家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(ツイッター→ @yenichieri)

『Burn Fly!(燃えて飛べ!)』

P「三日ぶりのご挨拶。特に意味無くユニット名変更。しばらくこれで。燃えて飛べ!」
千夏「ちなみに、本当はドイツ語よ」
(ゲーム内投下日 19/8/22)

 

………………

『Burn Fly!(燃えて飛べ!)』

 

浜「コントレイル、無敗で三冠達成。おめでとう」

P「ちょっとだけヒヤッとしました」
浜「4番人気のアリストテレスが、あわや!だったわね」
P「前走1000万下、じゃなくて2勝クラス勝ちの馬でアレをやるのはさすがルメールさん」
浜「アレは本気で三冠をつぶすつもりの走りだったわね」
P「ハーツクライでディープに勝った有馬を思い出しました」
浜「そもそも2勝クラス勝ちの馬が4番人気してたのがルメールさんだからよね。9戦目にして初GⅠで最高人気よ?連を外したのが1回だけという堅実さも支持されたんでしょうけど」

P「コントレイルって、バーンフライの弟なんですよ」
比「前にプロデューサーがお世話になった馬っスね」
P「それです、私は無敗三冠馬の弟で馬券獲ったことがあるんです」
杏「その程度のかすったような縁で『俺が育てた』されても」
浜「後方名伯楽面はやめて」
P「バーンフライはコントレイルの2歳上で、現役です。で、彼に馬券を獲らせてもらったあの日を機に、彼にあやかって打ち出した人生の標語が『Burn Fly!』」
神「それ、ツイッターの自己紹介にも書いてんな」
凛「ゲーム内のユニット名にもなってる。気に入ってるんだね」

橘「バーンフライの正確なスペルは『Bahn frei』。ドイツ語で『道を開けろ』という意味です」
P「です。確か、クロスカントリーの用語でしたかね。スキー競技の。『後ろから来た選手のために道を開けておかなければならない』とかそんなルールを指す言葉だったような。道を開けない選手に『Bahn frei!』と言ったのが由来とかそんな。正式なルールではなく、いわゆる“紳士協定”的なもの、でしたかね」
橘「なんだかはっきりしませんね」
P「面目ない。『未確認情報』タグはいらないレベルだと思いますけどね」

凛「つまり、『Burn Fly!(燃えて飛べ!)』はいつもの言葉遊び?」
P「正しくね。だから、別に深い意味はないんです」
幸「“人生の標語”なのに『深い意味はない』んですか?!」
P「はい。でも、さっき凛さんの言われたとおり“お気に入り”なんで、しばらくは掲げて生きていきます」

夏「有名無実の標語を掲げる人生、か」
P「ロックですか」
夏「さあな」

P「実は、人生の標語はもうひとつあるのでまたいずれご紹介。こっちはそこまで有名無実でもないのでご安心」