家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

佐久間ままま

P「まゆに子供が生まれたら…佐久間ママ。略して“ままま”か…ふむ…」
桃華「先ほどからナニをひとりで ぶつぶつ と」
(ゲーム内投下日 17/8/17)

 

………………

P「風邪引いたーん再び。たぶんこの冬2回目の風邪引き」

文「…Lippsを呼びましょうか」
P「やめて」

橘「申し訳程度の周子さん要素を検出しました」
P「しゅーこはん、誕生日おめでとうございます。しかし、この年になって風邪引くと、身体より心にダメージが来ますわ」
菜「年齢は関係あるんですか、それ」
P「無性に誰かにすがりつきたい気分になるんです。どこかにあまえちゃんはいないですかね」
神「あのさぁ、プロデューサーさん。アンタいろいろとアレな人ではあるけどさ、小学生にすがりつく姿だけは見たくないなーアタシ」
凛「うん。いろいろアレなところはあるけど、ロリコンじゃなかったはずだよね」
P「まあいちおう自分はロリコンではないと認識しております」
杏「ちゃまPではあるけどね」
P「担当なんて便宜上のものです。我が最愛は有浦ちゃんですし、帰依対象はフジリナです」
夏「おい、ある意味ロリコン宣言以上の問題発言が聞こえた気がするんだが」

神「ともかく、小学生に母性を求めるのはまずいぞ」
杏「うんうん、タイミング的にも藪蛇になりかねないしね」

P「では、ぐっと年齢を上げて、女子高生なら?」
神「まずいに決まってるだろ!てか、『ぐっと』ってほど年齢上がってないじゃないかよ!そこもまだ未成年ゾーンだ!」

凛「小学生ならともかく、女子高生にすがりついても問題にならない方法があるよ」

夏「おおっと、三代目がまたおかしなこと言いだしたぞ」
P「凛さん、その方法とやら、拝聴いたしましょう」

凛「うん。つまり、すがりつく方も女子高生なら、問題ないよね」

夏「ちょっと理解が追い付かないな。いや、無理に理解しなくても良いよな、これ」
神「凛、言っとくけどこのプロデューサーさんは女子高生じゃないからな?『モバP=JK』って定番ネタだけどさ」
凛「そんなことわかってるよ。だからさ、プロデューサーのことは置いといて……本物の女子高生なら、本物の女子高生にすがりついても問題ないよね、ってこと」
神「そりゃまあ、問題はない……はずだ。ない、よな?」
凛「ないよ。だから、例えば……私がまゆにすがりついても、問題にはならない。私もまゆも本物の女子高生だし」
杏「なにが『例えば……』なんだか。つーまーりー、けっきょくそれがやりたかっただけかー」
神「はいはい凛まゆ凛まゆ、だな」

凛「よし、承認も得られたことだし。行くよ、ままま。受け止めて」

ま「だ、だれが“ままま”ですか。もうっ。まゆのこと変な呼び方する凛ちゃんになんて指一本触らせてあげませんからねーだ」
凛「ええ、そんなぁ」

 

杏「ちゃんちゃん」
神「しかし、周子の誕生日なのにけっきょく『凛まゆ』の日とか……アタシがキュウコンなら呪ってるとこだ」

楓「シンデレラガールズは驀進します♪」

「点と点を繋いで線にするのがアイドルです。7年目も、高垣楓シンデレラガールズは驀進します♪」
(六代目、締めのお言葉)
(ゲーム内投下日 17/12/9)

 

………………

楓「[ナチュラルボーン駄洒落マスター]高垣楓です♪」

 

凛「ちゃんと[自称]を付けなきゃ駄目だよ楓さん。幸子みたいにさ」
菜「楓さんにそんなこと言えるのは三代目さんだけですねー」

幸「ちなみに、ボクの肩書の[自称]はボクが自分で付けてるわけじゃありませんからね?!」

P「言い忘れてましたけど、アニバお疲れ様でした。からの、スパロボコラボ開始」
神「しんみりする間もないな。てか、なんなんだこの力の入れようは?!」
P「スパロボはほとんど知らない私にすら力の入れ方が半端ないことだけは分かる今回のコラボ。おかげでなんだか無性に楽しいです。あと、上位のあーちゃんかわいい。超かわいい」
凛「軍服って、良いよね」

橘「気付いたことがあります。前々回の『長考』と『秒読み』。前回の『件』。この三つのワードは、羽生さんの永世七冠のニュースに触発されて申し訳程度に紛れ込ませた将棋要素ですね?」
杏「『件』は『九段』か」

P「いやいや、そういうことする場合はもうちょっとしっかりやりますよ」
橘「そうですか。つまり、たまたまだと」
P「いやいや、蛸島先生引退のニュースに触発されて入れたワードではありますから。たまたまではないです」
橘「あ、あまのじゃくがいます文香さん!」

