家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイコ・フラットライン

P「次はサイバー公演とかどう?あーちゃんは伝説のハッカー役ね」
藍「私ですか?」
P「うん。役名はアイコ・フラットライン」
(ゲーム内投下日 16/1/11)

 

………………

P「ふみふみさんが『ふみふみ』呼びを公認したと聞きましたがふみふみさん」
文「…はい、ふみふみです。デレマスチャンネルが終わったばかりの、ふみふみです」
杏「『まゆですよ』といい、デレマスチャンネルはさりげなく新展開があるね」

P「『蒸機公演 クロックワークメモリー』、開幕。テーマは『スチームパンク』。レギュラー組からは奈緒さんがご出演中」

神「自分が出てるから言うわけじゃないけど……アタシ、こういうの大好きだ!」
比「わかるっス!こういうのって、恥ずかしながら大人になってもわくわくしてしまうものっス」
夏「ああ、このジャンクな感じとスタイリッシュさが同居してる世界観がたまらんよな」
杏「ベタのベタ塗りではあるけど、そこがまた良いよね」

P「はは、好評ですね。レギュラー組からはもうひとり、洋子さんもご出演中」
凛「これ、主役だよね洋子さん」
P「上位は先輩ですけど、ストーリー上の主役は洋子さんですね」

洋「はいはーい、なんかすっごい良い感じの役もらっちゃって気分もお肌もうるおい絶好調の洋子さんからひとつおわびと訂正がありまーす」

保「どう考えてもお詫びと訂正をする流れでもテンションではないけど」
P「ともかく、訂正お願いします」

洋「はい。マチューさんは骨折してませんでした。足首は捻っただけ。良かった!次のレースにもちゃんと出ました。しかも、勝っちゃいました!」
保「アールツの2連勝から始まった今シーズンだけど、けっきょく2強に支配されるのかしらね」

P「スチームパンク ネタがなかったので、サイバーパンク ネタで」

凛「藍子にフラットラインはひどいんじゃない?」
P「反省してます。まだまだベタから抜け出せていなかった時期のものとはいえ。ごめんなさい、あーちゃん。いま[ふんわりガール]を育ててるところなんで許してください。あと、島村さんの[2ndアニバーサリー]も一緒に育ててるところなんで」
凛「わかった。卯月に免じて許す」

橘「ここで今日のタイトルに注目してください。反省してるとか言いながらこれです。まったく、プロデューサーという人は……」
凛「でも、卯月に免じて許しちゃったし……あ、そうだ。未央に免じて許すの止めた」
神「なんだそりゃ。未央は不憫……って、これもかつてのベタネタだ。畜生っ言わされた!」

文「…本来の“フラットライン”は、『脳死状態』を表す言葉です」
橘「脳波がフラットライン、ということですね」
P「転じて、脳死状態から生還した伝説のハッカーのあだ名が“フラットライン”です」

文「…菜々さん」
菜「は、はい?」
文「…元ネタ作品の舞台の一部は『チバシティ』です」
菜「へ、へえ~そうなんですか~。なんでわざわざ菜々に言ったのかはワカリマセンケド!」

P「そういえば、菜々さん」
菜「はは、はいぃ?今度はナンデスカ?!」
凛「菜々さん動揺しすぎ」
P「キアヌ・リーヴス北野武が共演して話題になった映画、覚えてますか?」
菜「あ~、ありましたねそんなの。『JM』でしたっけ」
P「そう、それです。それの原作者は今回の元ネタ作品の作者と同じ人です」

楓「その元ネタ作品の続編のタイトルと同じ名前の技をCIMAさんが使ってますね」
P「あれは、某バンドの曲名から取ったんでしたっけ」
菜「『アイコノクラズム』もそうですよね。……おっと、藍子ちゃんにつながっちゃいました」
楓「言わされちゃいましたね♪」
P「言わせちゃいました」

楓「サイバーといえば、吉田さんはいつかサイバーに戻るんでしょうか?」
菜「どうでしょうねー。そもそも、なぜ“サイバー”だったのかもはや誰も覚えてない恐れも……」