家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ぴにゃとヘレンと(都とチカちゃんと)クラシックとモニュメント(とロンド)

矢「ヘレンさんの生き様=ヘレニズム」
三「誰がエンタシスやねん」
P「神殿造系アイドル?」
二「勢いだけで会話しないで欲しい」
(ゲーム内投下日 16/12/18)

 

『17歳』『ぴにゃこら太』『世界レベル』を発案したスタッフは、後に 異例の出世を遂げた。信じる信じないはアナタ次第……
(ゲーム内投下日 16/7/27)

 

P「自転車界にも『クラシック』がありまして」
黒「そうなの?」
柑(プロデューサー布教中~♪)
ち(仕事中なんですけど~?)
(ゲーム内投下日 17/2/20)

 

………………

P「エイプリルフール企画『生デレTV』が、なんかすごい」
杏「ヘレンさんにぴにゃこら太というモバマスでも1・2を争うパワーアイテムがそろい踏みだ」
神「そこに並び立つ羽目になった都ちゃんとチカちゃん……あ、比奈さんもなかなかオイシイ役で出てますね」
比「おかげさまで」

P「『世界レベル』『ぴにゃこら太』『17歳』を考え出したスタッフには、ボーナスのひとつでも出して良いと思うんです。ほんとに」
菜「『17歳』もですか?!」
神「菜々さんの『17歳』だけは明確な元ネタがあるしな」

幸「エンタシスって、ヘレニズムのころの話でしたっけ?」
P「飛鳥くんも言うとおり完全に勢い任せの会話なので、厳密にツッコまれても困るのですが……いちおう、ヘレニズムのころにもエンタシスはあったみたいですよ」

洋「ところで明日は『ロンド・ファン・フラーンデレン』です!」
保「別名『ツール・デ・フランドル』。異名は“クラシックの王様”。モニュメント第2戦ね」

P「モニュメントはぜんぶゲーム内で『布教協会』ネタにしてからのつもりだったのですが……今回はどうしても上手いネタが思い浮かばなくて。ごめんなさい。次の『パリ~ルーベ』はなんとかします」

洋「そっか、来週はもうルーベなんだね!」
保「クラシックでいちばん楽しみなレースと言っても過言ではないわ」

凛「さいきんちょくちょく聞くけど、『クラシック』とか『モニュメント』ってなに?」

P「ではまず、基本から。ロードレースの大会は、大きく二つに分けられます」
保「1日で終わる『ワンデーレース』と、複数日に渡って行われる『ステージレース』ね」
P「ステージレースの世界最高峰は『グラン・ツール』です」
洋「『ツール・ド・フランス』『ジロ・デ・イタリア』『ブエルタ・ア・エスパーニャ』。日本では『3大ツール』とも言われますね」
P「対するワンデーレースの世界最高峰が、『クラシック』なんです」
保「グラン・ツールと違って厳密に決まっているわけじゃないけど、伝統と格式のある10ほどのレースが一般に『クラシック』と呼ばれているわね」
P「それら伝統と格式の『クラシック』の中でも、さらに頭ひとつ抜けた伝統と格式を誇る5つのレースを、“記念碑的レース”という意味で『モニュメント』と呼ぶのです」
洋「『ミラノ~サンレモ』ロンド・ファン・フラーンデレン』『パリ~ルーベ』『リエージュ~バストーニュ~リエージュ』『イル・ロンバルディア』……あ、言っちゃって良かったのかな?」
P「問題ないです。またいずれ紹介していくつもりですけど」

保「フランドル地方のクラシックは石畳が特徴だけど、このロンドも御多聞に漏れず、ね」
P「特にこのロンドでは、いちど足を付いたら最後、プロですら再発進できず歩いて上る他ない、という“石畳の急坂”での攻防が見どころです」

洋「今年の優勝候補は、もちろんサガン弟くんですね!去年の覇者ですし」
保「去年のあれは、カンチェラーラに引導を渡し、ひとつの時代を終わらせたと言っても良い強い勝ち方だったわ」
P「そこに、今季絶好調ヴァンアーベルマート、ついに完全復活?のジルベールを加えての三つ巴でしょうね」
洋「スタナード、ファンマルク、それに引退間近のボーネンさんも捨て置けません!」
P「その他、クリストフ、デマール、ボアッソンハーゲンなどのスプリンター陣、悪路のボーム、期待の若手アンデルセン、古豪ポッツァートと、役者は揃いました」
洋「わあ、楽しみです!保奈美ちゃんの注目は誰?」

保「エルビティね」

洋「わ、わお。フレチャ以来の“石畳走れる系スペイン人”枠と言われてる彼?」
保「去年のロンドとルーベ 連続シングルフィニッシュは伊達じゃないと見たわ」
P「でも、チームのエースはベタさん……」
保「力勝負必至だし、勝てばいいのよ」