家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

りんなおコントとジャック・ヘイグ=時子様P説

 

 

………………

凛「悲報、『神谷奈緒、競泳水着でドリームLIVEに出演』」
神「悲報ってなんだよ凛?!お前も『そういうのもいいんじゃないかな』って言っただろ!」
凛「言ったよ、確かに。というか、あんなカッコで出てこられたら、そういうしかないと思う」
神「ええい、ちくしょー!」

文「…『ピッチリしてて踊りやすかった』とのことですが、その…食い込んだりは?」
神「あーあー、せっかく人があえて触れなかったことに触れやがって!ふみふみこのやろー!」
凛「奈緒、言葉遣い」
神「ああもう!もう一回ちくしょー!」

P「そんな“りんなお・コント”はさておき」
神「コント言うな」
凛「そうだよ、オチがまだなんだから」
神「そういうことじゃないだろ!ていうか、オチとか考えてたのかよ」
凛「うん。最後に『次は卯月にスク水着せてLIVEするからね!』……で、ちゃんちゃん」
神「えっと、オチてんのかそれ」
文「…むしろ盛り上がりますね。いろんな意味で」
神「うるせーよふみふみ!ていうかこっちが真のオチかよ」

幸「凛さん、残念ながらスク水ユニットはすでに存在するんです。そう、このボクも参加してる『紺衣の乙姫』がね!」
神「あ、本当の真のオチはこっち?さすがさっちゃん」
文「…メンバーは、幸子さん、紗枝さん、ネネさんですね」

凛「そ、そんな、まさかスク水ユニットが既に……なんてことっ!」
神「で、こっちはこっちで悔しがり方が尋常じゃないんだが」
凛「くっ、こうなったら私と未央も参加して『ニュージェネVer.スク水』で対抗するしか」
神「なんでそうなる!トラプリじゃなくニュージェネでやってくれるのはありがたいけど!」
幸「ボクとしてはむしろ代わってあげたいぐらいです。スク水でライブとか狂気の沙汰ですよ!」
凛「それもそうだよね。スク水でライブなんて、頭おかしいよね」
神「急に現実に戻るな!アタシをテンションの向こう側に置いてくな!」
凛「私がバカだった。スク水はやっぱり、プライベートで着せるに限るよ」
神「……もうキリがないから、これが最後のオチな。ちなみに、アタシは着ないぞ?」

P「ポローニュ第6ステージにて、ポニーが集団に乱入するアクシデント発生」
保「『パカパカ落車』にならなくて良かったわ」
洋「動物がらみのアクシデントはたまーにあるよね」

P「1級山岳を5つ越える難コースで、ジャック・ヘイグが独走でプロ初勝利
保「その後ろでは、集団先頭を取ったポエルスが勘違いガッツポーズ。これもアクシデントといえばアクシデントよね」
洋「ポエポエさんやっちゃた!これは恥ずかしい」

P「そして、この日 最後のアクシデントはポディウムで」
洋「優勝したヘイグくんのシャンパンが暴発!となりにいたポディウムガールのお姉さんに噴き出した中身が直撃!」
保「シャンパンファイトが下手な選手はいるけど、このパターンは珍しいわね」

凛「ふーん、公衆の面前でお姉さんをべたべたにするとは……やるね、その選手」
神「いや、感心することじゃないだろ別に」

保「以前、ポディウムガールを狙ってシャンパンかけた人がいたわよね。すごい無表情で」
洋「うーんと、サヴォルデッリさん?」

P「時子様がなんかものすごい顔をしていて話題でしたが、あれもサイダーの暴発が原因だったんですね」
凛「つまり、ジャック・ヘイグは時子様Pだった?」
神「うん、そのイコールはおかしいからな。……って、今日のタイトルはやっぱりソレかよ」

P「ポローニュ第7ステージ。トップ10が30秒差以内という僅差で迎えた最終決戦。ボーナスタイムを巡る上位勢の殴り合いの末、勝ったのはポエルス」
洋「ポエポエさん、勘違いガッツポーズのリベンジです!」
保「ボーナスタイム10秒を獲得したものの、3秒届かず総合3位ね」
P「2位には2秒差でマイカ。総合優勝は、テウンスがぎりぎり守り切りました」
保「ティージェイのアシストが光ったわね」

洋「ブルゴスの方は、あのあと第3ステージも制したランダさんが総合優勝!」
保「フルームがブエルタに出るらしいけど、つまりランダも出るってこと?」
P「だとしたら、これがほんとの“大車輪”ですね」

洋「ちなみに、ツールを完走した“鉄人”ハンセンさんは、ブエルタには出ないそうです。残念!」
保「グラン・ツール連続完走記録は18回でストップね」