家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

はぁと様々菊花賞

P「菊花賞大的中。はぁと様々。足を向けて寝られません」
心「じゃあ、はぁとの隣で寝る?や~ん☆…って、逃げんなおいィィ!」
(ゲーム内投下日 15/10/25)

 

………………

杏「もし、はぁとさんに迫られたら?」
P「全力で逃げます。もしくは、土下座して許してもらいます」
比「プロデューサーって、わりと最低な奴でスね」

P「先日の菊花賞は、シュガーハートの仔キタサンブラックが大勝利。久々に馬券を買いに行った私も、おかげさまで大的中。これで、今年の馬券収支はプラスが120kをオーバー」
神「おお、けっこうすごんじゃないか?」
凛「うん、悪くないんじゃない?」
杏「よし、飴奢れ」
菜「そうそう、それだけ稼いでるならなにか奢らないと罰が当たります!」
P「はは、稼いでるだなんて……皆さんの方がもっと稼いでらっしゃるでしょう?アイドル諸姉」
比「それ以上はいけません。ギスギスしてしまいまス……」

P「改めて、母の名前がこんなんじゃなければ、ここまでこの馬に注目してなかったでしょう。つまり、今回の大的中も無かった可能性が高いです。まさに、はぁと様々」
菜「はぁとちゃんもこんなことで感謝されるとは思ってもみなかったでしょうね~」

P「しかし、応援してはいたけど、まさか本当に勝つとは思いませんでした」
杏「ほう、なんで?」
P「競馬は『血統のスポーツ』です。それを踏まえて、次の二つの事実をどう思われますか?一、キタサンブラックの母の父サクラバクシンオーは短距離で活躍した。二、菊花賞は3000メートルの長距離戦である」
杏「……なるほど、買いにくいね。よく分かる」
P「まあ、そういうわけですよ。それこそ、母の名前がアレじゃなければ、ン万なんてぶち込めませんよ」
神「……ん?今なんて言った?ン万ぶち込んだ?」
橘「ちょっと待ってください。つまり、母親の名前がシュガーハートだというそれだけの理由で、数万円をその馬に賭けたと……そう解釈して良いのですか?」
P「……まあ、平たく言えば」
比「とんだ重課金でスね」
杏「わりと最低、かつわりとロックな奴だった」
P「わりとメタルな奴、の方が嬉しいですね」
杏「知らん」