家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

卯月「凛ちゃん、あ~ん♪(セミの抜け殻)」

 

 

………………

P『犬はセミの抜け殻を食うんだよな』
卯『凛ちゃん、あーん♪』
凛『生はちょっと』

 

杏「何の躊躇もなくセミの抜け殻を食べさせようとする卯月ちゃんはさすがだ」
神「そのへんにあった抜け殻を引っ掴んで凛の口に押し込もうとしてるんだろうな~これ」

比『幸子ちゃんが虫を食べるシリーズがあったっスね』
幸「虫ぐらいならまあ、毒さえなければ危険はないし、なんて考えてしまう自分がイヤです……」

夏「凛の反応もおかしいよなこれ」
凛「だって、さすがにそこらへんにあった抜け殻を口に入れる気にはならないよ。いくら卯月が差し出したものでも」
夏「ああ、それは間違っちゃいない。一見、間違っちゃいないが……やっぱおかしいよな?」
杏「だね。ちゃんと調理されてれば、卯月ちゃんの差し出したセミの抜け殻を食べるって言ってるも同然だからね」
凛「同然というか、そのつもりだよ?」
夏「つまり、食べるのか」
凛「食べない理由はないよね」
夏「……ああ、そうかよ」
杏「ま、別に毒じゃないだろうし」

P「セミの抜け殻を食べる地方は、ちゃんとあります」
夏「“ちゃんと”ってなんだよ。てか、あるのかよ」
P「ちゃんとの件はさておき、あります。蝉そのものを食べる地方もあります。“地方”と言うと語弊があるかもしれませんけど。川海老みたいな味らしいです」

文「…なぜ一般的に虫を食べないかといえば、単に“肉”が少ない…つまり、食べる場所が少ない、延いては栄養価が低いから、ではないでしょうか」

橘「このネタ、ゲーム内で使っても良かったんじゃないですか?プロデューサーさんお得意の『どうでも良い情報』、二次でお馴染みの『アレな卯月さん』や『凛わんわん』、そして凛さんのちょっとおかしな反応で『ツッコミどころ』を作りつつ『うづりん』を匂わせる……と、短い中に要素を詰め込めていて良い出来だと思うんですけど」
神「卯月が凛に虫を食べさせようとするのは『うづりん』なのか?」

P「ほんとに橘さんはどうしてそう的確過ぎる分析をなさるんですかねえ。まあ、評価が高いのはありがとうございますですけど。……実はこの会話、ネタコメ勢の某P氏のネタを見て思い浮かんだ会話なんです。それをそのまま採用というのも芸がないので、ゲーム内の投下ネタとしてはボツになりましたという次第」