読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

『すべて輿水幸子に』(第6回シンデレラガールズ総選挙、投票方針)

P「理由あって、今回は幸子に全部入れる」
周「ワケって?」
P「ブログで幸子に不義理かましたケジメ」
周「なるほどわからへん」
(ゲーム内投下日 17/4/16)

 

「カッコ悪いわよ ワタシを墜とすのバレてるの」
(未公開シーン。ダイブ直前、緊張の面持ちで1曲口ずさむ[自称・天使]幸子)
(ゲーム内投下日 16/6/11)

 

………………

P「第6回シンデレラガールズ総選挙。その投票券は、すべて『輿水幸子』に入れさせていただきます。それなりにガチャを回してるので、それなりの票数になりそうですよ」

夏「『考えていることがある』って言ってたけど、こういうことだったか」
菜「でも、これはまた思い切りましたねー」
P「ケジメですから、これぐらいしないと、と思いまして。さっちゃん、こんな感じでいかがですか?さっちゃん?」

 

幸「え?あ、ええ、はい……」

 

夏「なんか上の空って感じだな、幸子のやつ」
神「あ~、あの顔は理解が追い付いてない顔だぞ、プロデューサー」
比「少しして理解が追い付いてくると、テンパって『あばばばば』ってなるパターンっスよ」

 

幸「あ、あ……あばばばばば」

 

比「ほら、言ったとおりっス」
P「落ち着いてくださいさっちゃん。何なら一曲、歌いますか」
幸「あ、ああ……いえ、歌は遠慮しておきます。ふう……すみません。なんか思ってたより大ごとになったもので、ちょっとびっくりしただけです」
P「こちらもすみません。もっと斬新なリアクションを取らせてあげられなくて」
幸「謝るポイント、そこなんですね」

P「ともかく、最終的に何票になるか分かりませんが、それらはすべて『輿水幸子専用』とさせていただきますので」
幸「確かにそれだと、ボクのガチャ回すなんて目じゃない借りの返し方かもしれませんね」
P「けっきょくはお金頼みになってしまいましたけど……どうでしょう、さっちゃん」
幸「……わかりました。ボクもアイドルのはしくれ……はしくれ?いやいやいや、ボクはアイドルど真ん中!アイドルの中のアイドル輿水幸子ですよ!プロデューサーさんのその誠意、ドンと受け止めようじゃないですか!」
P「ありがとうございます。では改めて……これで今年初めに作ってしまった“でっかい借り”は返せた、ということでよろしいですか?」
幸「そういうことにしてあげます。これで貸し借りなしです。寛大なボクに感謝して下さいね!」
P「もちろんです。さっちゃんの心は空のように広くダイヤのように輝いています。幸子・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンドです」
幸「なんだかよく分かりませんけど、これからもカワイイボクを丁重に扱うことをオススメしますよプロデューサー」
P「そうですね、それは本当に、そう思います。かりにもプロデューサーたるもの、あんな失態は二度と繰り返したくないです」

保「ツール・ド・ロマンディ第5ステージ、ゴーデュはトップのログリッチから2分32秒遅れの75位。結果、総合は39位でフィニッシュ」
洋「一方のライヘンバッハは、なんと第5ステージをDNS。つまり、未出走リタイア!」
保「まさかの幕切れ、と思ったのは私たちだけかもしれないけど……でも何があったのかしら」
洋「トラブルとかじゃなく、次のこと考えて切り上げただけなら良いんだけど」

保「ツール・ド・ヨークシャー第3ステージ、当ブログ注目のマシュー・ホームズは7位。またしてもトップ10に入る健闘ね」
洋「総合もジャンプアップして5位でフィニッシュ!これは、ひいき目 抜きにしてもそこそこ強い選手かもしれないよ保奈美ちゃん!」
保「私もそんな気がしてきたわ。まだ若い選手だし、引き続き注目ね」