家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

王者の虹色フラダンス

 

 

………………

P「5STEPで加蓮さんとまゆさん、ゲット」
夏「相変わらずしれっと引きやがる」

P「今回は回すつもりなかったんですけど、あんな劇場を見せられたら回さざるを得ません。どうしてくれるんですか、凛さん奈緒さん。あとここにいませんけど加蓮さん」
凛「どういたしまして、かな。ふふっ」
P「まあ良いでしょう。いいもの見せていただきましたし、ちゃんと引けましたし」

神「アタシは思い出しただけで足裏がムズムズするんだが……」

洋「遅れました、ドーフィネ第8ステージ。ちゃちゃっと」
P「マイヨ・ジョーヌを死守せんと孤軍奮闘するポートの前に立ちはだかったのは、かつて仕えたフルームではなく、コンタドールでもなく、アルでもなく、絶好調バルベルデ師匠でもなく……」
洋「まさかのフグルサングさん!ポートさんとのタイム差“1分15秒”を巡る白熱の戦いでした」
保「結果、フグルサングがポートにきっかり“1分15秒”の差をつけて、今大会2度目のステージ優勝。そして、ボーナスタイムを獲得して逆転総合優勝」
洋「ボーナスタイムが無かったらポートさんの防衛だったってことですよね。劇的な幕切れです」
P「負けはしたものの、ポートの好調っぷりが目立つ大会でした」

保「スイス第5ステージ。サガン弟、圧倒的スプリントでライバルを寄せ付けず」
洋「そして、勝利のフラダンス・パフォーマンス!」
保「なぜフラダンスだったのか、なぜフラダンスでなければならなかったのか……謎ね」
P「謎ですね。世界王者ともなると、常人にはよくわかりません」
洋「ユライ兄さんも頑張ってましたよ!」

P「第2ステージ以降のリーダージャージの変遷が、キュンク、マシューズ、カルーゾ」
洋「わあ、なんだかステキな並びです。どうステキなのか、説明しづらいですけど」