家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

P「“恩人”智絵里と」ク「……『姦淫聖書』」

風「[バレンタイン]智絵里ちゃんの台詞にミスが」
七「何年越しだよ細け~な…れす~」
文「…誤植の嫌いな本好きはいません!」
(ゲーム内投下日 17/2/11)

 

………………

P「緒方智絵里さん、誕生日おめでとうございます。なんせブログのタイトルにお名前を拝借していますからね、これは言っておかないと」
比『ブログタイトルに関する話は、この日あたりを参照っス』

P「『[バレンタイン]緒方智絵里』のミスについては、カードを手に入れてお確かめください。こういうパターンは、他にもあるかもしれません」

杏「ブログの“恩人”の誕生日だというのに、今日のゲーム内の智絵里ちゃんネタはひどいね」
P「また後日公開しますけど……これ、思い付いてからかなり経つネタなんですよ。お世辞にも褒められたネタじゃないので、使用をためらいつつ、もう1年以上ネタ帳で眠っていたのですが……昨日一昨日の大阪公演で智絵里さんの中の人が大暴れだったと聞くに及び、このタイミングを逃したら世に出せない!と思いまして」
夏「ひでえ在庫処理方法もあったもんだ」

文「…『誤植』が嫌いな本好きはいません。これも言っておかないと」
P「『落丁』とか『乱丁』とか、『絶版』とか『復刊』とか、このあたりも素敵ワードですよね」
文「…わかります。よくわかります」
橘「わ、わかりません……」

文「…あ。シスタークラリス
ク「はい、なにか?」
文「…誤植といえば、“あれ”ですよね。“世界一有名な誤植”と言っても過言ではない、“あれ”」
ク「世界一有名な、ですか……ま、まさか」
文「…思い当たられましたね。さあ、書名を」

 

ク「……『姦淫聖書』」

 

文「…ふう。ありがとうございました」

杏「こやつ、シスターに『姦淫』って言わせたかっただけだな」
比『なんスかこのアカデミックな変態プレイ』
凛「ついてけないよね」
神「お前が言うな“暴走アイオライト・ブルー”」

洋「あああ、ツール・ド・スイスが始まってました!」
P「もう一つのツール前哨戦、そして『第四のグラン・ツール』とも呼ばれる伝統のレースです」
保「確かブエルタより歴史が長いのよね」

洋「第1ステージは6キロの個人タイムトライアル。勝ったのは、デニスさん」

P「ライヘンバッハ、いますね。これは、エースですか。地元ですし」
保「FDJは、ツールのエースは誰かしら?ピノは出るのかしら。出ないならライヘンバッハしかいないわよね」
P「それが妥当かと。すでにグラン・ツールでのエース経験はありますし」

洋「ええい、ドーフィネ第7ステージいくよ!超級山岳『サレンヌ峠』を越えて二級山岳『ラルプデュエズ』にフィニッシュするコース」
保「二級の『ラルプデュエズ』というのも変な感じね」
P「今回の『ラルプデュエズ』は、ツールを象徴するいつもの『ラルプデュエズ』ではない、別のアプローチの『ラルプデュエズ』でしたからね」

洋「勝ったのは、ケノー。2位にスウィフト。これまた変な感じですね~」
P「ケノーはマン島出身のトラック兼用選手。スウィフトはスプリンターですから、確かに変な感じですね」
保「ケノーはオリンピックと世界選手権、両方で金メダルを獲っているのよね。これで登れるようになった日には……すごいことになるかも」

P「総合では、ポートが攻撃に出てライバルとのタイム差を拡大」
洋「2位フルームと1分2秒差で最終ステージへ」
保「フルーム、やっぱりまだ上がってないのかしら。黄信号かも」