家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドルのフィニッシャー、70人目(姫川友紀)

P「姫川のユッキーホームラン!」
姫「ぬあ~!どちくしょー!(ガシャーン」
P(よく分からんけど、荒れてんなあ…)
(ゲーム内投下日 16/9/14)

 

 

………………

P「今日、当地では雪が降りました。ほんのちらっとだけですが」
文「…白いものがちらっと。ふふ」
神「はいはい意味深意味深」

杏「『親方、空から童顔20歳の野球アイドルが!』」
神「雪じゃなくて友紀さんが降ってきた?!てかなんで童顔なのにハタチと分かったんだパズー」
比「友紀さんなら『女の子』でじゅうぶん通るっスよ」

楓「『ユッキーホームラン』。相手の首にパイプ椅子を掛けて、手に持った方のパイプ椅子をフルスイングしてかっ飛ばす技、ですね♪」
P「はい。要は『マンモスホームラン』です」
菜「さいきんだと、ナベちゃん……ごほん、EVILさんもやってますね!」
楓「確か、矢野さんもやってたような」

夏「アタシらも仕事上パイプ椅子はわりと身近なアイテムだけど……あれで殴るとか、痛いだろ」
楓「もちろん痛いです♪私は殴られたことありませんけど、想像に難くありません」
菜「ただ、『角の部分で頭を殴らない』などの最低限の約束事はあります!」
P「『反則にも礼儀あり』」

楓「WWEでは、頭部を殴るのは禁止になってますね」
P「今はせいぜい背中ですけど、昔は頭をバカスカ殴ってましたからねえ。二人で挟み撃ちにする『コンチェアト』とかもありましたし」
菜「懐かしいですね~!エジクリ最高でした」
楓「私は『ヴァンダミネーター』が好きでした♪」
P「相手に椅子をパスして、受け取ったところにソバット。RVDならではのムーブでした」

楓「やっぱり、凶器の使い方にこそセンスが問われると思います♪」
P「エディのアレとかね」
菜「フロリダブラザーズも忘れないであげてください!」
P「岩佐 好きだったんですけどねえ……」

楓「殴りすぎて曲がった椅子の上に相手を叩きつけて『治ったー』っていうのも好きです♪」
菜「アレも、センスとしてはなかなかです」

夏「なんだかついていけないんだが……それはプロレスなのか?」
P「プロレスです。凶器メインになってくると、『ハードコア』や『デスマッチ』になってきますけど、プロレスはプロレスです」

楓「そうそう、デスマッチだと、“白いものがちらっ”とすることもあります♪」
菜「それ、骨ですよね?!って、冒頭の文香ちゃんの意味深がここにつながるんですか!?なんて強引なっ」
楓「治ったー、ならぬ、戻ったー♪」
P「深いのは“意味”ではなく“傷”だった、と」