文「…『件』の次は『天邪鬼』ですか」
P「文香さんは『文車妖妃』ですかね」
文「…それ、たまに言われます。本当に」
P「失礼ですが、怨念とかすごく似合いそうな外見をされていますので」
文「…そ、そんな風に見られていたんですか」

大予言・紗南が喋る日

P「スパロボコラボで三好ちゃんにサプボ……あるで」
乃「予言者気取り、ですか」
心「外れたときは、笑ってやってね☆」
(ゲーム内投下日 17/12/7)

 

………………

P「明日からのスパロボとのコラボで、三好の紗南ちゃんにサプライズボイス。来ますよこれ」
杏「よし、笑う準備は万端だ」

比「こういうのは言ったもの勝ちっスよね」
夏「ああ。当たれば『すげー!』だし、外れても笑いになるし、どっちに転んでも損しないな」

文「…もしその予言が的中したら、『件(くだん)』という二つ名を名乗っても良いですよ」
P「『“件”の朱子』……カッコいいんだかよくないんだか、よく分からないですね」
神「『件P』とかなら、わりと悪くないと思うけど」

 

P「というわけで、今日は取り急ぎそれだけ」

6周年アニバの締めの言葉を考えつつ

 

 

………………

P「6周年アニバも明日でおしまい。楓さんに言わせる締めの言葉を考えないと……」

 

橘「プロデューサーさんが長考モードのようなので、私たちは」
杏「耳元で秒読みして焦らせるんだよね」
橘「し、しませんよそんな子供みたいなこと。私たちはこれまでのアニバの締めの言葉をおさらいします。まずは、3周年です↓」

 

P「そろそろお開き」
凛「締めはちひろさん」
ち「私ですか?では僭越ながら。せーの……お楽しみは!」
全アイドル「これからだ!」

 

文「…呼び掛けて、全員が応えるパターンですね」
神「『アイマスですよ!』『アイマス―!』も同じパターンかな」

菜「いまは亡き不死鳥さんの決めゼリフです。ぐすっ」
楓「まさかこの日から1年半を待たずに亡くなられるとは、思いませんでした」
菜「人生、何が起きるかわかりませんねえ」

橘「いきなりしんみりしてしまいましたが、次は4周年です↓」

 

「五代目候補のみんなー!言うとくけど、シンデレラガールは……遠いよ?」
(四代目、締めの挨拶で同僚を煽る)

 

比「アニバの締めで同僚を煽るしゅーこちゃんマジ京都人っス」
菜「これは、バッドエンドですよねー」
楓「コンテンツを長く続けるうえで、一時的なバッドエンドは有効ですよ♪」
杏「ある程度地力が無いとできない芸当だけどねー」

橘「5周年は、ちょっと毛色が違います↓」

 

P(アニバパーティーが終わり、まゆ達と別れて、二次会に顔を出し、家に帰ったら…)
ま「お帰りなさい♪」
P(……まゆがいた)

 

夏「締めじゃなくて、後日談というか、エピローグだな」
杏「定番を通り越して、もはや古典と化した“まゆの家宅侵入”ネタである」
凛「さいきんのまゆはかつての凄みを取り戻してる感じがして、ゾクゾクするよね」
神「熱でもあるのか」
凛「そんな、茜じゃあるまいし」

P「……はい、朱子Pさんです。とりあえず考えました。楓さんの締めはこれで行きましょう」
楓「はい、それで結構です♪」
P「まだ何も言ってませんが……それは『信頼してお任せします』という意味に取って良いんですかね」

 

橘「記事は埋めておきましたので」
P「ああ、これはどうも。恩に着ます。なんか総集編な感じですが、まあ」
橘「ひとこと多いです」

P「月曜日の」愛海「たわわりんぐインフェルノ」

P「月曜日の」
棟「たわわりんぐインフェルノ!」
ク「地獄に落ちる覚悟、なのですね」
柳「ならばせめて介錯を」
棟「え、ちょっ…
(ゲーム内投下日 17/5/1)

 

………………

P「師匠にサプボアタック炸裂」

杏「安定の1日遅れである」
P「昨日は恒例の寝落ちでコメントとブログのダブルサボりコースでした」

楓「インフェルノ?ディスコ・インフェルノさん?」
菜「これまた懐かしい名前ですね」
楓「いま思えば、とてもかっこいいリングネームです♪意味は分かりませんけど」

P「ちなみに、最後の師匠のセリフのカギ括弧が欠けているのは、わざとです」

洋「師匠?クネゴさんなら来年のジロで引退ですよ」
保「ただし、チームがジロに出られるかどうかわからないわ」
洋「バルベルデさんの復帰戦はいつなのかな」
保「アンダルシアまで待つのかしら」

