家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

文「…『ケンネル』と『カブト虫』も読むべき論」

鷺沢文香サイン会決定!参加者は各自お好きな書籍を1冊ご持参下さい』
(ゲーム内投下日 15/9/8)

 

………………

橘「ファンが好きな本を持参してそれに文香さんがサインをしてくれるイベント、ですか」
夏「それって意味あんのか?」
幸「権利関係とか大丈夫なんですかそれ」

凛「えっちな本を持って行って、文香をあたふたさせるとか」
文「…ふっ、そのプレイ、受けて立ちましょう」
神「プレイって言うな」
文「…顔色一つ変えずサインして、逆に困惑させて差し上げます」

P「以前も言いましたけど、私、感想文は『E(超ニガテ)』です」
杏「杏も嫌いだなー、読書感想文。めんどくさい」
前「そもそも宿題そのものがうっとうしいにゃ」
洋「わかる!アンドなつかしい!」

橘「参考までに、プロデューサーさんはどんな本でニガテな読書感想文を乗り切ったんですか?」
P「そうですね、森鴎外とか」
神「ていうと、『高瀬舟』とか『山椒大夫』とかか」
P「いえ、『金貨』です」
文「…渋いチョイスですね」
神「ごめん、聞いたことない」

P「他には、『カブト虫殺人事件』とか」
橘「『僧正』でも『グリーン家』でもなく、『ベンスン』や『カナリヤ』ですらなく……『カブト虫』?!」
P「いや、だって、面白いじゃないですか『カブト虫』。あと『ケンネル』も」
文「…やはり、一筋縄ではいかない人ですね」

P「確かに『僧正』『グリーン家』は歴史に名を遺すレベルの傑作だと思います。でも、『ケンネル』と『カブト虫』もなかなかのものだという事実は声を大にして主張したいです。7作目以降は凡作以下ぞろいという評価には同意しますけどね」
橘「ああ、そこはそうなるんですね。ちょっと安心しました」
P「でも、その7作ですら、幼少のころあらすじ読んだときのわくわく感は凄かったんですよ」
杏「へえ、どんなあらすじ?」
P「うろ覚えですけど、いくつか簡潔に箇条書きにしますと……↓

 

『青年はプールに飛び込んだきり上がってこなかった。その代わり、底には竜の足跡が』
『誘拐現場を検分したヴァンスは呟いた、「彼女はもう死んでいる」』
『銃声は一回。死体は二つ』
『毒殺されたと思しいのに毒物が検出されない。ただの水を飲んでは次々と倒れる人々』

 

とかそんな感じです」

杏「なるほど、面白そうだ。ちょっと読みたくなった」
P「でしょう?その分、実際読んだときのがっかり感も半端なかったですけどね」
文「…それもまた、読書の醍醐味です。名作ばかりの読書人生は、つまらないと思います」

P「ちなみに、いちばんがっかり感が大きかったのは『ドラゴン』です」
比『いちばん上のあらすじっスかね』
P「そうです。なぜいちばんかというと、『ドラゴン』は長らく絶版だったんです。で、ようやく復刊されて、喜び勇んで読んでみたら……ってね。タメがいちばん長かっただけに、がっかり感も一入っていう」
文「…どんまい」

P「そんな感じで、『カブト虫』と『ケンネル』の評価の低さに対する嘆きを軸に据えた感想文で乗り切った記憶があります」
橘「わかりました。ありがとうございます。参考にはなりそうにないですけど」