家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(ツイッター→ @yenichieri)

穴埋め柑奈

 

 

………………

P「有浦と保奈美さんのシナジーはね、界隈では語られていたんです。どちらも歌に賭けてきたアイドルですからね~。でも、こうやって公式でしっかりやられると……泣きますわよ。ファンから『歌姫』と呼ばれて、楓さんと同じステージに立つとかもうね」

杏「詳しくは現在開催中のミュージックJAMの『ゲストアイドル正式所属』エピソードを参照だ」

前「この様子だと、今日もま~た穴埋め記事かにゃ」
神「『穴埋めといつものと区別がつかない』って話だったけど……昨日のは、けっきょくどっちだったんだ?」
楓「ど~っちどっち♪」
杏「やめれ人間」
楓「残念、私の種族は『歌姫』です♪」
比「『酔っぱらい』じゃないんスか」

P「歌うことの“年季”という観点で見れば、おそらくシンデレラガールズ中で有浦がいちばんです。歌い始めた時期と現年齢を考えるとね。だから、誤解を恐れず言えば『もっとも歌(こえ)が必要なアイドル』だとずっと思ってるんですけどねー。……このへんの話は前にもしましたっけ」
前「覚えてにゃい」

P「ただ、“歌への年季”で有浦に並ぶ、あるいは超えるかもしれないアイドルがひとりいます」
橘「音葉さんですね」
P「そうです。確かご両親が音楽家で、おそらく幼少のころから音楽に触れていて、有浦と同じくいま19歳ですからね。……このへんのことももう少し詳しく書いたメモがどこかにあったはずなんですが、どこに行ったかな……」
夏「また書けばいいだろ。前に書いたんなら、今も書けるはずだ」
P「……それ、曲を書くときのなつきちさん自身に照らし合わせても同じこと言えますか」
夏「……すまん、言えねーわ。昔ちらっと作ったメロディを引っ張り出そうとしてうまくいかないこと、あるわ」
P「でしょう。たとえ“同じようなもの”は書けても、絶対しっくりこないはずです」
夏「今回ばかりは、わかる」