家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

CGプロ自転車部選手名鑑、023(篠原礼)

篠原礼;
駆け引きに長け、アタック力も高い。終盤の小集団戦では脅威の的。なぞなぞで周囲の集中力を削ぐ裏技が得意、らしい。
(ゲーム内投下日 16/12/21)

 

………………

『平坦ステージ、残り10キロを切り、逃げは篠原礼を含む4人。

「十中八九、大集団スプリント」という戦前の予想に反し、メイン集団はいまいちペースが上がらない。逃げの4人の脚は回っているものの、逃げ切れるかどうかは非常に微妙なタイム差。

そんな状況下で、篠原礼が口を開く。

「今日、最後の問題よ。このステージ、勝つのはだ~れだ?」』

 

洋「わー、礼さんカッコい~!ひゅ~!」
神「うん、マンガとかだとありそうだな」

P「このあとの展開は、ふたつ。ひとつは、礼さんが『答えは…私よ!』と叫んでアタック。もうひとつは、『答えは…』のあと、4人全員が『私よ!』と叫んで一斉にアタック」
保「後者の方が熱いけど、ちょっと奇抜すぎる気もするわね」

凛「ちなみに、結末は?この4人は逃げ切れたの?」
P「それもちゃんと考えてます。上記のどちらのパターンの場合も、礼さんたち4人は集団を振り切ることに成功します」
神「お~良かったじゃん」
凛「甘いよ奈緒。このプロデューサーがそんなベタなハッピーエンドにするわけないよ」
神「え、ああ、言われてみればそうか」
P「そうです。さすが凛さんご名答。4人は、集団を振り切ること には 成功、し た も の の」
神「 し た も の の ?」
P「残り1キロを切って、集団から単騎 飛び出した“サイボーグ”高峯のあに4人ともぶち抜かれて終わります」
神「……え、ひどくない?」
前「それみくのセリフ」

P「似たような展開が見たければ、『マイヨジョーヌの意地』で検索検索」

洋「さっきまで協力して走ってた選手たちが、逃げ切りがちらつき始めたとたん敵同士に!このへんもロードレースの面白いところ!」
P「そうですね。私、ロードレースの決まり手は『序盤からの逃げ集団が逃げ切り→アタック決まらず、小集団スプリント』がいちばん好きです」
凛「細かいね」
P「大集団スプリントよりは小集団スプリントが好きで、力を残した先頭集団または終盤に出来たフレッシュな逃げ集団よりは、前半から逃げ続けて消耗した選手たちが最後の力を振り絞るスプリントが好きなんですよ」
神「ほんとに細かいな」
保「でも、実際いちばん駆け引きが面白いパターンかもしれないわね」
P「そう、私はそう思ってます」