読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

芳乃「プロの評価は おぜぜ で決まるのでしてー」

朱P「オーダー、メダルほなみん2枚獲り。うちのブログのレギュラーなので」
千夏「宣伝乙」
朱P「なお2日連続更新サボり中…」
(ゲーム内投下日 16/9/30)

 

………………

夏「よお、3日ぶり。そしてアタシからも宣伝乙」
P「何をおっしゃる、昨日も会ったじゃないですか」
杏「もしやこのブログ、更新してない日も杏たちとプロデューサーは顔は合わせてる設定なの?」
文「…意外と重要な設定が明かされましたね」
夏「藪蛇だったか……」

P「繰り返します。ドリフェスのオーダー、『メ ダ ル ほ な み ん 2 枚 獲 り』。幸いAPドリンクの蓄えはあるので、数にもの言わせれば難しくないはず」

洋「保奈美ちゃん、セクシーボンテージ入りかあ。セクシー♪」
P「なんですかそのパッション並みの感想」
保「ちょっと恥ずかしかったけど、がんばってみたわ」

P「月末ガチャに、こちらもレギュラー陣の芳乃様と先生が。回 し ま せ ん け ど ね」
凛「あ、先に言われた。一緒に回そうよ、って言おうと思ったのに……」
P「残念でした。回したければ止めはしませんよ」

凛「うーん、芳乃様本人にお伺いを立ててみようかな。どうかな?芳乃様」

 

芳「ふむー……ここはひとつ、盛大に回すのでしてー」

 

凛「うん、わかった。コンビニ行ってくる」

P「……芳乃様、見事な煽りでしたよ」
芳「ふふーん」
幸「そ、それはボクの持ちネタです!」

神「芳乃様が直々に課金を煽るとは、意外な展開だ」
芳「プロの評価は おぜぜ で決まるものですゆえ、綺麗事は言っていられないのでしてー」
菜「うわあああ、そんなセリフ 芳乃様の口から聞きたくなかったですっ!」