家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

「さっき引いた封筒何色?」(謎の電話)

小梅「受話器を取ったら『お嬢ちゃん、さっき引いた封筒何色?』って」
美玲「ヤメロー!!」
輝子(それ、ちひろさんなんじゃ…)
(ゲーム内投下日 18/6/18)

 

………………

P「怖い話は苦手だけど、怪奇小説は一時期けっこう読んだ」
杏「ま~た『支離滅裂な思考・言動』だ」

P「いやいや、怪奇小説と怖い話は全く同義ではありませんから」
文「…文字どおり、怪奇な出来事を描くのが怪奇小説です。結果として恐怖を煽るものであるとしても、怖がらせることが主目的ではありません」
P「つまり、そういうことです」

橘「ホラー小説を『怪奇小説 または恐怖小説』とする説明も多いみたいですよ」
P「そっちの方が一般的なんですかね。個人的には、『怪奇』と『恐怖』は分けていただきたいところですけどねー。あと、『幻想』も」
文「…恐らく、原義では未分類なのでしょう」
P「うーん……“分類”ってやつは素人が手を出せる代物じゃないのでねえ」

凛「怖い話といえば、まゆだよ」
ま「え?あ、あの、まゆも怖い話は苦手なんですけど……」
凛「なに言ってんの。佐久間まゆといえば、姿を現すだけでみんなを恐怖に陥れてきた存在でしょ」
神「出てくるだけで『ヒッ』って言われるのは、まゆかちひろさんぐらいだもんな」
ま「ま、まゆは別に、誰かを怖がらせるつもりなんて……」

P「それも『かつては』の話ですけどねえ」
神「さいきんまた牙を取り戻しつつある、って話もあるけどな」

凛「私は、ポンコツなまゆも、凄みのあるまゆもどっちも好きだよ」
ま「喜んでいいんですか、それ」