家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

「僕は幸子に借りがある」etc

 

 

………………

『僕は幸子に借りがある』

P「はい、さっちゃん引けましたよ~」

幸「さっすがプロデューサーさん!……ただ、そんなこともなげに言われるとちょっと……ぐぬぬ
P「もう月末以外は回さないって決めたんですけどね、他ならぬさっちゃんでしたから、出るまで回しましたよ」
比「って言いつつ、そこまで苦労してなかったみたいっスけどね」
幸「やっぱりこともなげだったんですね!ぐぬぬぬぬ……」

神「なにが気に入らないんださっちゃん」
幸「自分でもよくわかりません!けど、なんかこう『ぐぬぬぬ』って気分なんです!」
菜「青春ですね~」
幸「便利で雑な感想をありがとうございます菜々さん!」

P「あ、ちなみに」
神「あ、おい馬鹿止めろ」
P「凛さんと忍さんも引いちゃいました。もう持ってましたけどね」
幸「ぐぬぬぬぬぬぬぬ」

 

『小鳥さんの恩返し』

 

文「…冒頭のパロディを見て、私も少し…考えてみました」
神「小鳥さんかあ。いつか会ってみたいような、みたくないような」
P(もしすでに公式のどこかで対面していたら、ごめんなさい)

 

『乃々の片方のピアス』

 

凛「私もやってみたよ。元ネタのリストはありすが用意してくれた」
杏「ピアス勢はけっこういるけど、凛ちゃんだと乃々ちゃんになっちゃうのは仕方ないか」
P「森久保のピアス……これは、今後の伏線ですね」
凛「ふーん。つまりなにか考えてるんだね」
P「いちおうね」

 

佐久間まゆの素敵な日記』

 

橘「私からは、こちらを」
凛「良いね。タイトルだけですでに素敵だよ」
P「りんまゆ流行れ」
幸「だから雑ですって!大人はみんなそうなんですか?!」
楓「異議あ~り♪」
幸「いちばん言っちゃいけない人は黙っててください!」

 

マン島の瞬間湯沸かし器』

 

洋「私もやってみたよ~。元のタイトルとは“蒸気”つながり!」
杏「目ざとく出演作を推すその姿勢、嫌いじゃない」
洋「わーい褒められた!」
橘(こういう大人もいますよ幸子さん)
幸(だからなんなんだって話ですけどね?!)

 

P「そういえば、なんかデレステで美食公演が来たとかなんとか」
神「正気かよ」

保「これは、カヴのことかしら。カッとなりやすい人だものね」
洋「うん。伝わってよかった!文系の遊びって新鮮だなー」
文「…文系、なのでしょうか」
橘「洋子さんは独特のセンスです」
洋「ほ、褒められてるのかなーそれ……」

 

『気さくな元お人形、16歳』

 

杏「杏もやってみた」
橘「もしかして、泰葉さんのことですか?」
杏「正しくね。プロデューサー風に言うなら」
P「真似されたことはさておき……これは先輩が暗い目になってしまいそうなので、他言無用で」
杏「は~い」

 

『有限要素魔法(ガチャ)』

 

P「本日のオチです」
比「『有限要素魔法』と書いて、『ガチャ』と読むんスか?」
P「そうっス。都合上、カッコ書きにしましたけど、イメージとしてはルビ振りですね」
文「…漢字六文字、読み十文字に、ルビが三文字…アンバランスですね」
P「そういうちぐはぐなルビって、なんか好きなんですよねー」
神「なんかわかる気がする」

 

凛「今週末はライブだね」
神「だな。オチのあとどころか、冒頭に持ってくるべき話題だけどな~」
杏「埼玉のナントカドームだっけ」

P「来月は名古屋のナントカドームでしたっけ」
文「…名古屋、ですか。そのとき今日のネタだったら、完璧だったのですが」
P「ですね。来月のライブまでとっておこうかとも思ったのですが、今回のパロディラッシュはさっちゃんガチャからの『僕は幸子に…』ありきなのでね、本日 出すのが妥当と判断しました」

杏「ライブ、いろいろあったらしいけど……なんか、脱出ゲームやるらしいよ」
神「正気かよ。てか、こっちがほんとのオチかよ」