家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ぴにゃこら太にマイヨ・ヴェール

「ぴにゃこら太にマイヨ・ヴェール」(同義語「闇夜に烏、雪に鷺」など)
(ゲーム内投下日 16/1/18)

 

柳「あ、翠ちゃんからメール…浴衣姿の写真だ~」
楓「ユー・カッタ・メール♪」
柳「ちょっとキツいかなー」
楓(厳しいわね…)
(ゲーム内投下日 17/6/7)

 

……………

忍『浴衣は心が豊かになるね!』

 

P「ドーフィネ第3ステージ。第1・第2ステージに比べるとコースの難易度が低く、お決まりの大集団スプリント……かと思いきや」
洋「途中までは定石どおりという感じでメイン集団が逃げ集団を泳がせてましたけど……」
保「終盤に入っても、何をどう間違えたのかタイム差が思うように縮まらなくなり、けっきょく前の6人の逃げ切りが確定」
P「最後は、迫りくる大集団を尻目に真っ先にスプリントを開始した繰り下がり山岳賞ジャージの
ボウマンが後続を寄せ付けず、プロ初勝利を飾りました」
洋「水玉ジャージがスプリント勝利というのも、なんだかファンタスティック!」
P「なかなかどうして鮮烈なスプリントでした」

凛「山岳賞が水玉ジャージ……ツール・ド・フランスと同じだね」
P「はい。ただ、ツールが“白地に赤玉”なのに対し、ドーフィネは“赤地に白玉”となっています」
洋「『マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ』と『マイヨ・ルージュ・ア・ポワ・ブラン』。……おお、噛まずに言えた!褒めて」
保「たいへんよくできました」

凛「で、なんで逆なの?」
P「さあ。知りません」
凛「そもそもなんでよりによって水玉?」
保「諸説あったはず。ちなみに、ドーフィネの山岳賞以外のジャージはツールと全く同じよ」
洋「『マイヨ・ジョーヌ』に『マイヨ・ヴェール』に『マイヨ・ブラン』です!」
P「主催者が同じですし、レースの作りが完全に“前哨戦”仕様なんです」
凛「それだとなんで水玉の色が逆なのかますます気になるんだけど……」

楓「シェイマスさんにマイヨ・ブラン♪」
菜「ほぼ裸に見えますね」

P「『独走』『大集団スプリント』『逃げスプリント』……第3ステージまで終わったところで、見事に決まり手がバラけてますね」
保「言われてみれば」

洋「からの第4ステージ、個人タイムトライアル。トップタイムはポートくん!」
保「世界王者マルティンに12秒の差を付ける会心の走りで、総合2位にジャンプアップ」
P「3位には、バルベルデ師匠。フルームとコンタドールを抑えるとはさすがのひとこと。こちらも総合3位にジャンプアップ」

洋「デヘントさん、おそらく生涯最高の出来かもしれないタイムトライアル走でマイヨ・ジョーヌをキープ。ここまで調子が良いと、本番でも期待しちゃいます」