読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

課金=魔法の絨毯?

 

 

………………

P「フジリナ公演最終日。1枚獲り大丈夫かな」
杏「なーんだ、1枚か。走るっていうから、てっきり2枚獲りかと思ってたよ」
P「無茶言わないで下さいまし。これでもわりと“地獄の鍋底”気分なんですから」
菜「『ドラビアンナイト』ですか。懐かしいですね」

神「アラビアンナイト……アラジンと魔法のランプか。あ、魔法の絨毯ってのもあったな」

洋「に、ニバリさんの『魔法の絨毯事件』……」
P「そんなのもありましたね……解説、いりますか?」
橘「いるかもしれないその解説を、聞いた方が良いですか?」
P「できれば」
橘「では、お願いします」
P「押忍。えっと、ロードレースでは選手のサポートをするために各チームのチームカーが伴走するのですが……」
洋「たまーに、誰も見てないからってこのチームカーに掴まって びゅーん!と引っぱってもらう選手がいるんです」
神「おお、ズルだ」
P「そう、ズルです。これがいわゆる『魔法の絨毯』と呼ばれるズル技です」
保「ボトルを受け取るときにほんの一瞬 掴まって脚を休めるとか、パンクなんかで遅れたあと集団に復帰するまで束の間 風よけにするとか、それぐらいなら、大目に見てもらえるんだけど……ニバリのワープはばっちりカメラに捉えられていたせいで、失格になったのよね」
洋「これが『ニバリさんの魔法の絨毯事件』です」
P「ちなみにそのあとニバリは、『みんなやってることじゃん!』と いちばんアカンいいわけをしてしまい、評判ダダ下がりになりましたとさ」

洋「一方、今年のツールでは、フルームさんがマラソンしてました」
P「奇襲の下りアタック、サガンとスプリント、そして、自転車捨ててランニング……次は何を見せてくれるのやら」
保「いろいろ問題も多いけど、これだからロードレースはやめられないわね」

 

P「さてでは、公演に戻ります。ほんと大丈夫でしょうかね、1枚獲り」
杏「そこは課金だよ。みんなやってるじゃん」
洋「課金は魔法の絨毯だった?」
保「むしろ、公認のドーピングといったところかしら」
P「そういうオチですか……」