読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ニューウェーブはバラードを歌うか?あるいは、キャプテンと『渚にて』

 

 

………………

文「…ニューウェーブはバラードを歌うのか?」
P「“バラード”違いですけど……失礼ながら亜子さんやさくらさんはバラードというイメージではありませんね。泉さんのソロならアリだと思いますけど」

橘「“背表紙のあらすじがもっとも魅力的な小説”は、間違いなくバラードの『結晶世界』です」

文「…渚さんと『渚にて』」
神「なんか、シリアスに見せかけたほのぼの系二次創作のタイトルにありそうだな」

 

P「それまで特に接点もなかったのに、唐突に訪れた世界最期の日々を何故か一緒に過ごすことになった鷺沢文香と愛野渚の物語……みたいな」

 

菜「あー、なんかいい感じかもしれません」
比「なんか、『ヨコハマ買い出し紀行』的な絵が浮かびました」
P「ああ、あの雰囲気、大好きです」

楓「『渚にて』の作者はシュートっていうんですね。渚ちゃんにぴったりです♪」
橘「“シュート”違いですけど」

P(楓さんが“シュート”って口にすると、なんか怖いんですけど)
菜(プロレス的な意味でですね、分かります!)

 

P「さて、連休も明日で終わりです」
杏「やだー、杏はもっと休むんだー!」
P「私だってもっと休みたいですよ……」

神「うわあ、世界の終わりみたいな顔してるぞ二人とも」
凛「去年のゴールデンウィークにも同じような会話があったような」

神「というか、そういう話は明日すればいいだろ」
P「いやそんな、ね?」
杏「うん。そんなのほんとの最期の日には話題にすらしたくないもの。今日ならまだ、ネタのノリで済ませられるし。ね?」
P「そうそう、そうですそうです」
神「そんなにイヤなのかよ、休み終わるの……」