家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

『千成瓢箪(せんなりびょうたん)』と『コントリビューター(CONTRIBUTOR)』

 

 

………………

P「さて、今年ももう終わりですし、六代目様に締めてもらいましょうか。なんかめでたいお言葉をお願いします、楓さん」

 

楓「めでたい言葉……そうそう、『千成瓢箪(せんなりびょうたん)』と『コントリビューター(CONTRIBUTOR)』って似てませんか♪」

 

橘「千成瓢箪は確かに縁起ものですけど。ですけど!そういうことじゃないですよね」
凛「ふふ、六代目に振ったアンタがバカだったね」
P「正しくね」

夏「さいきん気付いたんだが、その『正しく』って口癖なんだなアンタの」
P「言われてみれば。あくまで文章上、ブログ上の癖だと思いますけど」
橘「『口癖』ならぬ『指癖』ですか」

楓「あの、もう少しまともな締めを考えたので、聞いてください♪」

P「語尾に『♪』が付いてる時点でギャグモードなので、いまいち信用ならないのですが」
菜「まあまあ、聞いてみましょうよ」

楓「ありがとう菜々さん♪ブログの常連陣の名前を全員紹介して、最後に『家に智絵里軍団~!』で締めるんです。どうですか?」

菜「ははあ、要はロスインゴの締めのアレですね。菜々は良いと思いますけど」
P「まともなアイデアで安心しました。が、全員の名前ですか。今年初めの『さっちゃんの悲劇』再びとならねばいいのですが……」
幸「って言ってる時点で今回は大丈夫そうですね!……ね?」
P「大丈夫ですよ。二度もそんな失態は、ね。だからそんな雨に濡れた犬みたいな顔しなくても」
幸「し、してませんよそんな不安そうな顔は!」

杏「おっと、さりげなく来年の干支の『犬』を捻じ込んできた」
比「『さりげなく』と『捻じ込んだ』は矛盾するっス」

P「先生、コミケお疲れさまでした」
比「っス。楽しかったっス。死ぬには良い日、そして良い年っスね~」
神「え、縁起でもないぞ先生~!」

 

P「なんかこのまま雑談がどこまでも続きそうなので……この記事はここらで切り上げて、新しい記事を作って、楓さんには改めてそちらで締めてもらおうと思います。ひとまず、ではでは」