家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

アイドル自由律(採用済)

「分け入っても分け入っても深い箱」(アイドル自由律)
(ゲーム内投下日 14/??/??)

 

「ドリームチャンスと掛けて有名ラーメン店と解く」
「その心は?」
「…3等か」
(ゲーム内投下日 15/4/18)

 

………………

『知らねぇぜ!これがアイドル自由律だ!ヒャア!』(星輝子)

 

P「『アイドル自由律』なんてフレーズが、原作ゲーム内に出てくる日が来るとは」

神「14年ってことは、もう2年以上前のネタか」
P「つまり、もう2年以上シンデレラガールズでネタやってるってことですか。そうかあ……」
比「次は『アイドル探求派』の登場 待ちでスかね」

凛「唐突に聞くけど、プロデューサーは今、楽しい?」
P「そうですね……ブログ書くのは楽しいですし、ネタ考えるのも楽しいですし、モバマス ポチるのは今も楽しいです。あと、スーパーで買い物するのも楽しいです」
凛「ふーん、まあ良いんじゃない?そんな人生も。あ、皮肉じゃないから」

橘「自由律俳句って、けっきょくどういうことなんですか?」
P「なんでもありにしか思えませんよね。言ってしまえば、私がやってる短文ネタと同じですよ」
文「…それは違います」

P「ならいっそ、短文ネタを芸術ジャンルに昇華できないものでしょうか?」
杏「できたら芸術史に名前が残るんじゃないかな」

橘「『爆死しても一人』……こんな感じでしょうか」
文「…では、『目玉引いて私も一人』」
杏「それ、喧嘩売ってるよね」

文「…山頭火と放哉は、同じ井泉水門下ながら、一度も顔を合わせることはありませんでした」
P「合わせなくて正解だったと思いますよ」