読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

白黒魔女さんが通る

星輝子の超小噺
「…フ、フフ…あ、プロデューサー。キ、キノコ仲間が出来たぞ。金髪の女の子だ。箒に乗って、空 飛んでた…」
(ゲーム内投下日 16/1/29)

 

………………

P「デレステの輝子コミュを見てたら、久々に東の方の紅いゲームがやりたくなって」
菜「どういう連想作用でそうなったんですか?」
杏「輝子→キノコ→金髪白黒魔女、かな」

神「おいおい、輝子と白黒が出会うって、どうなってんだ」
菜「いわゆる『現代入り』でしょうか。アイマスシリーズとのコラボは見ませんね。たぶん菜々が知らないだけかもしれませんけど」
杏「巨大ジャンル同士だから、いろいろ大変なんじゃない?書き手的に」

P「で、パソコン新調してから『紅』をインストールしてなかったことに気付いて、さっそくインストールしたのですが……これが、正常に作動しないときました」
菜「あらら」
P「インストール済みの『妖』とかは普通に作動するのに……どうすればいいのかまったく分からないので、仕方なくまだクリアできてない『紺』をこれまた久々にプレイしてるのですが……まったくぜんぜんクリアできる気配がないときました」
杏「そうか」
P「まだラスボスの顔も拝んでないんですよね。ゲームの中でも外でも」
菜「この情報化社会にそこまでネタバレ回避できてるのは逆に奇跡的かもしれませんよ」
P「いまは東の方の情報は積極的にリサーチしてないというのもありますけどね。ハマってたころ新作として出た『神』なんて、こちとらショップ販売まで待たないといけないのに、イベント配布当日に速攻でラスボスのネタバレ食らったのも良い思い出」