読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ワトスン・ザ・ギャンブラー

 

 

………………

浜「アレ以来、文香が目を合わせてくれない」
P「アレのあとじゃ仕方ないですね。『着こなすために』参照」
浜「ついでに、千奈美と久美子も目を合わせてくれない」
P「それは……笑いを堪えてるんでしょうね」
浜「くっ、ちょっと弱みを見せるとこれだもの。油断ならないわ。まあ、だからこそ楽しくもあるんだけど」
P「仲は良いけど馴れ合いじゃない感じがたまりませんね」

浜「あと、ここに来てからありすちゃんの視線が痛いわ」
杏「ふみあり、絶賛売り出し中だからねえ」

P「……えっと、橘さん橘さん。そんな『吸血鬼』のジャック少年みたいな目つきは止めて、お話しましょう橘さん」
橘「そこまで憎悪のこもった目つきはしてません。で、なんの話をしますか?」

P「そうですね……そう、例えばシャーロキアンと称する作家の筆になるパスティーシュの中で、ワトスンが『私は競馬には詳しくないが……』なんて言ってたら、どう思いますか?」
橘「その作家はシャーロキアン失格だと思います。それどころか、ホームズ好きを名乗ることすら烏滸がましいレベルです」
P「ですよね。私もそう思います」
橘「もしかして、実際にいたんですか?そんな“自称・シャーロキアン”が」
P「いたんですよ、そんな“自称・シャーロキアン”が。本職は科学者か数学者だったはずですが」

神「つまり、競馬には詳しいのか?ワトスン君は」
橘「はい。『ショスコム荘』を読めばわかります。そう、読んでいればわかることなんです!つまりその作家は読んでいないということです!そんなのでよくシャーロキアンだなどとっ!」
神「ああ、どうどう」

P「その『ショスコム荘』でワトスンは、『戦傷者年金の半分を競馬につぎ込んでいる』と言っています」
神「すごいな。さながら重課金だ」

P「ちなみに、ドイル先生は競馬には詳しくなかったとか。あと、前々回話した『パズル通信ニコリ』の誌名の由来も、競走馬ですね。アイルランドの馬でしたかね」