家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドルのフィニッシャー、24人目(塩見周子)

P「周子のホワイトノイズ」
周「キョート ノ センシ デスカラ!」
(ゲーム内投下日 15/4/3)

 

………………

塩見周子は七難隠す』

 

楓「顔を白く塗って『シェイマスでーす♪』というのはありですか?」
菜「シェイマスさんは『でーす♪』なんて言わないと思いますけどね?!」
楓「あれです、アイルランド訛りです♪」

P「初めてシェイマスを見たときは、『すごいのが出てきたなー』と思ったもんです」
楓「大きいうえに均整の取れた身体をしてましたし、なんといってもあの 白 す ぎ る 肌 と 赤 毛 は第一印象が強烈でした♪さすがモンスターファクトリー」
菜「でもほんと白いですよねー。『マヨネーズ男』だの『トースト』だの『雪だるま』だの言われてましたもんねー」
楓「周りの白人の選手よりさらに2段階以上は白いですもんね♪」
P「あれは、ケルト民族の特徴です。レスラーなら、あの白さは売り物にしない手はないわけで」
菜「日焼け止めを常備して白さを維持してるらしいです」
夏「アイドルみたいだな」

楓「ホワイトノイズはシェイマスさんのフィニッシャーのひとつ」
菜「シェイマスさんの二つ名が『ケルティック・ウォリアー(ケルトの戦士)』」
楓「そして、『セカイ ノ センシ デスカラ!』♪」
菜「ロウキーさんはいまどうしてるんですかね」
P「どこぞのリングには上がってると思いますけど……あれ?引退したって話も聞いた気も……」

楓「本日の結論。白塗りでシェイマスさんの真似はOK♪ですね」
菜「そ、それはどうなんでしょう……」

P「シェイマスなら日本語で『シェイマスでーす』ぐらい言ってくれるんじゃないですかね」
楓「プライベートのシェイマスさんは聖人レベルの好青年だという報告を受けてます♪」

P「ツアー・ダウンアンダー、第5ステージ。名物『ウィランガ・ヒル』を制したのは、ポート」
保「例年より若干早めの残り約1,5キロでアタック。ただひとり付いてきたマッカーシーを容赦なく振り千切って、最後は独走。去年のツールでの大怪我から復活の勝利ね」
P「体調不良という情報もありましたけど、ちゃんと獲ってくるところはさすが」
洋「これでウィランガ・ヒル ステージ5連覇!キング・オブ・ウィランガ!」

P「途中、横風大作戦もありました」
洋「強風の中、がんがん前を引く新城さん頼りになりすぎっ!」

P「総合争いは混戦なのですが……第5ステージを終えて、リーダージャージはインピーの手に」
洋「2位のポートくんとなんと同タイム!なかなかないですねー」
保「3位以下も大混戦で第6ステージはクリテリウム。ボーナスタイムが勝負を差配する展開ね」

P「そして迎えた第6ステージ……は、グライペルが今大会2勝目。総合はインピーが同タイムのまま守り切りました」
洋「ボーナスタイムは逃げがぜんぶつぶしちゃいましたし、BMCも途中であきらめちゃった感じかな」
保「インピーは第2と第4ステージで2位に入ってボーナスタイムを取ったのが効いたわね」
凛「なるほど、平坦ステージの多いレースだとそういう勝ち方もあるんだね」