家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ボクの珠美を守って ~荒木比奈の平常心アピール~

比「『ボクの珠美を守って』ってどうスか」
P「幸珠とな」
由「微笑ましい絵面だじぇ」
比(…敢えてバカ話で平常心アピールっス)
(ゲーム内投下日 17/4/24)

 

………………

P「わたプロデューサーが何の脈絡もなく『「ボク珠」ってどう?』とか言い出したら」
文「…唐突ですね」
P「しかし、荒木先生が平常心アピールのために『「ボク珠」ってどうスか?』と言い出したことにしたら」
文「…唐突であることが、当然となる、と」
P「そういう意味で、このネタは上手く必然性の理由付けができたと思います。しかも、イベントとガチャで登場中の二人のアイドルを使いつつ、中間発表という時事も絡める多重構造。ちょっとお気に入りです」
橘「今日はやけに自画自賛しますね」

P「さて、中間発表から二夜開けて。先生、落ち着かれましたか?」

 

比「問題ないわ。貴方の方は大丈夫なのかしら。昨日は見かけなかったけど」

 

P「……その瞳、その佇まい、そしてその口調……そのキャラはもしや」
神「“無表情系ゴスっ子”。いまトークバトルで先生がやってるやつだな」
杏「荒木先生は昨日一日、凛ちゃんと楓さんの攻撃を この新たなキャラであしらうことにより乗り切ったんだよ」
P「私が爆寝落ちかまして更新サボってるあいだにそんなことが」

比「ふう、プロデューサー、一日ぶりっスね」
P「あ、キャラが戻りましたね。しかも当家では敢えて使っていない原作準拠の『~っス』口調。大丈夫なんですか」
比「凛ちゃんと楓さんのことなら、大丈夫っス。ほら」

 

凛「トークバトルの比奈さん、良いよね。なんかグッとくる」
楓「ええ。あの冷たい目がたまらないわね♪」

 

比「このとおり。もう“無表情系ゴスっ子”を解いても、ずっとあの調子っスよ」
P「あのキャラで丸一日 接し続けることにより、完全に魅了してしまった……というところですか。さすが先生」
比「いやあ、我ながら厄介なスキルを習得してしまったっス」
P「厄介、ですねえ。主に私の筆力的な意味で」
比「はは、言うと思ったっスよ。さっきはちょっと驚かせてみましたけど、今後プロデューサーの前ではなるべく出しませんから、安心してください」
P「そうしていただければ助かります。文章力表現力的な意味で」
比「でも、別キャラを演じることによって全体4位という状況も冷静に受け止めることができたのは確かっスから。それに、言ってもまだまだ中間発表。テンパるのは最終結果を見てからでも遅くないっスよね」

 

P「ツール・ド・ロマンディ開幕。フルームやポートなどツール・ド・フランスへ向かう有力総合系が集うなかに、我らがライヘンバッハの姿が」
保「久しぶりの実戦ね。なぜここまで間隔が開いたのかは、よく分からないまま」

洋「あ、例のゴーデュくんも出てますね!」
P「そのへんの兼ね合いが気になるところです」
保「そもそもこのメンバーだと、誰がエース?」
洋「ライヘンくんじゃないの?地元スイスのレースだし」

P「初日のプロローグ、ライヘンはトップから28秒差。ゴーデュは29秒差」
保「ちなみに、フルームもトップから29秒差。ポートは33秒差ね」
P「優勝最有力候補とほぼイーブンの好スタート。ここで良い結果を残せると、今後が面白くなるんですが」
洋「注視すべきレースですね!」