P「改めまして、棟方師匠に声が付きました」
杏「完全に予想外だったね。サプライズだから当然なんだけど」

P「おかげで昨日は副業中ずっと師匠のこと考えてました」
楓「つまり、仕事に“支障”が出たんですね♪」
P「……ずっと考えたにもかかわらず、この程度しか思い付きませんでした」
夏「それは“失笑”ものだな。……これで良いか?」
P「ありがとうございます。そしてごめんなさい」

楓「ビール瓶の話?(にゅっ」

 

 

………………

P「いまさらな話題第2弾。ビール瓶の話」

神「ちょっと待った。ビール瓶の話だと?なんかまたヤバいこと言うんじゃないだろうな」
P「また、ってなんですか。これまで『ヤバいこと』なんて口にした記憶はないんですけど。それに、もしヤバい話が出るとしたら、それは楓さん次第です」
楓「そんな、人を問題児みたいに言わないでください♪」
菜「はっきり言って問題児ですけどね!お酒が絡むと特に」

神「もうひとつ。“いまさらな話題”の第1弾ってどれだったんだ?」
P「ああそれは、武田羅梨沙多胡さんの話です」
神「なるほどわかった。あとは勝手にやってくれ」

P「柴田さんもビール瓶でぶん殴られたことありますよね」
菜「ありました!天龍さんとの試合でしたね」
楓「覚えてます。ビール瓶を持ち出した天龍さんの前に立ちはだかって、額を指しながら『殴ってみろ』って挑発したら、ほんとに がしゃん ってやられたんですよね♪」
菜「いきなり殴るんじゃなくて、飲み口の方でのどを突いてひるませてから殴るあたりが、さすが天龍さん!って思いました」

神「勝手にって言っといて悪いんだが、またまたちょっと待った。例によってプロレスの話だよな?どっからビール瓶なんて出てくるんだよ」
楓「あれは確か、うがい用の水を入れたビール瓶を使ったんだったと思います」
菜「そうですそうです。場外に落ちた天龍さんが、瓶が割れないように巻かれたテープをぐるぐるはがしながらリングに上がってきたのを覚えてます!」
P「ボクシングなんかでも水入れに使いますよね、ビール瓶」

凛「ということは、本当に本物のビール瓶で殴ったってこと?」
P「ですね。殴られた柴田さんは頭と手から流血してましたし、殴った天龍さんも破片で手を切ってましたから、本物でしょう」
楓「試合は当然、天龍さんの反則負けでした。勝った柴田さんはKO状態でしたけど」
菜「試合後の柴田さんのコメントが、確か『気持ちいいじゃねーか!』でしたよね」
神「どういうことだよそれ……」

楓「アメリカにもビール瓶で殴るのが得意ムーブのチームがいました♪」
菜「ビアマネーインクですね!片割れは現グロリアスおじさんの人です」
P「アメリカのビール瓶は日本のものより小さくて、グラスに注がずにラッパ飲みするのが一般的なんでしたっけ」
楓「ハンセンさんとブロディさんは、アメリカでもお互いのグラスに注ぎ合う日本式で飲んでたっていう良い話を聞いた覚えがあります♪」

楓「『さあ、お前の積み残しを数えろ』♪」P「『お前が数えろ歌姫!』」

 

 

………………

P「6周年アニバアイプロ後半戦。追加は楓さんと、芳乃様」

比「一気に神々しくなったっスね」
P「ですねえ。だから楓さん、しばらくはその口を閉じていてくださいませんか」

 

楓「はーい。『お口にチャッキーT』♪」

 

P「……無理な注文は取り消します。どちらにしても、今日は楓さんが話さないと話になりませんし。さて、積み残しがあるということで。楓さん、口を開いて良いですよ」

 

楓「では……『さあ、お前の積み残しを数えろ』♪」

 

P「『お前が数えろ歌姫!』……じゃなくて。いきなり予定外のこと言わないでくださいよ」
楓「ごめんなさい。思い付いてしまったもので、つい♪」
P「まったくもうこの人は……はい、仕切り直し。改めて、楓さん」

 

楓「『命燃やすぜ恋せよ乙女』♪」

 

神「気合入ってるな。乙女じゃなくて漢女だ」
杏「むしろ炎陣っぽいね」

 

楓「『課金、あんたん、いずれもマッハ』というのも考えました」
菜「いつものプロデューサーさんですね!」
文「…写実主義です」

 

 

凛「ところで、『りんよよ推し』の設定は生きてるのかな。はっきりしてくれないと芳乃様絡みのリアクションが取れなくて困るんだけど」
神「本人が聞くことじゃないけどなあ」

P「その件に関しては……ちょっとじっくり検討しないことには、返答しかねます」