋「横から上がってきた選手にヒジ入れて落車させちゃったみたいですね」
保「それなのに、お咎めなしみたいね」
凛「え、なんで?」
洋「よくわからないけど、フランスのレースだから、かなあ……」

P「ビンクバンクツアー第4ステージが、エドワード・テウンス」
凛「『TEUNS』と『THEUNS』が同日揃い踏みだね」
保「どちらも『テウンス』表記で良いのかしら……」

P「ついでに、ポルトガル第6ステージ。地元のソーサが勝利
洋「自動車のラリーで使うダートコースが組み込まれたステージだったみたいです。ソーサさんはそのダートコースでアタックを決めてそのまま独走で勝ったみたいですけど……はっきり言って、知らない選手ですごめんなさい」
保「今年41歳のベテランで、これが約3年ぶりの勝利みたいね」

アイドルのフィニッシャー、78人目(鷹富士茄子)

P「茄子さんの餅つき式パワーボム!からのタカフジ・ドリラー!」
茄「あけおめ代わりの謹賀新年垂直落下♪食らってみますか?」
(ゲーム内投下日 17/1/1)

 

………………

P「実は、[あやかし京娘+]よりお高いアイドルもひとりお迎えしてまして」
神「スタ900より高いとなると……4ケタか」
P「はい。これがこれまででいちばん高いフリトレお迎えです。4ケタの取り引きは確か2回目。ちなみに、本日はネタのために『[インスペクトコンコルディア]高峯のあ+』をお迎え」

楓「餅つき式パワーボムの元祖は、ランス・ストームさんでしたっけ」
菜「ジェリコさんの盟友ですね。だからでしょうか、ジェリコさんも若いころはけっこう餅つき式やってました」

P「ストームは、とてもとても良い選手でした。地味でしたけど」
菜「何でもできる選手でしたねー。地味でしたけど」
P「テクニックに関しては、盟友ジェリコと並んで歴代でもトップクラスだと思います」
楓「ただ、悲しいほど華が無かったですね」
P「いわゆる『玄人好み』のするタイプ。カナダ人ということで、フィニッシャーが『カナディアン・メイプルリーフ』っていう技だったんですけど」
文「…名前は、かっこいいですね」
P「どんな技かというと、ぶっちゃけ『逆片エビ固め』です。わかります?」
橘「わかります。ルキトレさんのときに勉強しました」
楓「地味、げふん…オーソドックスな技をフィニッシャーに出来るのは上手い証拠です♪」
菜「相手の股をくぐりつつ足を刈って、後ろ回りで背中に乗って足を極める一連の動作は超美しかったです!冗談抜きで真剣に」

楓「あ、“ジャパニーズ・メイプルリーフ”高垣楓です♪」
橘「確かにメイプルリーフはカエデですけど」
P「楓さんのフィニッシャーをメイプルリーフにしようかと思ったこともありましたけど、最終的には止めました」
文「…地味すぎて、ですか?」
P「いえ、楓さん後転できなさそうなので」
楓「まあ、失礼♪」

菜「SSDを初めて見たときの衝撃ときたらもう!」
P「ドリラー系の元祖ですね。あれは、いま見ても激ヤバです」
楓「まさに『血も涙もない』技ですね♪」
菜「菜々は本気で『馳さん死んだ!』って思いましたから!冗談抜きで真剣に」

P「言い忘れましたけど、『冗談抜きで真剣に』というのはストームの決めゼリフです」
楓「このワードを口にした瞬間、邪魔が入って最後まで言わせてもらえない……というのがWWF時代のストームさんのお約束ムーブでした♪」
文「…なんとも切ないお約束ですね」

菜「先日、馳先生の一夜限りの復帰戦がありましたね。若い!若すぎます先生!」
楓「ジャイアントスイングもばっちり ぐるぐる でした♪」
P「回されたのがカブキってのがまた」
菜「TNTなんて超懐かしい名前も!」
楓「あ、リナぽよちゃんのフィニッシャージャイアントスイングでしたね」

菜「若いといえば、永田さんのあのコンディションはなんなんですか?もう50ですよ」
楓「化け物を通り越して、神々しさすら感じますね♪」

P「『ウルティモ・ドラゴン&安良岡&ミステリオ&ストーム VS 外道&ライオン道&ライガー&フベントゥ・ゲレーラ』という動画を見つけました」
楓「わあ、名前を聞くだけで酔っちゃいそうです♪」
P「あと、ジェリコ&スコット・スタイナー VS ストーム&RVDという試合も」
菜「そっちは別の意味で、わあ…ってなるマッチメイクですね」

ホットシートで読書開始!

文「…狐死して丘にしゅしゅ…首す。故郷を思う気持ち、です」
周(噛んだね)
橘(噛みましたね)
フレ(噛んだ噛んだ♪)
(ゲーム内投下日 17/7/7)

 

………………

P「『[あやかし京娘]塩見周子+』をスタ900でお迎え。先月か先々月の話です」
神「奮発したな。まあ、課金してりゃスタドリには困らないか」
P「それでも高額お迎えはいまだにドキドキします。で、お迎えしたからにはなにか考えないと、ということで捻り出したのが、今日のこれ↑」
橘「周子さんより、むしろ文香さんがメインですね」

文「…『狐死して丘に首す』。言えました。どや」
神「どや言うな」

凛「文香、いま『首(しゅ)す』じゃなくて『首(かしら)す』って言ったよね」
P「そういう読み方もあるらしいです」

文「…実家を追い出されてアイドルになった周子さんの心情に通ずる言葉、と言えなくもない…かもしれません」
橘「なるほど。単なる“狐”つながりじゃないんですね」
神「プロデューサー名物『無駄に芸細(こま)』だ」

P「ビンクバンクツアー第2ステージ。9キロの個人タイムトライアル。ただし、雨。狐の嫁入りどころじゃない、大雨でした」
保「路面はつるつる、そのうえ道幅は狭く……ツールの初日を彷彿とさせたわね」
洋「しかも、時間が経つほど雨はどんどんひどくなっていって、後半組はほとんど勝負になりませんでしたね~」

保「けっきょく10番手スタートのキュンクが叩き出したトップタイムを誰も上回れなかったわ」

P「ホットシートに鎮座し、戦況を眺めるキュンク。そして次の瞬間、驚きの光景が」
洋「おもむろに本を取り出し、ニヤニヤしながら読み始めるキュンクくん!」
P「ホットシートで読書開始ィ!」

保「あれって、わざわざそのために仕込んでたのかしら」
P「実のところ、ろくに『戦況を眺めて』なかった模様。上の記述はお詫びして訂正いたします」

洋「表彰式を待つあいだとかにスマホいじってる選手も多いですね」
P「レース後、速攻でツイートしたりSNSを更新する選手もいますからねえ」

保「そもそもツイッターの普及には、某大物自転車選手の影響が大だったらしいわね」

文「…きゅ、きゅんきゅきゅん…きゅんくきゅん…きゅん…」
神「言えてない言えてない」