家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

大西“ユリユリ”由里子 大躍進の可能性

 

 

………………

『喉を絞って…アーライッッ!』

 

P「『アーライ!』は卑怯ですわ大西さん。なつきちさん、笑い転げてましたよ」
夏「やめろ思い出させるな。また笑いの発作が起きそうだ」

神「今回のユリユリは、やばい。言ってることがいちいち面白すぎる」
比「ライターさんキレキレっスね~」
神「ぜひその目で確かめて欲しいな」

P「次回の総選挙でユリユリ大躍進の可能性。ありまっせ」

杏「ユリユリに声でも付いた日には、どうなることやら」
神「『壁サーの花』の掛け合いがフルボイスで再生……大変なことになりそうだ」
比「なに他人事みたいに言ってるんスか。そのときは奈緒ちゃんと菜々さんも混ざるんスよ?」
神「マジかよ先生」
菜「まあ、容易に想像できる展開ですけどねー」

P「ヨーロッパのロードレース開幕戦、チャレンジ・マヨルカ
保「マヨルカ島でのワンデーレース4連戦ね」
洋「バルベルデ師匠、ここで復帰です」

P「初日のトロフェオ・カンポス、で良いんですか?トロフェオ・ポレラス?」
保「原文を忠実に書くと『トロフェオ・カンポス・ポレレス・フェラニチクス・セス・サリネス』だけど」

P「とにかく、初日は大集団スプリント。ホルストエンゲルの追撃を抑えたデゲンコルブが勝利」
洋「ジョンさん約1年ぶりの勝利!」
保「デゲンコルブって、まだ29歳だったのね」
洋「そ、それ以上は駄目だよ保奈美ちゃん」

P「2日目は、トロフェオ・セッラ・デ・トラムンターナ。で良いですよねこれは」
保「モスコン、ブランビッラ、ミュールベルガー、バルベルデ、そしてウェレンスの5人が逃げ切りを決め、最後は“お騒がせ”モスコンとの一騎打ちを制したウェレンスが勝利」
洋「ウェレンスさんも幸先よ~し!師匠も膝は問題ないみたいですね」

P「前日2位のホルストエンゲルが、この日は独走するシーンがあったようです」
保「今年はポディウムで踊れる日が来るのかしら」

凛「雨。雨は降ってたの?」
P「降ったり晴れたりの天気だったようですね」