家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

『雨の日伝説』は続く!

 

 

………………

P「今日は、予告していた過去SSうpの日にしようと思っていたのですが……どうしても書いておきたいことが起きたので、急遽更新」
杏「ほう、よほどのことなんだろうなー」

P「ベルギーのワンデーレース、GPワロニー。ティム・ウェレンスが独走逃げ切り」
凛「もしかして、また雨?」
保「ええ、降ってたみたいね」
洋「『雨の日伝説』にまた1ページ!」

神「だけどさ、なんでそんなに雨の日に強いんだ?」
P「それについて、ある仮説を小耳に挟みました」
凛「へえ、どんな?」
P「実はウェレンスは、アレルギーがあるんです。雨の日はその症状が緩和されるから実力を遺憾なく発揮できる、のではないか……という説です」
神「なるほど、もっともらしいな」
凛「真相やいかに、だね」

洋「ウェレンスさん、ツールのリタイアもアレルギーのせいなんですよね」
P「自転車選手は薬飲めないから大変です」
凛「薬?……ああ、ドーピング?」
P「はい。風邪薬も飲めないし、落車しても痛み止めも飲めないって話です」
神「うわ、そりゃほんとに大変だな」

保「一応、治療目的なら、ドーピング違反になる成分が含まれている薬でも申請して許可されれば飲むことができる制度があるんだけど」
洋「TUEってやつだね」
P「このTUEもまた、昨今問題になっているのですが……さておき、ウェレンスもそれを使えば薬を飲みながらレースを走ることもできたのです。が……」
保「ウェレンスは、拒否したのよね。で、薬を飲むためにレースをリタイアしたのよ」
洋「そうそう、『クリーンに走りたい』って」
凛「なるほど。『リタイアで男を上げた』ってそういうことだったんだ」