家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

名物『取って付けたように』と『芳乃様スイッチ』

芳「次はわたくしの出番…どきどきしてまいりましたー」
P「芳乃様でも緊張するのね」
芳「むー、わたくしも人の子なのでして」
(ゲーム内投下日 16/8/2)

 

………………

P「大阪公演、お疲れさまでした。と、取って付けたように言ってみる」
杏「『取って付けたように』はもはやここの名物のひとつだと思う」
P「場所は……大阪城ホール?はは、私の丹羽、じゃなくて庭ですね」
楓「It’s My Yard♪」
P「番犬はいませんけどね」

菜「あ、大阪城ホールといえば、確か明日は」
P「ストップ。それは今夜のゲーム内ネタに使うのでそこまで」

凛「プロデューサーが前に紹介してたけど、大阪城ホール最寄りの大阪城公園駅の発車メロディは『法螺貝』だからよろしくね」
神「そういや『りんよよ』もすっかり影を潜めてしまったな。ブログ是だったのに」
P「正直、文章で芳乃様を操るのは荷が重いんです……」
凛「プロデューサーごときが芳乃様を“操る”だなんて、おこがましいとは思わない?」
P「ごめんなさい」
凛「あ、でも今ので『芳乃様スイッチ』という遊びを思い付いたから、チャラで良いよ。ちょっと行ってくる」
杏「はは、謝り損だ」

前「『もうかりまっか?』『ぼちぼちでんな~』は完全なフィクション挨拶だよね」
浜「実際は『もうかってんか?』『いや~、さっぱりわやや』ね」
前「いやそれも聞いたことないにゃ」

P「ドーフィネ第5ステージは、予想どおりの大集団スプリント」
保「デマール、コカール、ブアニ、プティ、クリストフ、ボアッソンハーゲンという錚々たる面々を抑えて勝ったのは、バウハウス
洋「22歳のジャーマンスプリンター!これがワールドツアー初勝利
P「注目の若手がまたひとり勝ち名乗り」

洋「クリストフさんが調子悪そうで心配です」
保「万全と言って良いアシストを受けながらあの伸びの無さ。気になるわね」

P「第6ステージは、今年のツール第9ステージとほぼ同じレイアウト。超級山岳『モン・ドゥ・シャ』で総合バトル勃発」

保「真っ先に仕掛けたのはバルベルデ。そして、アシストのフグルサングの動きに呼応してアルがアタック。バルベルデは捕まり後退、コンタドールも着いていけず。ジロ欠場のうっ憤を晴らす走りでアルが頂上をトップ通過」
洋「それを、ポート、フルーム、フグルサングが追う展開で下りへ。そして!」
P「そして出ました、フルームのスーパーダウンヒルフグルサングと元アシストのポートを引き離し、先頭を行くアルに合流」
保「タイムトライアルで振るわず、調子が上がってないんじゃないか?と囁かれていたフルームだけど、あれを魅せられたら黙らざるを得ないわね」
洋「そのあと、ポートとフグルサングも平坦で追いつき、最後は4人でのスプリント」
P「総合系による豪華なスプリントは、フグルサングに軍配。ほぼタイヤの幅の差の勝利でした」
保「あの差は、ハンドル投げのタイミングの差よね。時間にして、0,001秒差ぐらい?」

洋「フグルサングさんもワールドアツアー初勝利?アスタナ移籍後初勝利でもあるのかな」
P「マイヨ・ジョーヌはデヘントからポートへ」