家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

楓「シンデレラガールズは驀進します♪」

「点と点を繋いで線にするのがアイドルです。7年目も、高垣楓シンデレラガールズは驀進します♪」
(六代目、締めのお言葉)
(ゲーム内投下日 17/12/9)

 

………………

楓「[ナチュラルボーン駄洒落マスター]高垣楓です♪」

 

凛「ちゃんと[自称]を付けなきゃ駄目だよ楓さん。幸子みたいにさ」
菜「楓さんにそんなこと言えるのは三代目さんだけですねー」

幸「ちなみに、ボクの肩書の[自称]はボクが自分で付けてるわけじゃありませんからね?!」

P「言い忘れてましたけど、アニバお疲れ様でした。からの、スパロボコラボ開始」
神「しんみりする間もないな。てか、なんなんだこの力の入れようは?!」
P「スパロボはほとんど知らない私にすら力の入れ方が半端ないことだけは分かる今回のコラボ。おかげでなんだか無性に楽しいです。あと、上位のあーちゃんかわいい。超かわいい」
凛「軍服って、良いよね」

橘「気付いたことがあります。前々回の『長考』と『秒読み』。前回の『件』。この三つのワードは、羽生さんの永世七冠のニュースに触発されて申し訳程度に紛れ込ませた将棋要素ですね?」
杏「『件』は『九段』か」

P「いやいや、そういうことする場合はもうちょっとしっかりやりますよ」
橘「そうですか。つまり、たまたまだと」
P「いやいや、蛸島先生引退のニュースに触発されて入れたワードではありますから。たまたまではないです」
橘「あ、あまのじゃくがいます文香さん!」

文「…『件』の次は『天邪鬼』ですか」
P「文香さんは『文車妖妃』ですかね」
文「…それ、たまに言われます。本当に」
P「失礼ですが、怨念とかすごく似合いそうな外見をされていますので」
文「…そ、そんな風に見られていたんですか」