家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

ファウスト・コッヒとプライオリ学院

P「美穂は自転車 強そう」
美「そ、そうですか?」
P「ファウスト・コッヒ。なんつって」
美「そんな、おおお畏れ多いです!」
(ゲーム内投下日 15/12/30)

 

………………

P「デレステで『Naked Romance』が追加されて、みんなが“こっひこっひ”言うもんだから、こんなネタが」
杏「からの、月末ガチャに美穂ちゃん、だね」
P「はい、例によって例のパターンです。今年はちょっと数えてみますね、このパターン。検索用コードネームは『ネタ的プレコグニション』で」
杏「まず1回、と」

神「今日は……静かだな。よし。ところで、さいきん自転車ネタが多くないか?」
P「かもしれません。これからさらに増えるかもしれません。自転車ネタで新しいシリーズも考えているので」
比「シリーズもの、いくつ抱える気でスか……」

橘「昨日のネタの話をしても良いですか?今日のネタにも掛かっている話ですけど」
P「構いませんよ。今日は落ち着いて話せそうです」

橘「ホームズに、自転車のタイヤの跡が重要な手掛かりになる話がありますよね」
P「『帰還』収録の『プライオリ学院』ですね。ホームズの時代にはすでに空気入りタイヤの自転車があったんですね」
橘「あの話に出てきたタイヤのメーカー、覚えてますか?」
P「確か、パーマーと……ああ、ダンロップですね。言われて思い出しました」
橘「私も、言われなければタイヤのメーカーなんて気にしませんでした。新鮮な切り口です」

P「今度はこちらがお聞きしますが……ホームズが知っていると言ったタイヤの跡の種類はいくつですか?」
橘「確か、42です。あれ、この数どこかで……」
P「『究極の疑問の答え』ですね。期せずして」
橘「……そう、期せずしてです。偶然です。意味なんてない、はずです」

P「ちなみに、ツール・ド・フランスの第1回開催が1903年。最も歴史の古いワンデーレース、リエージュ~バストーニュ~リエージュの第1回開催が1894年。どちらもホームズの生きた時代に始まってますね」

橘「『プライオリ』では、ホームズが珍しくお金に執着してますね。『僕は貧乏でして』と言いながら愛情たっぷりに札入れを叩くホームズ……ちょっとかわいいです」
P「私は『僕の推理もまんざらではない』というセリフが好きですね。なんか、やけにはしゃいだ感じで」

橘「『帰還』にはもうひとつ、自転車の出てくる話があります」
P「『あやしい自転車乗り』。訳は他にもいろいろありますが、タイトルからして自転車ですね。自転車がらみの話が同じ短編集に2つ……これまた言われて気付きました」
橘「ちょっと調べてみます……『プライオリ』が『ストランド』の1904年1月号掲載、『自転車乗り』が同じく1904年2月号掲載。ふむ……」
P「並んでますね。もしかしたら、同時進行で構想された作品なのかもしれません」

 

神(静かなのは良いけど……入り込む余地が無いのは、ちょっと寂しいな……)