家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(ツイッター→ @yenichieri)

ブルーカナリアローズ再登場。ならびに、S・S・ヴァン・ダイン ガチ勢へ。

P「ブルーカナリアローズ…凛まゆ推し御用達か」
夕「私はお邪魔虫かな」
P「拗ねた顔もかわいいよ」
夕「上手なんだからもうっ」
(ゲーム内投下日 19/10/8)

 

………………

夕美『りんまゆに 花を添えるよ 相葉夕美♪』

 

P「りんまゆ推し御用達ユニット『ブルーカナリアローズ』再登場」
橘「相葉さんの担当プロデューサーに謝って下さい」
P「ごめんなさい。ここでいう『お邪魔虫』は『花に付く虫』に掛けてるだけであって、相葉ちゃんを邪魔者扱いしてるわけじゃないんですごめんなさい」

楓「百合に挟まる男は~♪」
菜「滅し奉公!」
楓「“りんまゆ”に挟まる夕美ちゃんは~♪」
菜「すくすく伸びて結構!」

P「でもじっさい強いですよ、このユニットの面子は」
楓「確かに、パワートリップみがあります♪」
菜「最凶と最凶が手を組んじゃってますね~」

神「アイドルと露骨にイチャつくネタは珍しいな」
P「例の鳥さんたちの『イチャイチャするな!』を踏まえての所業です。恥を忍んで、ってやつです。こうして1年以上ぶりに改めてみると、じっさい恥かしい。穴があったら」

凛「があったら、花を植えればいいよ」
前「これは花(トップ)キメてるにゃ」

橘「カナリアといえば、『カナリア殺人事件』です」
P「ヴァンスがポーカーで犯人と対決するやつ」
文「…その説明は、端的すぎるのでは」
P「某国内ミステリのチェスを打つシーンはこの『カナリア』のポーカーからの発想らしいです」
橘「ちなみに、『犯人とブリッジで対決する』という先例作品があります」
文「…『ひらいたトランプ』でしたか」

夏「票はもう開いたのかトランプ」
P「その話題は、フォールド」

橘「ホームズの“語られざる事件”にもカナリアが出てきますね」
P「『名うてのカナリア訓練師ウィルスンの事件』」
文「…このカナリアは、あるものを指す隠語という解釈も多いようです」

杏「カナリアといえばあれでしょ、毒ガス検知」
比「鉱山とか掘るときに連れて行くんスよね」

凛「があったら、乃々を隠せばいいよ」
神「“りんのの”派だ。埋めろ」
楓「『100エーカーの森久保ちゃん』ですね♪」

 

P「ヴァンスで思い出したんですけど」

橘「なんですか」
P「『ファイロ・ヴァンス』シリーズの記録者、語り手といえば」
橘「S・S・ヴァン・ダインです」
文「…ヴァンスの友人で、法律顧問でもある人物ですね」
P「そのとおり。『ファイロ・ヴァンス』シリーズはすべてこのヴァン・ダイン氏の一人称視点で語られていて、ヴァンスからの問いかけにヴァン氏はすべて地の文上で答える形式なのですが……そんなヴァン・ダイン氏が『地の文以外でセリフを発したシーン』が、あった気がするんです」
文「…あった、でしょうか」
P「私の記憶が確かなら、2か所ほど」
文「…ヴァン・ダインは、そこまで熟読したわけではないので…私はなんとも」

橘「待ってください。いま記憶を。んんんっ…………あ、『誘拐殺人事件』でヴァンが珍しくゴネてヴァンスを困らせるシーンがあるんです。そのとき、なにかセリフを発していた、ような気が……うーん、ちょっと自信ないです」
P「私もね、あそこかな~っ、ていうのはあるんですけどね。でも、いまさらわざわざ調べ直すのもアレなので、とりあえずこうして『我こういう疑問がありますよ』と、それを投げるだけ投げておこうと思いまして」

夏「ヴァン・ダインガチ勢は見てないだろうなー、こんなとこ」
橘「『おお叔母さん』ですね」
P「また気が向いたら調べますよ」